菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)とっても笑える!ぶっ飛んでる悪いママさんコメディ…Netflix映画バッドママ(感想、結末)

    

とっても笑える!ぶっ飛んでる悪いママさんコメディ…Netflix映画バッドママ(感想、結末)

 

とっても笑える!ぶっ飛んでる悪いママさんコメディ…Netflix映画バッドママ(感想、結末)

とっても笑える!ぶっ飛んでる悪いママさんコメディ…Netflix映画バッドママ(感想、結末)

IMDbのバットママの作品情報より引用

 (C)2016 Bad Moms Netflix.All Rights Reserved

 

世の中のお母さんは、大変よね。

そのことが嫌と言う程分かるのがこの映画。

バッドママってタイトルからなんとなーくの予想はつく。

だが、個人的には予想以上の面白さだった。

ぶっ飛んだ笑いを提供してくれる…バッドママの感想をどうぞ。

 

 

キャスト

ミラ・クニス


クリステン・ベル


キャスリン・ハーン


アニー・マモロー


ジェイダ・ピンケット・スミス


クリスティーナ・アップルゲイト


ジェイ・ヘルナンデス

あらすじ~

 頼りにならない夫を抱え、仕事と子どもの世話に追われ疲労困憊のエイミー。

母親業の大変さについにブチ切れ、自分同様うんざり気味な母親2人と羽目を外すが…

ネットフリックス公式サイトのバッドママ作品紹介、解説欄より引用

 

解説

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の脚本家コンビ、ジョン・ルーカスとスコット・ムーアが監督・脚本を手掛け、大変すぎる母親業にうんざりした女性たちが暴走する姿を描いたコメディドラマ。

主演は「ステイ・フレンズ」のミラ・クニス

映画.comのバッドママ作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Bad Moms

上映時間、101分

監督
ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
製作
スザンヌ・トッド
ビル・ブロック
製作総指揮
マーク・カミネ
ワン・チョンジュン
ワン・チョンレイ
ジェリー・イエ
ドナルド・タン
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
オーレン・アビブ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…9/10

キャスト…7/10

 

 個人的評価…9/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

悪いママと化すエイミーとカーラとキキ

悪いママと化すエイミーとカーラとキキ

IMDbのバットママの作品情報より引用

 (C)2016 Bad Moms Netflix.All Rights Reserved

バぶっ飛んでるが相応しいママさんコメディ…面白い映画。

 ネトフリコメディの中でもかなり笑えるんじゃなかろうかこの『バットママ』。

ぶっ飛び具合に加え、笑いのツボに結構入って…面白かった。

ブラックコメディとかではないので、グロいシーンもなく、一応ベットシーンはあるが、エロいシーンというのも殆どない。

正統派なコメディって言ったらいいのかな。

子供…とは観るには気まずい映画ではあるが、特にお母さんが観ると笑えて、最後にはちょっとした感動や共感を得られる良い映画だぞ。

 

因みにエンドロールも『バッドママ』らしい楽しめるようになってるので、お見逃しなく。

 

随所随所で笑えたのが良い。

微下ネタ的な話や子供をネタにしたような母親あるあるの話など色んな種類の笑えるような話が散らばっていて、それが個人的にツボに入った。

 

コメディの中でもいい意味でぶっ飛んでる。

お母さんじゃないけど、こんな自由に振舞えたらどれだけいいのになぁ…なんて思っちゃう。

 

何処の国のPTAもめんどくさいのかな…

日本もアメリカもPTAはめんどくさそうだなぁって感じたね。

 

笑えるコメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.8

映画.com 4.1

 

この評価を見て分かる通り、みんなかなり面白いとかんじているよう。

母は偉大、テンポが良い、重くなくて楽しめると言った事が多く、殆ど低評価の意見がない作品だ。

 

高評価の意見としては…

 テンポが良い、重くなくて楽しめる

低評価の意見としては…

 少し下品、多少都合が良すぎる

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓      

忍び寄るPTA会長のグウェンドリン・ジェームズ

忍び寄るPTA会長のグウェンドリン・ジェームズ

IMDbのバットママの作品情報より引用

 (C)2016 Bad Moms Netflix.All Rights Reserved

随所随所で笑えたのが良い。

 100分程の尺で所々笑える箇所があるのが良い。

微下ネタ的な話や子供をネタにしたような母親あるあるの話など色んな種類の笑えるような話が散らばっていて、それが個人的にツボに入った。

割合的に言うと半分近くは笑えるような話なんじゃないだろうか笑

簡単に笑える点が良かったところを紹介するぞ。

 

