菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)スリラー風の怖くないホラー映画…Netflix映画ブーブル(感想、結末)

    

スリラー風の怖くないホラー映画…Netflix映画ブーブル(感想、結末)

 

ブーブル

ブーブル

ネットフリックス公式サイトのブーブルの作品情報より引用

 (C)2020 Bulbbul Netflix.All Rights Reserved

 

あらすじの内容から化け物系のスプラッターものだと思った。

だが、蓋を開けてみれば、ホラーなのかスリラーなのかよく分からない作品になっていた。

サスペンスらしいのだが、サスペンスらしさもなく、怖さも全くなかった。

 

 

キャスト

トリプティ・ディムリ


アビナッシュティワリー


パオリダム


ラフル・ボース

あらすじ~

 幼くして嫁いだ後、悲しい過去の記憶を秘めたまま領主夫人へと成長した女。だが、彼女が治める村では、男性ばかりが殺害される不可思議な事件が起こっていた。

 

ネットフリックス公式サイトのブーブル作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Bulbbul

上映時間、94分

監督
アンビタ・ダット

脚本
アンビタ・ダット
製作
アヌシュ
カシャルマカルネシュシャルマ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…4/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…4/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

空飛ぶ魔女!?

空飛ぶ魔女!?

ネットフリックス公式サイトのブーブルの作品情報より引用

 (C)2020 Bulbbul Netflix.All Rights Reserved

サスペンスらしいけど、色々ごちゃ混ぜ感…微妙な映画。 

ジャンルは、サスペンスということだが、グロもありつつ、ホラー感やスリラーの緊張感が微妙なんだ。

醸し出そうとしているんだが、いまひとつとなっている。

 

それにあらすじにある悲しい過去が人によっては、胸糞悪くなる。

特に見所もなく、残念でした。

 

 

スリラー?ホラー?にしても全く怖くないぞ…

冒頭の魔女要素にあのラストからしてホラー?でも、そんなに怖くない。

スリラー?という感じでもなさそう…答えはサスペンス。

サスペンス要素どこだよ笑

 

見所、魅力が感じられない。

見終わって、思い返したところ…魅力と見所が無かった。

そもそも印象が薄い。

 

全ては、ロリコン野郎が悪いんだ。

全ての元凶は、40過ぎのオッサンが幼稚園か小学校低学年の子を嫁にもらったことだ。

控えめに言ってキモい…

 

 

インド映画のスリラー風サスペンスを観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス なし

映画.com なし

 現状、2つとものレビューサイトに項目がありませんでした。

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

スリラー?ホラー?にしても全く怖くないぞ… 

個人的に途中からどっちかな?って思いながら観ていた。

 

「この映画って、スリラーなのかホラーなのかどっちつかずだよね。」

「ちなみにこのジャンルは、サスペンスのくくりらしいよ笑」

 

自分が観ている最中これってスリラーなのだろうか?ホラーなのだろうか?と思いながら観ていた。

冒頭から魔女要素で、化け物系ホラーの雰囲気を醸し出していた。

これがホラーなんだろうか?と感じた理由。

 

ただ、その割にはホラー的な怖さがない。

夜になると、赤暗くなり、月も何故か赤くなる。

その辺は、スリラーのような不安感を煽らせたい?と感じた。

 

あれ?どっちなんじゃ??

ネトフリ公式のジャンル欄には、まさかのサスペンスだった。

え?サスペンス…??

 

因みに終わり方からすると、ホラーよりにしたい感じがあった。

その割には…全く怖くないんだよなぁ…

       

     

 

見所、魅力が感じられない。

観ていて魅力や見所が見つからない。

インド映画なら、キャストが美人と感じたりする。

まぁ、確かに美人ではあるが、美人が売りって感じでもない。

てっきり悲惨な過去から闇落ちの化け物に変貌パターンかなって思ったけど、なんだか違う。

内容もパッとせず、見所や魅力を探したんだが、見つからないんだ…

 

色々痛々しいシーンがある。

あらすじの悲惨な過去の部分だ。

スプラッター系のそれと比較したら、大したことないが、苦手な人は注意が必要だ。

         

 

全ては、ロリコン野郎が悪いんだ。

明らかに幼稚園もしくは、小学校低学年だろって子供がオッサンと結婚する。

まぁ、正直言って、完全にロリコン臭がしてキモい。

この辺、女性にキモがられる、絶対笑

その後もこの家に無理やり嫁がされたから、色んな不幸が待っている。

 

いや、待てよ?全ては、あのロリコン野郎が悪いんじゃねぇか!?

 

そもそもちょっとおかしいからって、あんな暴挙許されないだろうよ。

ネトフリのインド映画は、レ◯プ要素が異常に高いんだよ。

確かにその手の犯罪が多いのは知っているが、男の自分からしても、今回の作品は、酷かったね。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ラストのあの魔女感だすの遅くね??

一番最後に炎の灰から元の姿へと戻った。

いやいや、遅くね?

どうせならもっと早く魔女感出してもらえればもっと面白い感じになったのに…

 

ずっとよく分からない恐怖を与えようとしていたが、冒頭で魔女ってでてるから、なんとなく予想される。

しかも、襲われる描写もあまりなく、怖いシーンも皆無。

ちょっと期待してたんだがなぁ…

 

 

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

 ブーブル(悲惨な過去を持つ、魔女っぽい感じ)

 

ブーブルは、結局魔女になって不死身になった。

ブーブルの悲しい過去。

幼少期にブーブルは、領主の元へ嫁がされた。

その後大きくなり、幼馴染みのサヴィヤはロンドンに行ってしまう。

好きになっていたブーブルは、ショックを受ける。

それを知った領主の弟は、なぜかブーブルの足を粉々にする。

その後、レ◯プし、死なせるが、何故か生き返った。

 

サヴィヤが故郷に帰った時、悲惨な殺人事件が多発。

その調査をするに従って、人間の男性の仕業だと予想。

それで、目をつけたのが、領主のかかりつけ医。

続く殺人事件、捉えて連行途中に馬車の従者が惨殺された。

これで、かかりつけ医の仕業は、皆無になった。(目の前にいたから)

 

サヴィヤは、外を警戒していた時、魔女(ブーブル)を発見。

銃で応戦するも逃げられる。

その時、松明の火が周りの草に燃え広がる。

その後、かかりつけ医の話や今までの話の歯車が噛み合い、犯人がブーブルと分かった。

そして、ブーブルは、燃える森の中死んだ。

だが、その1ヶ月にまた復活したのだった…

 

 


 目次へ戻る