菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物ってある?その確認方法も解説

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

 

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物ってある?その確認方法も解説

 

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物ってある?その確認方法も解説

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物ってある?その確認方法も解説

 

メールで届くU-NEXTのリトライキャンペーン。

 

リライトキャンペーンとは、U-NEXTの無料体験が終わり、解約した人にもう一度無料体験をプレゼントする仕組みだ。

期間が設けられているらしく、その期間内にメールのURLから入らないとリライトキャンペーンを受けられない。

 

登録時には、個人情報や支払い方法を求められるので、知らない人だと「これ、詐欺じゃね!?」って思ってしまう。

 

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物があるかどうか、詐欺だった場合、どこを確認すればいいかを解説するぞ。

 

 

( こんなことが分かります)

✔ U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物があるかどうか。

✔ U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物かどうかの確認方法

 

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物はないが、今後出てくる可能性大。

f:id:mt594322mt:20211026232202j:plain

U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物はないが、今後出てくる可能性大

 

今のところ、偽物が出てきたって報告はないが、今後出てくる可能性がとても高い。

 

有名どころで言うと、Amazon primeからの詐欺メールが来ているようだ。

 

 

他にもみんなが知っていそうな、楽天や佐川急便、クロネコヤマトなど色んな有名企業の詐欺メールが出回っている。

 

U-NEXTも色んな所に広告をだしたり、テレビでもCMを見かけるほどなので、近い将来詐欺メールが来る可能性がとても高いと言えるんだ。

 

 

もし、詐欺にあったらどうなるの?

 

もし、U-NEXTのリトライキャンペーンの偽物が出回ってしまい、情報を書き込んでしまった…

そういった場合どんな被害に遭うのか解説しよう。

 

Amazonの場合だとこのようにパスワードが盗まれたり、最悪クレジットカードの番号も盗まれてしまう。

 

 

そうなると、アマゾンアカウントで不正に入られて、勝手に色んな物を買われたり、クレジットカードを不正に利用される可能性もあるんだ。

U-NEXTのリトライキャンペーンも同じように支払い方法や個人情報(住所など)抜き取られるので、同じような被害に遭ってしまう。

 

 

もし、パスワード、クレジットカードの番号を記入してしまった場合

 

  • アカウントのパスワード変更とカスタマーサポートに連絡。
  • クレジットカードの利用停止とカスタマーサポートに連絡。
  • 一連の報告のメールを phishing@unext.jp へ転送。

この3つを速攻やろう。

 

アカウントやクレジットカードの情報も知られた場合は、怪しい郵便物も届く可能性もある。

住所とか情報が載っているからね。

郵便物にも注意が必要だ。

 

phishing@unext.jp 」は、U-NEXTのサポート用メールアドレス(こういうハプニング時に使う)ものとなっている。

 

 

U-NEXTのリトライキャンペーンが偽物だと騒がれてる理由

 

結構聞くのが、U-NEXTのリトライキャンペーンって詐欺なんじゃないだろうか…って意見だ。

 

その理由は、

  • 解約したはずなのに急に届く。
  • また無料体験できるって話は、うますぎる。
  • 個人情報や支払い方法を求められる。

 

リトライキャンペーンの手順が詐欺メールと似ているから、「詐欺なんじゃ??」と思われるんだ。

 

 

リトライキャンペーンは、無料期間が終了して、解約した人にランダムで送られる。

送られてきた人は、また無料期間31日分使えるってシステムだ。

 

 

いち利用者としては、また、31日間無料体験できますよなんてメールが届いたらどうだろうか?

 

絶対怪しいだろう。

 

Amazonの詐欺メールでもAmazonにかなり似せて作っているので、メールがパッと見でU-NEXTっぽくても警戒するのは、当たり前。

 

解約した人にこんなうまい話のメールが届いたら、大抵の人は詐欺だと思ってしまうだろうね。

 

 

一番詐欺っぽいのが、メールのURLから個人情報や支払い方法を求められる点。

凄い不安になるよね。

リトライキャンペーンのことを知らなければ、絶対に詐欺だと思う。

 

 

U-NEXTのリトライキャンペーン…偽物の確認方法

f:id:mt594322mt:20211026232427j:plain

U-NEXTのリトライキャンペーン…偽物の確認方法

 

U-NEXTのリトライキャンペーンが偽物かどうか確認する方法は、2つあるんだ。

 

  1. 送信元の情報を確認。
  2. U-NEXTに問い合わせてみる。

 

送信元の情報は、わざと同じように見せようとしてくるので、注意が必要だ。

 

 

U-NEXTリトライキャンペーンの偽物の見分け方1)送信元の情報を確認

 

U-NEXTのヘルプには、このように書いてある。

 

■送信元の情報
・送信元のメールアドレスをご確認ください。

<U-NEXTから送信するドメイン
@unext.jp
@unext-info.jp

※なりすまし対策として送信元情報の確認はヘッダー情報でのご確認をお勧めします。
※ヘッダー情報の確認方法はこちら。

 

不審なメールが届いた | U-NEXTヘルプセンター

より引用

 

メールアドレスの語尾に

@unext.jp
@unext-info.jp

がついていたら、U-NEXTからのメールだ。

 

それ以外のものは、違うので警戒しよう。

 

因みにAmazonの詐欺メールは、anazonと書いていたらしく、パッと見同じに見える。

こんな感じで、似せてくるので注意だ。

 

U-NEXTリトライキャンペーンの偽物の見分け方2)U-NEXTに問い合わせてみる

 

contact.unext.jp

 

一番確実な方法で、U-NEXTに直接問い合わせてみる方法だ。

上記のところから問い合わせが出来る。

 

U-NEXTのリトライキャンペーンメールが詐欺かどうか判断がつかないって人は、直接問い合わせてみよう。

 

 

それでも不安な人)リライトキャンペーンを諦めることを勧める。

f:id:mt594322mt:20200128040834j:plain

 

自分もそうだが、メールからの勧誘で個人情報やらクレジットカードの情報を書き込む自体かなり抵抗がある。

U-NEXTのサポートセンターに問い合わせて、「大丈夫ですよ」って言われてもだ。

 

31日間の実質2,000円ほどのために不安になりながらやる必要はない。

 

そういう時は、大人しく諦めよう。