  1. 映画ネタを挟む。
  2. 子供の笑い話が結構ツボ。
  3. ママ共の飲み会がただただ笑える。

 

一部具体的な話が出てきちゃっているのが、この3つが主なところだね。

映画ネタは、数は少ないながらも所々差し込まれていて、映画好きも笑える仕様になっているぞ。

映画ネタに使われる映画自体も有名どころばかりなので、そこまで知らない…って人でもわかるネタだ。

 

個人的に子供の笑い話はツボった。

みんなこんな個性豊かな子供なんだろうかね笑

笑いのネタにしているが、不快な感じはしない…そこからにじみ出る愛情がでてきているから。

ネタにした後号泣していたのは、さすがに「情緒不安定かよw」って突っ込みたくなったよ。

 

ママ友の飲み会は…想像の斜め上過ぎてびっくりしてたね。

これが海外か…と言わんばかりの全てがワールド級

色々ツッコミたくなるけど…これはコメディ!突っ込めるくらいがちょうどいいと思ってみています。

 

と長々と書いたが、結局言いたいことは、滅茶苦茶笑えたこと。

特にお母さんが観るとかなりハマること間違いなしだ。

       

     

 

コメディの中でもいい意味でぶっ飛んでる。

 笑いが5割だとしたら残り4割がぶっ飛んでる感じの要素、他1割がその他と言った感じ。

言うなればぶっ飛んでる笑い9割って感じなのかな。

タイトルからして『バットママ』なんで完璧を求めようとしたお母さんが悪いお母さんへと変貌する。

その変貌具合がマジでぶっ飛んでいる。

最初は小さなことから初めて…徐々に大きな?いやド派手になっていく。

詳しいシーンは、ここでは控えるね…言っちゃうと面白さ半減しちゃいそうだし。

 

お母さんじゃないけど、こんな自由に振舞えたらどれだけいいのになぁ…なんて思っちゃう。

         

 

何処の国のPTAもめんどくさいのかな…

 コメディだけど、純粋に思ったことだ。

これはアメリカ?が舞台だろうが、PTAの集会が定期的にあり、出し物的なものが結構頻繁にある。

 

アメリカは、日本より物騒だから送り迎えをすることが多いんだって。

その分、登下校は親の送り迎えかスクールバスがかなり多い。

この『バットママ』の映画内でもお母さんたちが送り迎えをしていた。

それに加え、休みの日は謎のクッキーを手作りでやる出し物をしなきゃらないないと来た。

平日の夜にはPTAの集会があるわで…なんてめんどくさいんだろう…

日本もアメリカもPTAはめんどくさそうだなぁって感じたね。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

どのお母さんもぶっ飛んでてビックリするわ!

PTA会長選挙や他のシーンでお母さん方が子供の事について衝撃的な暴露をする。

カーラのシーンが息子がバターそのまま食うのは、笑ったw

子供が寝ないからって睡眠薬飲ませるのは、マジでぶっ飛んでると思ったわ。

てか、PTAに寂しいからって、部外者が参加してるなは、笑う。

色々ガバガバやん。

 

とお母さんのぶっ飛んでる感がとっても笑える。

これは、ほんの一部なんだから驚き。

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

エイミー・ミッチェル(今作の主人公)
カーラ・ダンクラー (おっきな子で野球一筋の子を持つシングルマザー)
キキ(3人の子供を持つ母で、夫が全く手伝ってくれない)

グウェンドリン・ジェームズ(PTA会長)

 

グウェンドリンに会長選挙に勝ち、万事解決。

エイミーは、仕事に家事に学校行事とキャパシティを超えていた。

そこに旦那の浮気が発覚して、頑張りすぎるのをやめた…そう、バッドママになった。

 

仕事も家事も学校行事も頑張り過ぎないようにした。

キキとカーラと仲良くなり、楽しく過ごしていたが、グウェンドリンに目をつけられた。

このままじゃいかんとエイミーは、PTAに立候補

グウェンドリンの嫌がらせ(エイミーの娘を控えにさせたり、ロッカーに麻薬を入れたりした)

エイミーは、娘たちに怒られて父の元へ。

父とは、離婚間近の別居中。

PTA会長選挙を諦めてと時、キキたちに励まされ、選挙へ。

母の苦労を絡ませ、行事を減らす事を出しにグウェンドリンに勝った。

グウェンドリンと和解して、娘さんたちと平和な暮らしをした。

 


 目次へ戻る