菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アメリカ視点の映画「ミッドウェイ」がひどいらしいですよ

    

アメリカ視点の映画「ミッドウェイ」がひどいらしいですよ

 

アメリカ視点の映画「ミッドウェイ」がひどいらしいですよ

アメリカ視点の映画「ミッドウェイ」がひどいらしいですよ

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

 Twitterでミッドウェイが酷いと噂になっている。

当初は、長間回しの戦闘シーンで注目を浴びていたが、蓋を開けてみれば、かなりのアメリカ視点。

そりゃ、戦勝国だし製作がアメリカの会社が殆どだし…

 

感想はこんな感じだ。

 時たま誰が誰だか混乱したりしたり、話の流れがあやふやになってしまったりしたが、個人的にはそこそこ楽しめた。

 

Twitterで話題になった本作のどの辺が酷いのか、つまらない理由を色んな人のツイートや観て思った事を解説していくぞ。

 

( こんなことが分かります)

✔ ミッドウェイの何が酷いか、つまらない理由

 

映画「ミッドウェイ」の何が酷いの?

 

ゴーグルなしシーン

ゴーグルなしシーン

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

 

ミッドウェイの何が酷いかというと、映画自体というより配給やアメリカ人の想いも見え隠れしているんだ。

大きな理由としては5つほどある。

 

 酷い理由)

  1. アメリカ視点が多すぎる。
  2. 日本が完全な敵側。
  3. ゴーグルしなくていいのか問題。
  4. 戦艦の作りが甘い。
  5. 中国マネーの臭いがプンプンする。

 

第二次世界大戦は、アメリカの勝利ってのもあり、ミッドウェイ海戦は、その分岐点となった戦い。

だから、アメリカ視点になるのもしょうがないっちゃしょうがない。

配給に中国の会社が絡んでいたりと政治的な意図もあるように思わされるだろう。

細かな作り込みも理由に上がっているぞ。

 

 

現在、ミッドウェイがU-NEXTで視聴可能です。

399円(ポイント)で2日間視聴可能。

31日間無料トライアル登録が出来る上、600円分のU-NEXTポイントをプレゼント中。

※1)U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典の一つです。

 

気になる人は、U-NEXTへ!

↓ U-NEXT無料体験は… 

 

 

 目次へ戻る

・酷い理由1)アメリカ視点が多すぎる。

自分もU-NEXTで視聴したんだが、まぁアメリカ視点。

純粋にアメリカ視点のシーンが多く、明らかに日本軍が敵と思わせるシチュエーション。

敵にしても日本のシーンがアメリカと比べて3分の1かそれ以下という少なさだ。

完全にアメリカ大勝利万歳!感がとても強く感じられた。

 

アメリカ軍の内情や色んなキャラの心情は細かく描かれているが、日本軍は一切描かれていない。

山本五十六大将演じる豊川悦司さんの含ませる心情があるくらいで、他は一切ないと言っていい。

この辺もアメリカ視点だなぁと感じたね。

 

日本人だったら、やはり日本を少しでもひいき目に見てしまう。

日本とアメリカの戦いなのにあからさまに日本のシーンがないとちょっと嫌気がさいてしまうもの。

純粋にアメリカ側の視点の量と質が段違いに多いのが大きな理由だ。

 

 

・酷い理由2)日本が完全な敵側。

誰が観ても日本が敵と分かる演出。

最初の開幕の日本軍の奇襲から敵が奇襲をかけてきたと思わせるような演出ばかり。

映画内でもボロクソ日本のことを言っているシーンもあり、どうしても日本人として感情移入しづらかった。

 

 

 目次へ戻る

・酷い理由3)ゴーグルしなくていいのか問題。

これは、かなり気になった。

物凄い速さの戦闘機なのにゴーグルをしていないってシーンが目立つ。

忠実に再現するという点だと正直ゴーグルしてないと目も開けられないだろうし、そもそも頭につけてるゴーグルは、飾りか?とツッコミたくなる。

筆者も観ていて、凄い気になった。

 

ただ、映画という観点から行くとゴーグルをしていると誰が誰だかわからなくなるって難点もあるんだ。

確かに顔全体を覆うヘルメットに口も酸素吸入器をつけていては、誰が誰だかわかりづらい。

てか、分からない自信がある。

 

