菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)まどろっこしいラブロマンス…Netflix映画名前も知らない君へ(感想)

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

まどろっこしいラブロマンス…Netflix映画名前も知らない君へ(感想)

 

感想評価)まどろっこしいラブロマンス…Netflix映画名前も知らない君へ(感想)

感想評価)まどろっこしいラブロマンス…Netflix映画名前も知らない君へ(感想)

ネットフリックス公式サイトの名前も知らない君への作品情報より引用

 (C)2021 Anonymously Yours Netflix.All Rights Reserved

 

現実世界でもチャット世界でも両思いになっていき、葛藤や嫉妬を抱えつつ、お互いの気持ちを探り合うラブロマンス映画。(メキシコ映画)

色んな違和感があるが、王道ラブロマンスが好きな人にオススメできる映画だ。

 

 

 

キャスト

アニー・カベージョ
ラルフ
エステフィ・メレジェス
ハロルド・アスアラ
アリシア・ベレス

あらすじ~

間違って届いたメッセージがきっかけで、連絡を取り合う仲になったヴァレリアとアレックス。現実世界の知り合い同士だと気付かないまま、互いに恋心を抱いてゆく。

 

ネットフリックス公式サイトの名前も知らない君への作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Anonymously Yours

上映時間、101分

監督

マリア・トーレス

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

設定と言動に違和感…まぁまぁな映画。

出会いが最悪な2人。

だが、たまたま知ったお互いの電話番号でチャットし合う、しかもお互いの名前も顔も知らない誰かとして。

 

現実世界でもチャット世界でも両思いになっていき、葛藤や嫉妬を抱えつつ、お互いの気持ちを探り合うラブロマンス映画。

 

個人的には、主人公の両親の夢を追いかけることへの心変わりや主人公の彼氏候補のクライマックスの言動など違和感がチラついた。

 

あと、いつになったら、現実世界とチャット世界の相手が一緒だということに気がつくんやとヤキモキしていた。

 

クライマックスは王道ラブロマンス好きが好きそうな展開。

 

個人的には、主人公たちの水着シーンやプロムの衣装も見所だと思っている。

 

残念な点)
  • 主人公の両親の言動に違和感。
  • 外野やメインキャラの設定ががちゅうぶらりん。

 

良かった点)

  • クライマックスは、ラブロマンス好きに刺さりそう。
主人公の両親の言動に違和感。

個人的には、ビデオメッセージだけで素直に主人公を認めてしまう両親の心変わりに違和感があった。

外野やメインキャラの設定ががちゅうぶらりん。

一部のキャラの設定が途中無くなったり、コロッと変わったりするのは、見ていて違和感を感じた。

クライマックスは、ラブロマンス好きに刺さりそう。

ラストの展開とオチは、王道のラブロマンスが好きな人は、気にいると感じた。

逆に序盤でこうなるだろうなって分かりきってしまうので、人によっては退屈してしまうだろう。

映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画ジューン&コピ(感想)…笑いあり!感動あり!王道の動物ストーリー - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

主人公の両親の言動に違和感。

映画監督を目指したい主人公は、何度説得しても認めてもらえない。

そう言うシーンがしつこいと思うほどあったが、なぜか終盤、主人公の最後の作品でメッセージとして伝えたら、素直に納得。

 

ちょっとこの辺は、違和感があった。

 

伝えていたこともビデオメッセージの内容も同じことなのに何でそんなにあっさり認めたのだろうか。

 

今まで突っぱねていたのは、本気じゃないと感じていたのだろうか?

すっごい本気だって意気込みが感じたんだが…

 

個人的には、ビデオメッセージだけで素直に主人公を認めてしまう両親の心変わりに違和感があった。

 

 

外野やメインキャラの設定ががちゅうぶらりん。

リッチーの必要性と主人公の彼氏候補の設定が上手くいかされていそうで、活かされていないように感じた。

 

リッチーは、ヤンチャキャラで、主人公の親友的な立ち位置。

最初は、主人公のボディガード気取りだったが、中盤では、悪役染みた路線になりつつ、また最初のイメージに戻る。

 

リッチーの必要性は??

 

凄い含みのあるセリフをいっぱい言うが、半分以上は、回収されていないイメージだった。

 

次に主人公の彼氏候補。

弁護士を目指すって母親の夢を押し付けられてる感があった。

序盤は、そういうイメージだったが、終盤ではどうなったかイマイチ分からん。

てか、中盤あたりから徐々に触れられなくなってきたよね。

 

一部のキャラの設定が途中無くなったり、コロッと変わったりするのは、見ていて違和感を感じた。

 

 

クライマックスは、ラブロマンス好きに刺さりそう。

ラストの展開とオチは、王道のラブロマンスが好きな人は、気にいると感じた。

逆に序盤でこうなるだろうなって分かりきってしまうので、人によっては退屈してしまうだろう。

 

クライマックスは、高校の王道展開プロムで締め括る。

主人公カップルは、最初は、反発し合っていたが、徐々に惹かれ合い恋っぽくなっていく。

 

王道展開だね。

 

ただ、その裏でお互い名前も顔も知らない誰かとしてチャットで話す。

ただ、男の方は,途中から気づく。

そこからの言動は、ちょっと違和感があったが、クライマックスには、王道が好きな人向けの展開へと落ち着いた。