菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ「魔法科高校の劣等生」の時系列

    

アニメ「魔法科高校の劣等生」の時系列

 

アニメ「魔法科高校の劣等生」の時系列

アニメ「魔法科高校の劣等生」の時系列

魔法科高校の劣等生のアニメは、1期と2期、劇場が現在ある。

公開順で見ると何処か辻褄が合わない事に気づく。

そう、公開順が時系列順ではないんだ。

時系列順、公開順と年表、そして各編の簡単な紹介をしていくぞ。

 

( こんなことが分かります)

✔ アニメの魔法科高校の劣等生の時系列と紹介

 

アニメ「魔法科高校の劣等生」の時系列

 2014年にアニメ化がされてから、映画、2020年10月にはアニメ2期をやることとなった魔法科高校の劣等生

実は、公開順に観ても話は繋がらないんだ。

時系列順と公開順を紹介していく。

下記が時系列順となっている。

 

 「魔法科高校の劣等生」の時系列順

  入学編(シーズン1)
  ↓    ↓
 九校戦編      
↓    
 横浜騒乱編      
 ↓    ↓
 来訪者編(シーズン2)
↓    ↓
星を呼ぶ少女(映画)

 ※現状どこまでアニメ2期がやるか分からないので、来訪者編だけ書いてあります。

1期にあたる入学編、九校戦編、横浜騒乱編の計26話、来訪者編は2期にあたり現在公開中。

星を呼ぶ少女は、映画で約90分の尺となっている。

 

  目次へ戻る

 「魔法科高校の劣等生」の公開順

  入学編(シーズン1)2014年公開
  ↓           ↓
  九校戦編              
↓           
 横浜騒乱編             
 ↓           ↓
   星を呼ぶ少女(映画)   2017年公開    
↓           ↓
 来訪者編(シーズン2) 2020年公開

公開順で観てみると一部順序が逆となっている。

期間としては3年スパンでアニメ化がされているみたいで、もしかしたら、2023年に3期が…なんてこともあり得るかもしれない。

原作者の佐島勉先生のコメントからも分かる通り、映画の星を呼ぶ少女でアニメ版は終わりだと思っていたようだ。

 

 「魔法科高校の劣等生」の年表

  入学編(2095年4月)
  ↓    
 九校戦編(2095年7月)     
↓    
 横浜騒乱編(2095年10月)      
 ↓    
 来訪者編(2095年12月)
↓    
星を呼ぶ少女(2096年3月下旬~4月下旬)

 

 

 因みに公開順に観ても正直良く分からない。

時系列順に見ることをオススメするぞ。

 

  目次へ戻る

各章(編)の簡単な紹介

アニメ「魔法科高校の劣等生」

アニメ「魔法科高校の劣等生

©2013佐島勉/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会

忘れていたりする人もいるかと思うので、 ここでは各章(編)と映画の簡単な紹介をしていく。

2期のアニメ版は、どこまでやるかまだ不透明な部分があるので、ここでは省略させてもらう。

 

簡単な魔法科高校の劣等生のあらすじ)

 

アニメ版公式サイト

mahouka.jp

 

・入学編

一番最初で一校に入学するところから物語は始まる。

 

1~7話

簡単なあらすじ)

ある兄弟が魔法科高校に入学した。

兄は劣等生(ウィード)として入学し、才能ある妹は、優等生(ブルーム)として入学。

2人の兄弟は、学校内のウィードとブルームの格差に直面することとなる…

 物語のはじめということで、色んな世界観の説明から入る。

途中戦闘も挟みながら、最強の兄感を見せつけていく。

そして、7話付近ではしっかりと敵との戦いという見所もあるぞ。

 

・九校戦編

 9つの魔法科高校のインターハイ的なものがメインの話となる。

 

8話~18話

魔法科高校のインターハイ的なイベント、九校戦に挑む達也達。

だが、九校戦の裏ではとある組織が暗躍しており、様々なハプニングが起こるのであった…

全国魔法科高校親善魔法競技大会(九校戦)がメインの話。

色んな独特な種目や魔法構造についてもこの辺で解説が入ってくる。

イメージ、プログラマーが好きそうな魔法構造なんだ。

そして、見所はライバル校との対決…

達也と同じ戦闘経験者同士の戦いで、ここで初めて大きな苦戦を達也は強いられるんだ。

18話は九校戦のその後といった話になっている。

 

 

・横浜騒乱編

全国高校生魔法学論文コンペティション(論文コンペ)という学力コンテストのようなものがメインの話となる。

 

19話~26話

九校戦を終えてすぐ、達也は論文コンペの手伝いをお願いされることになる。

その論文コンペでは、いつも論文を盗もうとする輩が出るらしく、それに備えて護衛がついているのが普通だ。

だが、例年のような悪い輩ではなく、もっと大きな組織に狙われることとなる…

九校戦がスポーツの大会なら論文コンペは、学力の大会。

過去一番の大きな組織に狙われつつ、達也の素性がここで少しずつ見えてくる。

クライマックスには、達也の本気が観れ、1期の最大の見所と言ってもいいだろう。

 

魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女

春休みに小笠原諸島で羽を伸ばしていた深雪と達也たちが出会ったのは、謎に満ちた不思議な少女。

達也にある願いを告げる彼女は、大きな陰謀の鍵とされていた。

 

ネットフリックスの魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女より引用

 

とある少女の物語で、この映画では、来訪者編のアンジーシリウスが登場する。

アンジーシリウスの本気の力がこの劇場版で見られるぞ。