菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ感想)ロボットしかいない世界にたった一人の人間が…Netflixエデン

 

ロボットしかいない世界にたった一人の人間が…Netflixエデン

 

ロボットしかいない世界にたった一人の人間が…Netflixエデン

ロボットしかいない世界にたった一人の人間が…Netflixエデン

Netflixアニメのエデンの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix CGCG エデン Inc. All rights reserved

4話しかないのに胸を張ってオススメできる面白さのアニメ作品。

人間がいない世界で、主人公がロボットに拾われ、育てられる。

色んな伏線がうまい具合に繋がって、アドベンチャーあり、感動ありの面白い作品にまとめられていた。

ロボットに愛情やら知性が芽生える作品に駄作は、殆どないんだよなぁ笑。

 

( こんなことが分かります)

✔ エデンが面白かった理由、世界観、デザイン、アニメーション

✔ セイスマノスの感想、Twitter上での反応

 

エデンが面白かった理由

ゼロ

ゼロ

Netflixアニメのエデンの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix CGCG エデン Inc. All rights reserved

 

4話ほどしかないからサクッと観れたし、シーズン1は映画みたく起承転結が整っていた。

個人的に魅力的、面白いって感じた理由がこれだ。

  

面白かった理由)

  1. ロボットしかいない世界にたった一人の人間が登場。
  2. 4話でうまくまとめられている。
  3. 人間のような心を持ったロボットが出てくる作品につまらない作品は、数少ない。

 

・ロボットしかいない世界にたった一人の人間が登場。

ロボットに支配されている世界とかならまだあるが、人間が誰一人いない世界でロボットだけしか暮らしていないのは、なかなかない設定。

何故か主人公がロボットに拾われ、育てられる。

 

  • 何で、人間がにないのか。
  • 人の作り出したものに触れるのがダメなのか。

などなど

 色んな伏線がこの世界観にうまくマッチしている。

 

4話でうまくまとめられている。

イメージ映画のようなアニメ。

1話30分もあるかないかなので、2時間以下のアニメ映画だろう。

しっかり完結する上に色んな伏線も上手く回収していく。

サクッと観られて、感動して楽しめるぞ。

 

 

・人間のような心を持ったロボットが出てくる作品につまらない作品は、数少ない。

主人公を拾ったロボットたちは、主人公を通して人間っぽくなっていく。

主人公に愛情を感じたり、親のように怒ったり…

まるで、人間のよう。

そういう作品につまらないのって少ないんだよね。

うまい具合に感動系に繋げているのも面白いって思えたポイントだ。

 

  目次へ戻る

世界観とデザインとアニメーション

巨大ロボの激突

巨大ロボの激突

Netflixアニメのエデンの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix CGCG エデン Inc. All rights reserved

エデンの世界観とデザインとアニメーションについて解説する。

個人的には、ps3のゲームをやっているような懐かしさを感じる作品だったね。

 

世界観

人間がいなくなって、何百年と経った世界。

因みに地球だ。

ロボットしかおらず、何故かリンゴなど果物を栽培したりしていた。

この世界では、人間の作った文化に触れると罰せられる。

罰すると言っても、ロボットをフォーマットするんだがね。

人間で言う記憶喪失にさせる感じかな。

エデンの都市は、特殊な長方形の形をしかコロニーで生活している。

 

デザイン

ps3の3DCGっぽい。

違和感はなく、どこか懐かしい感じ。

リアルよりというより、ほのぼのしたRPG系のデザインで、世界観とマッチしている。

 

アニメーション

基本ロボットで、モーションキャプチャではないと思う。

観た感じ、違和感もないので、気になるポイントはなかったね。

 

 

 目次へ戻る

Twitter上での反応

父親と母親とサラ

父親と母親とサラ

Netflixアニメのエデンの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix CGCG エデン Inc. All rights reserved

 凄い好評の嵐。

Twitter上では、ネトフリオリジナルアニメの中でもなかなかみないほどの好評具合だ。

 

 

 

 

 

 

他にも面白い記事を発見した。

 どれだけこのアニメに力を注いだか分かるね。

 

一部、試写会で問題があると感じていた人もいたよう

 

 

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

成長したサラと父親

成長したサラと父親

Netflixアニメのエデンの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix CGCG エデン Inc. All rights reserved

 

・作品概要  

エデンの概要)

原題、エデン

原作・制作

CGCG

 監督

入江泰浩
キャラクターデザイン

川元利浩
脚本

うえのきみこ

アニメーション製作

 CGCG

 コミカライズ版が『月刊ヤングキングアワーズGH』(少年画報社)、同年4月30日発売の『別冊コロコロコミックSpecial6月号 ミラコログランプリ春』(小学館)でも山田一喜によって発表されている。

 

・キャスト

サラ(CV,高野麻里佳)

 

今作の主人公で、ロボットたちに拾われ、ひっそりと育てられる。

破天荒な性格。

 

E92(CV,伊藤健太郎)

サラの「パパ」で、サラを心配しながらもなるべく自由にさせようとしている。

 

A37(CV,氷上恭子)

サラの「ママ」で、サラをすっごく心配している。

まさにママ!

 

ゼロ(CV,山寺宏一)

人間を滅ぼそうとしているAI。

 

 

 

感想

 

www.youtube.com

・あらすじ

 人間が滅びた後に作られた、緑豊かな世界。それはまさに理想の楽園のはずだった。ロボットに育てられた人間の少女が、その裏に眠る危険な秘密に気づくまでは。

 

 ネットフリックス公式サイトのエデンより参照

  

「エデン」

話数)

シーズン1 4話

 

評価)

ストーリー…8/10

デザイン、作画…7/10

個人総合評価…9/10

 

www.youtube.com

 

・シーズン1の感想)ロボットのみの世界と伏線、感動への繋げ方が上手い

シーズン1は、4話ほどしかないのにうまい具合にまとめられている。

人間が何故かいないこの世界。

その人間がいない理由が一番の大きな伏線となっている。

 

他にも警備隊みたいなロボットの長(cv山寺宏一)の過去の記憶も面白い伏線なんだ。

 

そして、謎のカウントダウン。

これがゼロになるとどうなるのか…

この辺の伏線が全部一つに繋がっており、上手にまとめられている。

脚本の上手さが感じられた。

 

主人公と育て親のロボットとの絆がとても泣ける。

終盤は、感動系に持ち込んで来るのは、ズルい。

こりゃ、号泣ものですわ。

 

ラスト付近では、巨大ロボの戦いもある。

アクション部分は、この辺が一番の見所だ。

基本アドベンチャー的なアクションなので、こういうガチンコバトルがあると、テンションが上がる。

 

アドベンチャー部分も見応え抜群。

機械の都市内を駆け回る感じは、ドキドキワクワクって言葉がピッタリだ。

 

ネトフリアニメで、胸を張ってオススメ出来る作品だ。

 目次へ戻る