菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)子供がゾンビになっちゃった!?ゾンビコメディ!…ゾンビスクール!

 

   

 

    f:id:mt594322mt:20190806002724j:plain      

映画.comのゾンビスクール!作品情報より

(C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

 

 

キャスト

 

クリント          … イライジャ・ウッド

 

ウェイド         …レイン・ウィルソン

 

ルーシー         …アリソン・ピル

 

 

 ダグ           …リー・ワネル

 

ハタチ          …ピーター・ウォン

 

あらすじ~

 

チキンナゲットができる工程(鶏を殺すシーンから)の中でハエが糞したり、ウジのようなものがわいた鶏肉をチキンナゲットにしてしまった。

その中でひときわヤバい色のチキンナゲットが出来上がり、それがある学校の給食にだされ、ある少女の口に入っていってしまった…

 

小説家を目指してニューヨークに出たものの、早々に夢をあきらめたクリントは実家に戻り、母校の小学校で臨時教員として務め始める。

しかし初日から生徒たちにはなめられ、同僚の教員たちはかつての同級生・ルーシーを除いて変わり者が多く、クリントはなかなか打ち解けられずにいた。

そうして、子供たちの大好きな給食の時間でチキン・ナゲットを食べた1人の女子生徒が突如ゾンビに変貌する。

 

 

 

 

 

 

 

 個人的評価…7/10

 

 

          

    

 


    

 

        f:id:mt594322mt:20190806003043j:plain

映画.comのゾンビスクール!作品情報より

(C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

 

 一文感想↓

 細かい事気にせず、ゾンビコメディとして観ればとても面白い映画。

 そもそも突っ込みどころが結構あるんですが、そこはコメディ ということで深く考えなければとても楽しめる映画です。

映画の設定という点でしょうね、主に突っ込みどころが多いと思う点は…

あの色の悪いチキンナゲットなんで出荷されたとか、子供ゾンビ知能あるんじゃないか説とか色々見たら思うところはあるとは思いますが気にしちゃだめです!

 

コメディなんで、アリということで!

 

なかなか癖のある個性豊かな教師たちの絡みと子供だけがゾンビになるというなかなかない設定は、ツボにはまれば面白いです!

 

この映画意外とゾンビゾンビしていて、ハラハラドキドキ感も味わえますし、安っぽいラブストーリーもみられる!笑

クライマックスには、それなりに迫力あるシーンもあるので、是非期待していてください!

※過度な期待はしないでね笑

コメディゾンビ映画を観たい方は特にオススメできる作品です!

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190806003152j:plain

映画.comのゾンビスクール!作品情報より

(C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

個性豊かな教師たち

何故か襲われる事をめちゃめちゃ気にしている神経質な女教師に下ネタ大好きなゲイ?の男教師…

元凄腕ラグビー選手の体育教師と個性豊かな先生たちがたくさんいますね。

悪く言えば、変人でコミ症ばっかな先生w

逆にそんな人たちがよく先生になれたなと思うくらいw

 

その教師たちの会話が所々ツボにはいったりしてしまいます。

地味な教師たちのラブストーリーも展開されたりして!笑

大体パニック映画系だとラブストーリー結構入れてきたりするんで、普通といえば普通ですかね??

 

その先生たちが織り成す笑いは、ハマれば1時間30分あっという間に過ぎるでしょう!

 

 

 

 

 


なぜか急に女児生徒がゾンビみたいになってる

最初のオリジナルゾンビは、時間をかけてゆっくりゾンビ化していきます。

そんなゾンビ化した女子生徒をいじる悪い生徒たちがいて…怒られ噛みつかれます笑

逆にそれまですっげぇ大人しいww

お利巧なゾンビですねww 

 

このゾンビは、オリジナルだけあってちょくちょく出てきます。

このゾンビをいじってたいじめっ子ゾンビも結構激しく襲ってきちゃいます。

さぁ、先生たちは無事逃げられるんでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       f:id:mt594322mt:20190806003253j:plain

映画.comのゾンビスクール!作品情報より

(C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

子供たちが次々とゾンビへと変貌する…

なんですが、その子供ゾンビは結構特徴的なんですよねw

以下に書き出してみました。

 

  • 知能…あるよね?w

映画内で無線をきいて先回りしたり、なぜか電話配線を引っこ抜きまくったり…

食欲以外の事考えてるよね!?ね!?!?

って思わされちゃいますねw

自分はこの部分で何故かクスクス笑ってしまったw

 

 

  • ひっかいただけでも感染する…

噛まれたらではないんです、サラッとひっかいただけでサクッと感染!

擬音ばっかりですねw

お手軽感染方法!

噛まれてもしっかり感染しますよ!もちろん!!

 

 

  • え?遊んでるよね??

 他のゾンビ映画だとボーっと立ってたり、死体食ってたりしてるんですが、この映画のゾンビはよく遊びます!

子供だしね笑

よく食べて、遊ぶゾンビは育つっていいますしね!笑

 

 

 

これが全て書き出したわけではないですが、これだけでも結構個性的なゾンビ像ですよね。

ある意味この映画の特徴ともいうべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供ばっかりがゾンビになるっていうのも斬新

子供ばっかりゾンビになっております。

ふつうは逆なんですがね笑

あと元気よく走るんですよね!

その点の設定は、斬新で面白いと思ったんですが、欠点もあるんです。

子供なんで、力が弱かったり…

迫力っていうのが欠けたり…

 

ただ、そういう真面目なゾンビ映画を目指している作品ではなく、ゾンビコメディなんで、そこはあまり問題ではないかと…

 

 

 

 

 

 

 

       f:id:mt594322mt:20190806003350j:plain

映画.comのゾンビスクール!作品情報より

(C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

所々ハラハラ感が味わえる

 普通のゾンビ映画よりはハラハラ感は少ないですが、確かにあります。

笑い要素の他にこの数少ないハラハラ感も見所ポイントですね!

 

ただ…上で書いた通り子供なんで迫力には少し欠けると思いますね。

力が弱いんで1対1じゃそんな脅威って感じでもないですし…

逆に子供という点をうまく利用した上手いハラハラ感を出してたりしているので、そこはかなり評価できますね!