菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)希望を奪われた男の復讐劇…ジョンウィック(感想、結末、裏話)

    

映画感想)希望を奪われた男の復讐劇…ジョンウィック(感想、結末、裏話)

 

f:id:mt594322mt:20190928135939j:plain

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

 

 

 

キャスト

 

ジョン・ウィック
キアヌ・リーブス


ヴィゴ・タラソフ
ミカエル・ニクヴィスト

ヨセフ・タラソフ
アルフィー・アレン


ミズ・パーキンズ
エイドリアンヌ・パリッキ

マーカス
ウィレム・デフォー

 

 

あらすじ~

 かつて裏社会にその名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは、5年前に最愛の女性ヘレンと出会い足を洗う。

平穏な結婚生活を送るジョンであったがヘレンが病で亡くなり、生きる希望を失う。

だが、ヘレンは残される夫を心配して仔犬を手配しており、その存在がジョンの新たな希望となりつつあった。

その矢先、ジョンの愛車フォード・マスタング・BOSS429を狙った強盗に家を襲われ、車を奪われただけではなく仔犬も殺されてしまう。

 その大事なものを全て失った復讐のために裏社会に戻るのであった…

 


 

 個人的評価…8/10

 

 

      

     

f:id:mt594322mt:20190928135951j:plain

マーカスとジョンウィック

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

一文感想 ↓

大きな絶望からの復讐劇、泥臭い且つ新しいアクションも見所。

 

絶望を味わった殺し屋が復讐するために立ち上がる…というよくありそうなストーリーではある。

だが、他と違った良さがあるのだ。

主演に知名度の高いキアヌ・リーヴスを起用したことにより、より主役の良さが引き立った。わき役にウィリアムデフォーなどのチョイスも良かったのだ。

泥臭いアクションと銃を使った近接特化のアクション 。

全く喰らわず且つのではなく、反撃を受けながらも叩きのめしていく。

リアリティのあるアクションで、銃なのに近接特化というどこぞの「リベリオン-反逆者-」を思い出すようなアクションですね笑

 

というような他とはちょっと違ったアクションに俳優がなんとも際立った良映画です。

 

 

キアヌリーブスという方、復讐系やアクション好きという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

f:id:mt594322mt:20190928140011j:plain

怒りに震えるキアヌリーブスことジョンウィック

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

犬を殺され、車を奪われた怒りのパワーは無限大

 

 死んでしまった彼女からの最後の贈り物の犬を目の前で殺されてしまい、気絶したところに目の前に死体を置かれるという鬼畜地味た行為。

それ故、お気に入りの車を盗まれるという追い打ち!(いや、これがメインだったんですけどねw)

そこまでされて沸々と怒りがこみ上げてくるウィックは、あの手この手で探し、殺戮していく。

 

あの怒りと痛み以外に感情は一切ないぜ感も溜まらなくいいですね!

人と会話しているときも基本復讐の鬼状態だから、もう目に精気がない感じも良き良き

 

まさに復讐の鬼ですね

 

 

 

        

     

f:id:mt594322mt:20190928140037j:plain

恐怖に震えるロシアンマフィアのヴィゴタラソフとヨセフタラソフ

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

ロシアンマフィアのビビり様が最高

恐らくトップクラスのマフィアであろう組織がジョンウィックという一人の男に震え上がる。

全勢力を使って排除しようと試みて、ボスであるウィゴが信頼のおける暗殺者を差し向けるという徹底っぷり。

そこまで恐れられているという理由も辻褄があっていて高評価のポイントですね。

他の映画だと大体軍関係者で勲章貰ってる凄い奴だったりするんですけど、今回はちょっと違うんですよね。

元々殺し屋ですし笑

 

 

 

 

 

 

 

    

