菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)傲慢と偏見が…感染しちゃった!?…傲慢と偏見とゾンビ

   

          

        f:id:mt594322mt:20190808110027j:plain

映画.comの傲慢と偏見とゾンビ作品情報より

(C)2016 PPZ Holdings, LLC

 

 

キャスト

 

エリザベス・ベネット         … リリー・ジェームズ

 

キティ・ベネット           …スキ・ウォーターハウス


リディア・ベネット          …エリー・バンバー


メアリー・ベネット          …ミリー・ブレイディ


ベネット氏              …チャールズ・ダンス


ベネット夫人             …サリー・フィリップス 

 

フィッツウィリアム・ダーシー大佐   …サム・ライリー

 

ジョージ・ウィカム         …ジャック・ヒューストン

 

ジェーン・ベネット         …ベラ・ヒースコート

 

コリンズ牧師               …マット・スミス 

 

あらすじ~

 

19世紀初頭のイングランドハートフォードシャーに、父の命令により中国で様々な武道を修めたジェーン、エリザベス、メアリー、キティ、リディアのベネット5姉妹が住んでおり、日夜稽古と周囲にはびこるゾンビ退治に明け暮れていた。

娘たちに武術を学ばせたベネット氏の思いとは裏腹に、母であるベネット夫人は、娘たちを裕福な求婚者と妻合わせることしか考えていない。

そんな事を知ってか知らずか、5姉妹はおてんばっぷりを見せるのであった。

ある日ベネット姉妹は、近くのネザーフィールドへ引っ越してきたビングリー家の舞踏会に招かれ、この席でジェーンは10万ポンドを相続したという噂がある当主のチャールズ・ビングリーに見初められる。

ビングリーと共にネザーフィールドへやって来たダーシー大佐は、エリザベスは自分との交際に値しないと切り捨て、エリザベスを苛立たせる。

舞踏会をゾンビが襲い、それを5姉妹が倒してしまうと、ダーシーの気持ちに変化が現れるのであった…

 

 

 


 

 

 

 個人的評価…8/10

 

 

          

        

       f:id:mt594322mt:20190809181542j:plain

映画.comの傲慢と偏見とゾンビ作品情報より

(C)2016 PPZ Holdings, LLC       

 一文感想↓

 

美談美女のラブストーリーにゾンビ要素を入れた作品で、ゾンビ3割恋愛模様7割という恋愛よりなゾンビ映画

傲慢と偏見という恋愛古典小説にゾンビ要素を入れたこの作品。

傲慢と偏見は、読んだことないです。

 今作の要となるベネット5姉妹は、全員が全員美女でそれを狙う人たちもイケメンという言わばゾンビ版トワイライトといった感じだ。

しかも、この5姉妹がその辺の兵士よりも強く、逞しいときた。

そんなおてんば極まりない5姉妹とイケメン金持ち御曹司の恋物語といったところ。

※おじさんには眩しすぎますわ(´;ω;`)

 

そんな恋愛ストーリーにゾンビ要素を組み込んだ。

といってもゾンビが蔓延っているという設定で、あるゾンビが出現したことにより5姉妹が不穏な方向へと向かってしまうんですよね。

 

それでいて、アクション要素もしっかりと組み込まれている。

だが、アクションメイン程の見所はあるかといえば、そうでもなく、メインはやはり恋愛模様といったところですね。

ゾンビも死体を食べるというより脳が食べたいという変わった設定なんです。

 

ハラハラドキドキする恋愛映画を観たいという方は特にオススメ!

 

 

 

 

 

 

 ゾンビの設定がちょっと変わっている

  • 内蔵ではなく、脳みそを求めている

ゾンビといえば、肉を求めるものなんですが、この映画は人間の脳みそが食べたくて食べたくてしょうがない。

仕方なく?肉も食べているようですが、やっぱり脳は極上らしいんですよね。

 

 

実は、見た目が普通のゾンビもいたりして、ゾンビの中にも知性や感情といったものを失わなかったりするゾンビがいるのです。

どちらかというとブレイドのような人間のように振舞い隠れながら暮らすヴァンパイアみたいな感じだ。

それは、映画内でどういうことか描かれているので、是非気になるかは、観てみてください!

 

  • 罠を張ったりする狡猾さも兼ね備えてる

 情などに訴えかける罠を張って、捕食しようとしている今作のゾンビたち。

こう見ると、ある意味新しい設定でいて、恐ろしい部分が見えてきますね。

 

 

 

 

 

 

 

その辺の野犬程度の扱いのゾンビ

映画内で夜になったらゾンビがでてくるから早くいきな的なことを言っていたりしたんですよね。

 

って、野犬かっ!!って突っ込んでしまいました笑

 

確かにその辺に野犬のごとくゾンビがフラフラいます。

そんな世界観の中、農民等地方のちっさな村は、全員ゾンビ化しててもおかしくないよね!?って思ってしまう程。

悲しいことにゾンビの身なりは、やはり農民等に似た身なり…

隠れた貧富の格差が浮き彫りになって見えてきましたね…

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190809181421j:plain

映画.comの傲慢と偏見とゾンビ作品情報より

(C)2016 PPZ Holdings, LLC

チャーリーズエンジェルばりの強さを兼ね備える5姉妹

中国で様々な武術を習った5姉妹たちはほんとに強い!

それをえがいてるシーンが映画内にいくつもありました。

 

 

  • 高飛車というのが似合う5姉妹、しかも美人

ゾンビたちを脚に仕込んであったナイフで倒すシーン等があるんです。

その他棒術なども使用して美女5人がゾンビたちを薙ぎ払っていく…

ある意味面白いギャップだなと笑

 

 

  • エリザベスねぇさんが特にカッコいい!

 2番目に綺麗と言われ続けているせいで、どことなくずっとムスッとしている今作のヒロイン的存在。

ダーシー大佐との初対面時はまさに険悪といった雰囲気でした。

※お約束??

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190809181453j:plain

映画.comの傲慢と偏見とゾンビ作品情報より

(C)2016 PPZ Holdings, LLC

ダーシー大佐とベネットの恋の行方は!?

 恋愛映画を観た事ある人ならなんとなく最初30分以内でこいつとこいつくっつくやろって分かってしまうかもしれませんね。

表紙からして、お前とお前はくっつく確定ですよね??って匂わせます。

傲慢と偏見という恋愛小説を読んだことある方もなんとなく分かってしまうかもしれませんね。

にしても最後まで観たわたくし筆者の感想は、眩しすぎるというか恋愛模様がなんだか甘すぎて直視できねぇって思える程…

一応誉め言葉なんですよ?

 

ゾンビがいい口治しでしたね笑