菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)一味違うジェームズボンド…女王陛下の007(感想、結末、その他)

    

一味違うジェームズボンド…女王陛下の007(感想、結末、その他)

 

女王陛下の007

女王陛下の007

映画.com女王陛下の007の作品情報より引用

 (C)1969 United Artists Corporations.All Rights Reserved

 007シリーズが好きな人にとっては、1,2を争う程人気の作品。

そして、ジョージ・レーゼンビーがジェームズボンドを演じたのがこれが最初で最後の作品なんだ。

女王陛下と出てくるから、イギリスの女王陛下かな?って思う人もいるだろうが、それは違うぞ。

今までとは一味違うジェームズボンドが味わえる女王陛下の007の感想をどうぞ。

目次

 

 

 

キャスト

ジョージ・レーゼンビー

ダイアナ・リグ

テリー・サバラス

ガブリエル・フェルゼッティ

イルゼ・ステパット

あらすじ~

 スペクターの首領ブロフェルドを探し回るのに飽き飽きし、イギリス秘密情報からの辞職を考えていたジェームズ・ボンドは、カジノ・ロワイヤルで現金を持たずに大金を賭けて負けたテレサ・ディ・ヴィセンゾ公爵夫人を助けたのだった。

 

映画.comの女王陛下の007の作品紹介、解説欄より引用

 

解説

 新しいボンド・スター、ジョージ・レーゼンビーを迎えたシリーズ第六作。今回も細菌戦争を企むスペクターを相手に、“新ボンド”が決死の活躍をみせる。監督はボンド・シリーズの編集者であったピーター・ハントイアン・フレミングの原作を脚色したのはウォルフ・マンコウィッツ、撮影はマイケル・リード、音楽はジョン・バリー、セットをピーター・ラモントが担当。製作はハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリ、製作構想はシド・ケイン。出演は新スター、ジョージ・レーゼンビー、ダイアナ・リグ、「インディアン狩り」のテリー・サヴァラス、「さらば恋の日」のガブリエレ・フェルゼッティ、イルゼ・ステッパット、おなじみのバーナード・リー、ルイス・マクスウュル、デズモンド・ルウェリンはレギュラー。その他、ボンドガールズには「冒険者たち」のアンジェラ・スコーラー、ジュリー・エーゲ、モナ・チョンなどが出演。

 

 

映画.comの女王陛下の007の作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、On Her Majesty's Secret Service

上映時間、140分

監督

ピーター・ハント
脚本
ウォルフ・マンコウィッツ
リチャード・メイボーム
原作

イアン・フレミング
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

 

配給、ユナイテッド・アーティスツ

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…8/10

キャスト…7/10

 

 

 個人的評価…8/10

         

一文感想 ↓

純愛と007の組み合わせは、シリーズにない味を醸し出す…面白い映画。

アクションやストーリー展開ともにとても良く、面白かった作品。

アクションや007特有のスパイシーン、他スキーシーンやカーチェイスなどの目玉アクションのボリューム感と質はとても良かった。

1969年の作品にしては、かなりアクションシーンは良かったと感じたよ。

さすがにホブスレーシーンは、きつそうだったが…

 

特にこの作品は、007とテレサの恋模様が良いんだよね。

あのシリーズ通して女ったらしのボンドがのハートを射抜いたテレサ

そこからの恋模様は、「あれ?俺007観てるんだよな??」と錯覚させるほど。

007らしくない感じもまた新鮮で良いし、ボンドの好感度もグンっと上がった感じだ。

でも、他の女性と一夜を共にするのはどうかと…笑

 

ストーリーもスペンサーのボスのプロフェルドとの対決は、待ってました!と言わんばかりの展開だ。

今まで数作品に渡って引っ張ってきたプロフェルド戦は、どうなるのか楽しみでしょうがなかったぞ。

 

ストーリー構成、アクションに純愛要素とみんなの評価が高いことにもうなずける。

 

他シリーズとはどこか違うジェームズボンド。
武闘派だったり、純愛だったりと今までにないジェームズボンドが最大の見所。
スパイ道具は、出てこなくとも他の見所たくさん。
ブロフェルドとの対決やスキーシーン、カーチェイスなどなど見所がたくさんだ。
あの終わり方は、他の007シリーズにはない味を出している。
007の純愛からのまさかの展開にあのラスト。

 

007シリーズを観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.5

映画.com 3.3

 高評価な人や低評価な人様々だが、みていった感じ低評価の方が多い。

それも2~1レベルの評価をつけている人が結構いる。

逆に4~5の評価は殆どおらず、大体3台だ。

みんなが思っていること…女王陛下の意味ってなんだと思っているようだ。

 

高評価の意見としては…

 スキーシーンが見ごたえあり

低評価の意見としては…

 話が退屈、タイトルの女王陛下とは…

 

 

下記詳しい感想 ↓          

他シリーズとはどこか違うジェームズボンド。

 

個人的に今作のジェームズボンドは、他の007シリーズと比べて大きく違う点が2つある。

 