この辺は、酷いと感じる人もいれば、まぁ仕方ないかなぁ…と感じる人もいるだろうね。

 

 

 目次へ戻る

・酷い理由4)戦艦の作りが甘い。

相当詳しい人から見ると戦艦の作り込みがお粗末と思えるのだろうね。

 

 

この方は、色んな戦艦に関するツイートをしており、かなり詳しい。

その人の目から観るとこの戦艦の作り込みはあまいと感じるようだ。

 

 

 

ただ、そこまで戦艦に詳しくない人であれば、違いが分からないみたい。

個人的に観ていても戦艦に違和感はなかった。 

 

 

 目次へ戻る

・酷い理由5)中国マネーの臭いがプンプンする。

最初の配給紹介にデカデカと中国電影集団公司(CFGC)が登場。

これを観て、みんなが中国資本だと騒いでいるようだ。 

 

 

 

 

筆者もそうだが、中国に戦闘機が墜落して、助けて貰うというシーンがある。

あんまり要らない気ががしていたね。

ただ、それ以外は、中国を目立たせようというシーンは一切ない。

 

人によっては、どこが中国資本??と疑問に思う人もいたほど…

 

このような記事がある程だから、より色んな人が中国資本と思うのだろうね。

中国資本が絡んでいる=酷いって構図は、言わずともわかるだろう。

中国の製作会社が巨額資金投入も…「日米反目」の思惑は失敗、日米両軍への敬意が 11日公開「ミッドウェイ」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

 

 

 目次へ戻る

映画「ミッドウェイ」がつまらないと思う理由

 

パイロットたちの服装がほぼ一緒

パイロットたちの服装がほぼ一緒

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

ミッドウェイ海戦がつまらないと感じた人が多いよう。

だが、IMDbでは、6.7とそこまで低くない…高いと感じる程だ。

この差は何なんだ?

そこには、日本人ならではのつまらない理由も見え隠れしていた。

 

 つまらないと思う理由)

  1. ミッドウェイ海戦についてある程度知らないとキツイ。
  2. 軍服姿で見分けがつかない。
  3. アメリカびいきが日本人には辛い。

 

理由は3つで、最後が日本人ならではの理由。

やはり事前知識が必要、登場人物の見分けがつかないという分かりづらいのは、つまんねぇと感じさせてしまうよね。

 

 

・つまらないと思う理由1)ミッドウェイ海戦についてある程度知らないとキツイ。

時代背景など説明等なく、急に始まる。

一応第二次世界大戦中ってことは分かっているだろうが、このミッドウェー海戦がどの辺なのかよく分からない。

冒頭の奇襲が真珠湾攻撃

映画とかでもあるパールハーバーってやつだ。

ミッドウェイ海戦は、その1年後のお話。

その他、詳しい時代背景など一切語られることなく、話は進められていくので、ある程度歴史の時代背景を知ってる上での視聴が余儀なくされる。

 

この辺を知らない人にとっては、何でこうなったんだろう?って思いながら観る…要はよくわからずに進むので、つまらないと感じるのだろうね。

 

 

 目次へ戻る

・つまらないと思う理由2)軍服姿で見分けがつかない。

 軍服ってどうしてもみんな同じだから分かりづらい。

日本人は顔を見ればわかるかもしれないが、外国人の顔というのはかなり分かりづらい。

場合によっては、同じ戦闘機乗りの服装の登場人物が多数出てきて、混乱する人も多いだろうね。

てか、特に戦闘機乗りが見分けがつかないんじゃないだろうか。

自分も混乱しかけた…

 

・つまらないと思う理由3)アメリカびいきが日本人には辛い。

 日本が負ける分岐点となったミッドウェイ海戦

当然ながら、日本がどうなるかは分かっているし、映画自体も日本が敵って扱いだから…同じ日本人として観ていてどこか違和感を感じていた。

やはり日本が悪者!アメリカ万歳!!って構図は、大多数の日本人には辛いんじゃないだろうか。

これが違和感の正体で、純粋に映画を楽しめず、違和感を感じながら観るハメとなった…

 

 目次へ戻る