菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

アニメ感想)安らぎ、平和とはこのことだ…Netflixハンクとトラッシュトラック(シーズン1,2)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

安らぎ、平和とはこのことだ…Netflixハンクとトラッシュトラック

   (更新日: 2021/05/24)

ハンクとトラッシュトラック

ハンクとトラッシュトラック

Netflixアニメのハンクとトラッシュトラックシーズン1の作品情報より引用

©ガード2020 Netflix Trash Truck Inc. All rights reserved

ハンクというちっちゃな少年とコミュニケーションを取るごみ収集車のトラッシュトラック。

他にも喋る熊とアライグマ…ネズミだっている。

何よりすっごい平和だということ!

観ていてつい安らぎを感じてしまう…

目次

 

 

( こんなことが分かります)

✔ ハンクとトラッシュトラックの魅力とTwitter上での反応、デザインについて

✔ ハンクとトラッシュトラックの感想

 

ハンクとトラッシュトラックの魅力


Trash Truck NEW Series Trailer 🚚 Netflix Jr

キッズ向けのこの作品の魅力を紹介する。

魅力としては、4つほどあって…

 

ハンクとトラッシュトラックの魅力)

  1. 鼻声の子供の声が癖になる。
  2. トラックが家とか入れるの!?などツッコミは無粋。
  3. アライグマと熊とトラックと子供という異色なコンビ。
  4. 尋常じゃないほどの温かい世界。

 

の4つとなっている。

キッズ向けで暖かいストーリー。

そして、なかなか個性的な設定が最大の魅力だね。

それでは、各魅力について簡単に紹介するぞ。

 

・ 魅力1)鼻声の子供の声が癖になる。

日本語吹き替え版で視聴したんだが、主人公の子供の声優が鼻声の子供。

最初は、かなり気になった。

喋り方も上手いとは言えなく、普通の子供そのものなんだ。

でも、回を重ねるごとにその鼻声の声がホンワカしたストーリーと共に癖になっていった。

今や癒しって思えるほどだ。

多分、自分だけじゃないはず。

 

・魅力2)トラックが家とか入れるの!?などツッコミは無粋。

気になることといえば、ゴミ収集車が明らかに自分よりデカイ家に入って行っていること。

「ドアどうやって入ってった?」

「家の中に入りきれんの!?」

そんな色んな疑問が駆け巡るが、一切説明なんてない!

そんなこと気にしないでと言わんばかりのスルー。

こういうツッコミどころのあるのも魅力のひとつと勝手に思っています笑。

 

 

・魅力3)アライグマと熊とトラックと子供という異色なコンビ。

アライグマのドニーとクマのウォルター、主人公の子供のハンクにゴミ収集車のトラッシュトラック。

動物と子供とトラックってなかなかないよね。

アライグマもクマもしゃべるけど、トラッシュトラックはしゃべらない謎…

そんな異色のコンビは、他にはない魅力の一つ。

 

・魅力4)尋常じゃないほどの温かい世界。

けものフレンズばりに温かい世界。

話も初めてのお泊まり会とか初めての映画など平和そのもの。

誰かが傷つくとかそういうの一切ないマジで暖かい世界なんだよね。

デザインも温かいし、ストーリーが温かい。

暖かさしかないこのキッズアニメ…癒されたい人にはうってつけだ。  

 

  目次へ戻る

ハンクとトラッシュトラックのデザインと世界観について

 

ハンクとトラッシュトラックたち

ハンクとトラッシュトラックたち

ネットフリックス公式サイトのハンクとトラッシュトラックの作品情報より引用

(C)2020 Trash Truck Netflix.All Rights Reserved

ここではハンクとトラッシュトラックのデザインと世界観について簡単に説明する。

 

デザインについて

基本3Dで暖かみのあるデザイン。

フォルムは、丸っこくてデフォルメされているデザインと言えるだろうね。

動きも特に違和感はなく、背景とかもキャラクターに合わせてある程度デフォルメチックなデザインとなっている。

 

世界観について

動物が普通に話たり、ゴミ収集車が友達という変わった世界。

主人公だけが話せるといった設定ではなく、大人も普通に喋れて、人間とおんなじ扱い。

その証拠にハンクの家に遊びに行った時、友達としいて親が普通に出迎えていた。

ちなみにトラッシュトラックだけが特別感情や顔のある乗り物みたいだ。

 目次へ戻る

ハンクとトラッシュトラックのTwitter上での反応

決して多くはないが、それなりにこのアニメ作品についてTwitterでツイートがあった。

特に批判的なコメントはなく、逆に良いコメントばかりだ。

 