     

f:id:mt594322mt:20190928140127j:plain

鋭い眼光のジョンウィック

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

泥臭く、銃による接近戦特化アクションが最高

 同士討ち覚悟なのかなってレベルで泥臭い戦いを展開していきます。

どんどんストーリーが進むにつれてボロボロになっていく様も良いですね。

それに銃による接近戦特化のアクションも見所なんです。

※まぁ、場所がクラブという人でごった返している場面だからかもしれませんが笑

それでも他の映画だと観客関係なしにぶっぱなすんですけど、この映画は違いましたね笑

基本投げ技等から倒して撃つ、もしくは物陰に隠れてから撃つといった感じ。

それに銃を持った時の動きが違いましたね。

どんな時でも銃を構えていつでも撃てる状態にしてあります。

車の上から降りる時も最短で撃てる状態をキープしながら降りるという徹底っぷりでそこにアクション好きが惹かれる要因でもありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…

         

f:id:mt594322mt:20190928140152j:plain

接近戦特化の銃アクション

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

 

キアヌリーブスは、アクション映画好きで、サニー千葉の「激突!殺人拳」でアクションを学んだ。という程のアクション好きでありサニー千葉のファンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末~

 

f:id:mt594322mt:20190928140221j:plain

可愛い子犬とひと時の幸せ(開始15分で終了する模様)

映画.comジョンウィックの作品情報より引用

Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Le

 キャストと簡単な説明

 ジョンウィック(主人公で伝説的な殺し屋)

ウィゴタラソフ(ロシアンマフィアのボス)

ヨセフタラソフ(ウィゴの息子でウィックの車盗み、死んだ妻からの最後の贈り物の犬までも殺してしまう)

ミズパーキンス(ウィックと顔なじみの女殺し屋)

マーカス(ウィックとは旧友で、ベテランスナイパー)

 

 

 

 

ロシアンマフィアのボスの子供に車を奪われ、犬も殺され、ボコボコにされる。

 

 ロシアンマフィアのボスのタラソフは、ジョンウィックという伝説的な殺し屋から車を奪ったりしてしまったことを聞いて、絶望する。

すぐにジョンウィックに連絡するが時すでに遅し。

ウィックは、コンチンネンタルホテルに泊まり、タラソフの子供(ターゲット)のヨセフを追う。

 

昔の伝手を辿りつつ、なんとかヨセフはナイトクラブにいることをつかんだ。

ウィックは、ナイトクラブに乗り込み、ヨセフの警護を悉く殺していくもヨセフを殺し損ねてしまう(脇腹に何針も縫う切り傷を負う)。

途中コンチネンタルホテルで殺されそうになり(暗殺者のパーキンズは禁忌を冒す)ながらもパーキンズから教会に資金を隠しているという情報を得て、早速教会へ向かう。

教会の地下にあるお金や様々な情報を焼き払い、タラソフを待ち構える。

タラソフが怒り狂っている最中、ウィックは奇襲を仕掛けるも捕まってしまう。

捕まり、タラソフはウィックを説得するが失敗したため、殺すように部下に命ずる。

だが、マーカスのスナイパーの援護によりなんとかその危機を逃れる。

そして、タラソフを追いかけ、追い詰めてから、お互い命を狙わないという約束でヨセフの居場所を吐かせる。

 

ヨセフは、ジョンウィックになんなく殺されてしまう。

その後、タラソフは、マーカスにもウィックの殺しの依頼をしたにも関わらず、そのチャンスがありながらも行わなかったことに対し、腹を立てて拷問をするのだが、結局マーカスは殺されるくらいなら自分で最後を決めると言い放ち、銃を奪い最後の反発。

その場にいたパーキンズにマーカスは殺される。

 

パーキンズはウィックをマーカスの家に呼び出し殺す予定だったが、コンチネンタルホテルから連絡が…

その後、コンチネンタルホテルの支配人たちの手によりパーキンズは殺されることとなる。

コンチネンタルホテルの支配人からウィックに匿名の情報(タラソフがヘリで逃げようとしている)と流し、ウィックはタラソフを追い、仲間を一人一人殺していく。

その後、ウィックとタラソフとの一騎打ちの末、タラソフを殺す。

 

その後、ウィックは動物病院で犬1匹を連れ帰り、夜の街へと消えていった。