菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)スパイ道具が初登場だ…007ロシアより愛をこめて(007危機一発)(感想、その他)

    

スパイ道具が初登場だ…007ロシアより愛をこめて(007危機一発)(感想、その他)

 

007ロシアより愛をこめて(007危機一発)

007ロシアより愛をこめて(007危機一発)

007ロシアより愛をこめて(007危機一発)より引用

 (C)1963 United Artists Corporations.All Rights Reserved

 

007シリーズ2作目のショーンコネリーボンド。

この作品からスパイ道具が登場してきており、その道具を使用するシーンが出てくる。

ボンドガールが美人だったり、スペクターの話が前作以上に出てきたりと個人的には、前作のドクターノオよりも楽しめた。

 

目次

 

 

 

キャスト

ショーン・コネリー
ダニエラ・ビアンキ
ペドロ・アルメンダリス
ロッテ・レーニャ
ロバート・ショウ
バーナード・リー

あらすじ~

犯罪組織「スペクター」は、ドクターノオ博士を倒したジェームズボンドへの復讐と美人女性情報員、暗号解読機「レクター」を餌にボンドを「辱めて殺す」ことを計画するのであった…

 

解説

イアン・フレミングジェームズ・ボンド・シリーズ『ロシアより愛をこめて』を、リチャード・メイバウムが脚色、テレンス・ヤングが演出、撮影をテッド・ムーアが担当、いずれも「007は殺しの番号」のスタッフ。音楽はジョン・バリー。出演は「007」シリーズのショーン・コネリー、新人ダニエラ・ビアンキ、他にペドロ・アルメンダリス、ロッテ・レーニヤ、ロバート・ショウバーナード・リーなど。(再公開時のタイトルは「007 ロシアより愛をこめて」)

 

映画.comの007ロシアより愛をこめて(007危機一発)の作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、From Russia with Love

上映時間、115分

監督

テレンス・ヤング
脚本
リチャード・メイボーム
原作
イアン・フレミング
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

配給、 ユナイテッド・アーティスツ

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…6/10

キャスト…7/10

 

 個人的評価…7/10

 

第22回 ゴールデングローブ賞(1965年)

ノミネート 最優秀主題歌賞

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

スパイ道具が登場したのテンション上がる!…面白い映画。

まず、言っておきたいのが、完全に前作の続きの話ということ。

前作ドクターノオの話が出てくるんだ。

なので、この作品を観る前に前作を観る必要があるぞ。

 

個人的には面白かった。

スパイ道具の数々、「スペクター」が本格的に動き出す感じが特に面白い。

前作には一切スパイ道具が無かったから、この作品が初登場だよね。

そのスパイ道具の説明シーンの長い歴史がここから始まると思うと…なんとも感慨深いものがある。

 

次に「スペクター」という組織ね。

007の世界の中で裏の最強組織の名前。

今作では、ザ・悪の組織って感じがビンビンきてるのは、とても良かった。

 

 秘密道具がレトロでカッコいい。

あのブリーフケースだけでも十分カッコいいけど、あの中に催眠スプレー機能とか銃とかもあるとか最高かよ。

 

スぺクターの全貌が見えつつあって、気になる展開。

スペクターの組織とボンドがどうなっても関わってくるのか。

どう決着をつけるてくるのかも見所だ。

 

ボンドガールドストライクな件について 

スタイルも顔もドストライクなんだよ。

 

 

007シリーズ、ショーンコネリーを観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.6

映画.com 3.6

 意外と低評価が見つからないので、空欄で。

皆思っていることは前作以上に観やすくて、面白くなっていると感じているよう。

スパイ映画の元祖、スパイ道具が出てくるのがテンション上がるなどなど色んな高評価意見が書いているが、要はスパイ映画として派手さはないが、面白いということだ。

 

 

高評価の意見としては…

 ボンドガールとの駆け引きが楽しめる、

低評価の意見としては…

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

秘密道具がレトロでカッコいい。

見た目が今見るとかなりレトロ感がある。

だが、それに反して、機能はとても優れてるから凄いよね。

「前作の1作目では、一切スパイ道具はなかった。

だけど、今作から沢山のスパイ道具あるのは、かなり嬉しいね。」

「あのブリーフケースの見た目が凄い好きなんだよね。

それに色んなギミックあるの小学生の頃に買ってもらったハイスペック筆箱みたいでテンション上がる!」

はい、小学生の筆箱と一緒にしてしまい申し訳ありません笑

でもね、男の子ならだれしも憧れたり、カッケェー!ってなったりすると思うんだ!

