菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

死霊館シリーズ7作品を怖い順に並べてみた

    

死霊館シリーズ7作品を怖い順に並べてみた

 

死霊館シリーズ7作品を怖い順に並べてみた

死霊館シリーズ7作品を怖い順に並べてみた

死霊館シリーズは、死霊館3が2020年に公開、スピンオフのへそ曲がり男や死霊館のシスター2など今後も数多くの作品が出てくる予定になっています。

そこで、現状出ている7作品を全て観て、怖い順に並べてみました。

 

( こんなことが分かります)

✔ 死霊館シリーズの怖い順とその理由

 

こんな記事もいかが?)

www.kikuhi-movie.com

 

死霊館シリーズ7作品を怖い順

f:id:mt594322mt:20200225163315j:plain

怖さ順だとこのような感じになります。

※怖さランクも表示。(個人的なランク付けです。)

 

怖い順番(1が一番怖い~7が一番怖くない)
  1.  死霊館エンフィールド事件(2016年)怖さランク…5/6
  2. 死霊館(2013年)怖さランク…5/6
  3. アナベル 死霊博物館(2019年)怖さランク…5/6
  4. アナベル死霊人形の誕生(2017年)怖さランク…4.5/6
  5. 死霊館のシスター(2018年)怖さランク…4/6
  6. ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年)怖さランク…3.5/6
  7. アナベル 死霊館の人形(2014年)怖さランク…3/6

  

死霊館死霊館エンフィールド事件、アナベル死霊博物館が同率で怖さランク5ですが、エンフィールド事件が一番怖かった印象でしたね。

 人によっては、死霊館が一番怖いって人も多いみたいです。

 目次へ戻る

エンフィールド事件が一番怖いと思った理由

 

f:id:mt594322mt:20190914013853j:plain

映画.com死霊館エンフィールド事件の作品情報より引用

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED  

理由)

  1. ヴァラクの使い方がえげつない。
  2. 伏線の使い方にストーリー構成が上手い。(背筋がゾワっとした)。
  3. 一応実話である。

 

主にこの3つですね。

実話を元に作られた事とヴァラクが個人的に苦手な事もあり、エンフィールド事件が一番怖い結果になったんです。

 

ヴァラクの使い方…額縁から出てくるところとか結構怖かったですね。

しかも、このヴァラクがキーだったりします。

ストーリー構成…繋げ方が良い怖さを出しているんです。

狡猾で頭が良い上に強い…まさに最凶の敵となっています。

さらに詳しく書いているのが、こちらの記事になります▶️「死霊館」シリーズ全7作品どれが一番怖い?シリーズ全部観ての考察(考察、ネタバレあり)

 

一応実話というのは、こういうポルターガイスト現象があって、2年以上も悩んでいた実際の家族を元にして作られているんです。

ここは事実ですが、ウォーレン夫妻は、1日とか2日くらいしか滞在していないですし、実際除霊したわけでもない。

自然に収まったのが、実際の話で元の話をかなり膨らませて描いております。

詳しくは▶️死霊館の実話にて

 

目次へ戻る 

死霊館アナベル死霊博物館はどうなの?

f:id:mt594322mt:20190920171745j:plain

映画.comアナベル 死霊博物館の作品情報より引用

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

この2つもかなり怖かった印象ですが、死霊館は、あんまりヴァラクが出てこなかったということで僅差で2番目になります。

この2作品は、死霊館の実話を元にしているという点です。

実は、死霊館が一番実話を元に作られてたりしているんです。

ただ、全部が全部実話ではないので、どこまでが実話で嘘か、詳しくは▶️死霊館の実話に書いています。

 

アナベル死霊博物館は、実話を元にしていないという点で3番目ですね。

アナベル死霊博物館がなぜ怖いと感じたかは、こちらの記事に詳しく書いています▶️アナベルシリーズどれが一番怖い?3作品観ての考察

 

 目次へ戻る

なんで、アナベル死霊館の人形が一番怖くなかったの??

   

理由)

  1. ラストが微妙。
  2. アナベル死霊人形の誕生の劣化版に感じた。
  3. 真新しさがない。

 

この3つが理由で、純粋にストーリーや怖がらせ方がアナベル死霊人形の誕生の劣化版にあたっていたように感じるんです。

例えば、怖がらせ方です。

この部分は、アナベル死霊人形の誕生のやり方と同じ部分が多かったり、なんとなく予想がついたりしてしまいます。

それに、死霊館シリーズだと、最初ジワジワ脅かしてきて、中盤くらいから本気で怖がらせてくるパターンが多いです。

この作品は、ジワジワやる部分が長すぎたイメージがあります。

 

他にもラストの終わり方が個人的に「ん?」ってなってしまった事、今までのシリーズの怖がらせ方やアナベル死霊人形の誕生の劣化版と感じた事から、真新しさというのを感じなかったんです。

どこかオーメン臭もしましたし笑

これが、一番怖くなかった理由ですね。

 

 

目次へ戻る

4番目~6番目の中間層の怖さ順は、どういう理由?

f:id:mt594322mt:20200225163909j:plain

4~6番目というのは、この3つの作品のことです。

4、アナベル死霊人形の誕生(2017年)  怖さランク…4.5/6
5、死霊館のシスター(2018年)怖さランク…4/6
6、ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年)  怖さランク…3.5/6

 

 

この部分ですが、アナベルの死霊人形の誕生は、正直悩みましたね。

これもアナベル死霊博物館といい勝負をしていました。

個人的なイメージとしては

   

アトラクション的な怖さになっているのがアナベル死霊博物館

死霊館のような霊的な不気味さを出している怖さがアナベル死霊人形の誕生

 

 

こんなイメージで、アトラクション的な怖さは、死霊館シリーズでは新しく新鮮で、それでいて結構怖かったのでアナベル死霊博物館になりましたね。

あと、物量の差もあったんですよね笑

 

死霊館のシスターとラヨローナは?

この2つに関しては、完全にモンスターパニックよりになったいます。

モンスターパニックとしては、かなり怖い部類になるんですがね笑

ただ、死霊館シリーズとしては、あまり怖くなかった部類になってしまっています。

因みにヴァラクが苦手なので、ラヨローナよりヴァラクの方が怖い感じになっています。

 目次へ戻る

 

死霊館シリーズ7作品を怖い順に並べてみたのまとめ 

怖い順番(1が一番怖い~7が一番怖くない)

  1. 死霊館エンフィールド事件(2016年)  怖さランク…5/6
  2. 死霊館(2013年) 怖さランク…5/6
  3. アナベル 死霊博物館(2019年)  怖さランク…5/6
  4. アナベル死霊人形の誕生(2017年)  怖さランク…4.5/6
  5. 死霊館のシスター(2018年)怖さランク…4/6
  6. ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年)  怖さランク…3.5/6
  7. アナベル 死霊館の人形(2014年)怖さランク…3/6

 

一番怖いのが死霊館エンフィールド事件。

理由)

  1. ヴァラクの使い方がうまい。
  2. ストーリー展開がゾワっとする。
  3. 実話を元にしている。

 

 目次へ戻る