菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)アフリカ産の報われなさすぎる兄弟の鬱映画…Netflix映画アマンドラ(感想)

    

アフリカ産の報われなさすぎる兄弟の鬱映画…Netflix映画アマンドラ(感想)

 

感想評価)アフリカ産の報われなさすぎる兄弟の鬱映画…Netflix映画アマンドラ(感想)

感想評価)アフリカ産の報われなさすぎる兄弟の鬱映画…Netflix映画アマンドラ(感想)

ネットフリックス公式サイトのアマンドラの作品情報より引用

 (C)2022 Arlo the Alligator Boy Netflix.All Rights Reserved

 

冒頭30分で両親が死に、クライマックスもバットエンドというべき終わり方。

観ていて重たすぎると感じるアフリカ映画。

終始報われない主人公兄弟。

出てくる登場人物がことごとく不幸になる様は、観ていて辛くなるというもの…

 

 

 

キャスト

レモハン・ツィパ
タビソ・マソティ
ターボ・ラメッツィ
バレ・マシニニ
イスラエル・マツェケ=ズールー
ンコビレ・シパムラ

あらすじ~

子供の頃の悲劇を生き延びた兄弟は、表の世界と裏の世界で別々の道を歩み始める。2人はギャング絡みの犯罪に巻き込まれ、信念と兄弟のきずなを試されてゆく。

 

ネットフリックス公式サイトのアマンドラの作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Amandla

上映時間、106分

監督

ネリーナ・デ・イェーガー

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

報われなさ過ぎて辛い…まぁまぁな映画。

俗にいう鬱映画だろう。

冒頭30分で両親が死に、クライマックスもバットエンドというべき終わり方。

観ていて重たすぎると感じたね。

 

舞台は何処か分からないが、アフリカっぽい。

街並みがちょっとケープタウンっぽい感じがする。

時代も明確には話されてないが、1960年代とかなのだろう。

 

良い人が極端に少ない鬼畜仕様。

大家さんは家賃を鬼のごとくせびる。

子守だいも時間単位でせしめる鬼畜仕様ときた。

この兄弟だれも知り合いがいないようで、最後の最後まで人に裏切られ、酷い仕打ちをされてきた。

 

最後に頼れるのは、兄弟だけということ。

どんな時でも頼れるのは、兄弟。

どん底で人の道から外れてもたった一人の兄弟だから、命がけで守ろうとする。

そんな姿に心打たれつつも悲しき最後にしょんぼりとしてしまった。

 

特徴)

  • 救われない兄弟の物語。
  • オチも内容も重たすぎる。
救われない兄弟の物語。

ギャングたちに目をつけられ、強盗にレ〇プ、昔好きだった白人女性との衝撃的な出会い、報われないオチとこの兄弟の地獄のような生涯が語られている。

オチも内容も重たすぎる。

ギャングのやり口が鬼畜過ぎて観ていて辛い…

実際は、こんな感じなのかもしれないが、少しは映画補正があってもよかったかなと思う。

重たいドラマ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画ジューン&コピ(感想)…笑いあり!感動あり!王道の動物ストーリー - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

救われない兄弟の物語。

最初の30分で両親が白人たちに殺される。

その後、街に逃げのびた兄弟たちは懸命に生きていくが…

 

ギャングたちに目をつけられ、強盗にレ〇プ、昔好きだった白人女性との衝撃的な出会い、報われないオチとこの兄弟の地獄のような生涯が語られている。

 

たった一人の兄弟だからこそ絆は強い。

勉学が優秀だった兄、弟はとある理由でお金を稼いでいた。

ゴーストと異名をとるほどの強盗で。

その異名が最悪の結末を呼んでしまう。

 

兄弟の絆を見せるシーンが所々あるが、喧嘩や意見の食い違いもある。

ただ、最後は気持ちで繋がっていたのだろうなと思わせる最後だった。

 

 

オチも内容も重たすぎる。

最初の30分程は幼少期のお話となる。

幼少期は、家族4人で平和に暮らしていた。

詳しくは語られていないが、雇われていたか使用人みたいな感じで雇われていたのだろう。

だが、とあるお祭りで平等になるらしく、それに腹を立てた白人の若者が両親を惨殺し始める。

 

開始30分でかなりヘビーだぜ。

 

その後街に逃げて幼い兄弟2人で懸命に生きる。

ここで、時は流れ、20前後まで時は進む。

 

兄は警察官、弟は何かヤバそうな仕事…おそらく盗賊とかだろう…をやっている。

弟には奥さんがおり、妊娠している。

お金もその日暮らしで何とか生計を立てていた。

そんなある日、弟の盗賊の腕を狙って、ギャングが近寄ってくる。

 

序盤もかなりヘビーだが、後半部分もかなりヘビー。

レ〇プシーンや前半の好きだったであろう白人女性との衝撃的な出会い、クライマックスの怒涛の報われなさは、観ていて辛いの一言。

 

ギャングが無慈悲すぎる。

裏切らないようにするために仕向けた策が鬼畜すぎた。

観ていてドン引きするレベル。

その後もギャングのやり口が酷すぎて…観ていて辛い。

実際は、こんな感じなのかもしれないが、少しは映画補正があってもよかったかなと思う。