デザイン性が気に入ったという意見だ。

デフォルメチックで、内容ともピッタリ合っているので、このように気にいる人が多数いることは間違いないね。

 

こちらもデザインを褒めている。

内容がキッズ向けということもあり、子供と一緒に見ても安心して見られる。

各ストーリーも小ちゃな子供の成長を促すような内容が大半で、映画館での常識など世間一般の常識を教えるにはもってこいな内容。

 

特に主人公のハンクは、可愛いよね。

ハンクのデザインと声優が合っている気がする。

 

 

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

  

・作品概要  

ハンクとトラッシュトラックの概要)

原題、Trash Truck

原作・制作、アニメーション製作

 グレンキーンプロダクション
Netflixアニメーション

 

 

・キャスト

ハンク

 主人公の子供で大体5,6歳くらいだと思われる。

 

トラッシュトラック

ごみ収集車で心優しきトラック。

意思疎通は出来るが、しゃべることが出来ない。

 

ドニー

アライグマでちょっとお調子者。

ウォルターとは古い付き合いのようだ。

 

ウォルター

おっとりした性格の熊。

 

 

 

 

 

感想

 


Hank’s First Slumber Party… with Pizza! 🍕 Trash Truck | Netflix Jr

・あらすじ

 6さいのハンクと大きなゴミしゅうしゅうしゃは大の親友。なかよしのどうぶつたちもいっしょに、ワクワク楽しいアドベンチャーをくりひろげる。

 

ネットフリックス公式サイトのハンクとトラッシュトラック

  

「ハンクとトラッシュトラック」

話数)

シーズン1 12話(12~17分)

 シーズン2 16話(12~17分)

クリスマスのおくりもの

 

評価)

ストーリー…6/10

デザイン、作画…6/10

個人総合評価…7/10

 

・総評)平和過ぎて癒されるわ。

 キッズアニメなだけあって、内容はとても平和そのもの。

かくれんぼしたり、初めてのお泊り会だったりと小っちゃい頃の懐かしき思い出が出てきそうな内容ばかりなんだ。

内容以外にも温かみのあるライティングにデザイン、テクテク歩く主人公の可愛さに悩殺されてしまう。

多分見る人は吹替えが多いだろう。

子供と一緒にみたりとそういう点で多いと思うんだが、その吹替えの声優…

主人公の男の子のガッツリ鼻声の喋り方ね。

明らかに声変わりしていない子供だなって分かりそうな感じは、最初違和感があるが、徐々に癖になっていく。

 

全体的に平和な雰囲気を醸し出しているので、癒されたい!なんて方にとてもオススメなアニメだ。

 

・シーズン1感想)すっごい気になる…世界観とトラッシュトラック

 数話観た人なら気になってしゃあないんじゃないだろうか。

ごみ収集車のトラッシュトラックの存在。

乗り物で意思疎通できるのは、このトラッシュトラックだけなんだよ。

しかも周りの大人たちはそれが普通な事のように話しているし、トラックが漆にかぶれてしまうわで…

「お前らなんの疑問も持たないのか!?!?」

そう思わざるおえない。

それ以上にトラックが普通の家に入っていったり、家で寝泊まりするんだよ。

「トラッシュトラックどうやって入ったし!?!?」

観ていて突っ込みたくて突っ込みたくて手が震えた笑。

※因みに最後までトラッシュトラックの生立ちとかには触れません。

 

・シーズン2感想)ファンタジーよりになって進化した!

今シーズンは、トラッシュトラックがバレエを踊ったり、ハンクの学校にお邪魔したりと前作とは違った方面でのアニメが展開されていく。

特にファンタジーよりになったのが面白かった。

急に恐竜のいる時代になったり、音を回収したりと趣向を変えてきた。

子供番組だから、同じ展開だと飽きるので、こういう風に変えてくるのはとても良いと思ったね。

 

・クリスマスのおくりものの感想)サンタさんとハンクたちのクリスマス特別編。

今回は、人間の風習クリスマスについてだ。

トラック界や熊、アライグマ界にはないクリスマスという行事。

それを自慢げに話しているハンクは、とっても可愛らしい。

でも信じてもらえず…となった時、なんとサンタさんが空から現れた!

この辺からファンタジー全開になってきたこのアニメ。

個人的にはとても好きな展開。

とてもほっこりするクリスマス回、是非クリスマスに観たいね。

 目次へ戻る