  • 武闘派なボンド。
  • 運命の女性を見つけたボンド。

この2つね。

 

ジェームズボンドと言えば、一人の女性に固執しない上、お世辞にも強い!とは言えない。

虜にして女性の力を借りたり、スパイ道具やボンドカーを使ったり…はたまた運でなんとかなったりと色んな要素が助かっているんだ。

でも、今作はスパイ道具なんてなくても己の肉体で敵を倒すんです。

明らかに他のボンドとは違う痛そうなパンチを敵に食らわせ、1体多数でもなんなく乗り切っちゃう感じ。

しかも己の肉体のみでだよ。

観てて驚いちゃった。

 

他には運命の女性と出会うってこと。

テレサという女性に一目惚れして、一時は自分のスパイとしての仕事も辞めようとする程。

これほどほれ込んだのってこの作品のテレサくらいなんじゃないか?

そこから一途にテレサを一番に思い続けている。

まぁ、他の女性とは一夜と共にしちゃんですがね。

最後までテレサを想い続けているのは、この作品だけなんじゃないだろうか。

 

この女王陛下の007の作品の大きく違っているのと同時に最高の見所だよね。

        

     

 

スパイ道具は、出てこなくとも他の見所たくさん。

 スパイ道具は、殆ど出てこない。

一応金庫破る時とかスパイ道具が出てきたりするんだけども、明らかに他の作品に比べて少ない。

ボンドカーも出てこなかったし。

でも見所は、たくさんあるんだ。

 

ブロフェルドとの対決やスキーシーン、カーチェイスなどなど。

ブロフェルドとの直接対決は、これが2度目。

前作の007は2度死ぬ以来だ。

時系列的に言ったら、これが007は2度死ぬの前なんだけどね。

スキーのシーンは、ボリュームもさることながら、雪崩やスキーでの格闘戦などなかなか変わったアクションで面白かった。

雪での戦闘なんてこのシリーズでは、これが初なんじゃなかろうか。

007シリーズお馴染みのカーチェイスもしっかりと用意されている。

 

色々な見所のおかげで飽きることなく楽しめたのは事実だ。

 

       

 

あの終わり方は、他の007シリーズにはない味を出している。

 この映画で何が一番良かった?と聞かれたら、あの終わり方だよね。

明らかに他の007シリーズにはないものが詰まっている。

 

007の純愛からのまさかの展開にあのラスト。

そして、前作の007は2度死ぬにつながるんだなって思うとこう何とも言えない感じで観終わってしまうんだよね。

ミスマネーペニーの密か?な気持ちも垣間見れたし、個人的には最高に好きなラストだったよ。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 テレサがプロフェルド達に殺されるのは、個人的に衝撃的だった。

 ラストボンドとテレサは幸せそうに結婚式を終え、車で走り去った。

途中車を停めてなんやかんややっている最中、横を通り過ぎる車に狙撃される。

そう、プロフェルド達だ。

それで運悪くテレサの頭を打ち抜かれ即死。

ボンドは、悲しみに暮れていた…

 

プロフェルドがマフィアの殺し方みたいなことするのは、ちょっと笑ったね。

通りすがりで狙撃とかなかなかだよ。

 

これで、一個前の007は2度死ぬにつながるんだよね。

 


 

結「女王陛下の007」注目ポイント

007シリーズ6作目の女王陛下の007の注目ポイントは、4つある。

 

  1. ジェームズボンドが武闘派に。
  2. 007シリーズではなかなかみない!?スパイ×ラブストーリー。
  3. 終わり方がシリーズ最高に良い。
  4. ブロフェルドとの直接対決。

 

特徴として待ちに待ったブロフェルド戦に加え、純愛チックなラブストーリー要素もあるぞ。

 

・「女王陛下の007」の注目ポイント1)ジェームズボンドが武闘派に。

今作のジェームズボンドは、腕っ節がめっちゃ強い。

殴るモーションとかショーンコネリーボンドに比べて勢いがまるで違う。

「こいつ…マジで殴ってんじゃね?」ってくらいの勢い。

個人的には、この感じ好きでした。

 

 

・「女王陛下の007」の注目ポイント2)007シリーズではなかなかみない!?スパイ×ラブストーリー。

女ったらしで、大体の女性を誘惑して手玉に出来る。

だが、今作のボンドは、ある女性にゾッコンなんだ。

それがテレサって女性。

そのテレサのゾッコン具合は、さながらラブストーリー。

それに007のスパイアクションが加わり、今までにない作品に仕上がっている。

 

 

・「女王陛下の007」の注目ポイント3)終わり方がシリーズ最高に良い。

感想でも書いたが、終わり方がとても良い。

衝撃の展開と哀愁を感じられるラストは、シリーズ内でも1、2を争う良い終わり方だ。

 

 

・「女王陛下の007」の注目ポイント4)ブロフェルドとの直接対決。

待ちに待ったブロフェルドとの対決。

ブロフェルドの巧妙な手口としぶとさは、さすがはボスだ。

その他にもスキーアクションやカーチェイス、クライマックスのボブスレーのアクションと見所もたくさんだ。