あのブリーフケースだけでも十分カッコいいけど、あの中に催眠スプレー機能とか銃とかもあるとか最高かよ。

 

しかも、使い勝手がよく分からんソブリン金貨な。

調べてみたら、1枚の金貨に1ポンドくらいの価値があるらしい。

1960年代の1ポンドの価値は、大体5000円くらい。

 

ん?12枚で買収したん?

安くねwww

 

あの後他に金を渡す予定だったのかな?そうだよね。

 

と色んなスパイ道具が出てきただけで、テンションバク上がりでした。

        

     

 

スぺクターの全貌が見えつつあって、気になる展開。

今作は冒頭からスペクターの話が出てきます。

いや、スペクターの組織の幹部達がでてくる。

「ボスみたいなの猫なでてたよね。

なんか、仮面ライダーのラスボスみたいだ笑」

「調べてもよく分からなかったが、なんかそんな雰囲気あるよね。

謎の組織に幹部、猫ナデナデとか仮面ライダーっぽい…」

多分、こっちの007が元祖だと思うんだよね。

そもそも仮面ライダー1号は1971年だし。

この作品1963年に公開された作品だからね。

 

とまぁ、その辺は置いておき、スペクターの組織の全貌が見えつつあるんだ。

幹部が数人いたりとかくらいだけで、狙いがイマイチ分からない。

なんか、世界征服あたりなのかな?

 

バックにどの国がついてるかテンションってのはなんとなく分かった。

次回作にどうこの「スペクター」が動き出すかが見所だね。

 

ここまで書いて分かった事は、このスペクターの組織とボンドがどうなっても関わってくるのか。

どう決着をつけるのかも見所だ。

    

     

 

ボンドガールドストライクな件について 

メッチャ可愛い。

スタイルも顔もドストライクなんだよ。

そんな女性を見ているだけで…幸せな気持ちに。

今作かなりこの女性が出てくるので、この点ではかなり楽しめた。

 

因みにダニエラ・ビランキという女優さん。

ミス・ユニバース1960で準優勝した女性で、イタリアのローマ生まれ。

どうやら、イタリアなまりが強く、映画の作品には彼女の声がないらしい。

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

今作のヴィランは、クレッブ大佐(ローザ)と刺客のグラント。

 クレッブ大佐の「スペクター」幹部が今作の親玉だ。

クレッブ大佐が送り込んだソ連の刺客がグラント。

個人的にはこのグラントのインパクトが不足している気がした。

そもそもだ、採用の時に大佐のパンチを耐えられるかどうかって時点で微妙だよね笑

途中途中なんか強そうな感じはでているが、やはりインパクト不足。

 

それとラスト部分。

クレッブ大佐がホテルの人に変装するの笑った。

いや、お前が行くんかいWW

確かに後がないのは分かるよ…

でも、もっと部下を差し向けるとかしなかったのだろうか…

 

 


 

「007ロシアより愛をこめて(007危機一発)」の注目ポイント

 

映画化されて約半世紀の一大シリーズ。

個人的に覚えていたら、次回作も楽しめるポイントを紹介。

  1. スパイ道具の数々が登場。
  2. ソ連の暗殺者vsボンドの戦い。
  3. 謎の組織「スペクター」が本格的に乗り出す。

 

・「007ロシアより愛をこめて(007危機一発)」の注目ポイント1)スパイ道具の数々が登場。

前作では一切出てこなかったスパイ道具がでてくる。

あんまり活躍の機会が少ないものの、その紹介シーンや実際に使われてるシーンは、やはり007の見所だよね。

 

 

・「007ロシアより愛をこめて(007危機一発)」の注目ポイント2)ソ連の暗殺者vsボンドの戦い。

最大の敵みたいな感じで出てくるソ連が送り込んだ刺客、グラントの存在。

おごりが強いのがたまに傷で、あまり最強感が薄いのが少々残念。

だが、終盤の戦いは意外にも楽しめるぞ。

グラントの行動も見ていて面白い。

 

特にクレッブ大佐(ローザ)がグラントに決めた理由(行動)は、ツッコミたくなる笑

そんなんでいいんか!?と。

 

 

・「007ロシアより愛をこめて(007危機一発)」の注目ポイント3)謎の組織「スペクター」が本格的に乗り出す。

最初の方に「スペクター」の組織内の様子が少し分かる。

要するに前作の伏線であるスペクターの存在だよね。

この組織の雰囲気やバックにどこの国がついているか、幹部達など気になる事が満載だ。