菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)レトロゲームが現実に作用するB級ホラー映画…Netflix映画チューズ・オア・ダイ恐怖のサバイバルゲーム(感想)

    

アレトロゲームが現実に作用するB級ホラー映画…Netflix映画チューズ・オア・ダイ恐怖のサバイバルゲーム(感想)

 

感想評価)レトロゲームが現実に作用するB級ホラー映画…Netflix映画チューズ・オア・ダイ恐怖のサバイバルゲーム(感想)

感想評価)レトロゲームが現実に作用するB級ホラー映画…Netflix映画チューズ・オア・ダイ恐怖のサバイバルゲーム(感想)

ネットフリックス公式サイトのチューズ・オア・ダイ: 恐怖のサバイバルゲームの作品情報より引用

 (C)2022 Choose or Die Netflix.All Rights Reserved

 

選択制のゲームが現実に作用するB級ホラー映画。

レトロな機材が多数でてくる上、内容もB級ホラーとマニアック路線全開だ。

 

 

 

キャスト

アイオラ・エヴァンス

エイサ・バターフィールド

エディ・マーサン

ロバート・イングランド

ライアン・ゲイジ

ケイト・フリートウッド

アンジェラ・グリフィン

ジョー・ボランド

あらすじ~

高額賞金に目がくらみ、80年代の古い謎めいたゲームをリブートした2人の友人同士。だがその先に待ち受けていたのは、想像を絶する恐ろしい世界だった...。
 

アイオラ・エヴァンスと「セックス・エデュケーション」のエイサ・バターフィールド出演。トビー・ミーキンズ監督のホラースリラー。

 

ネットフリックス公式サイトのチューズ・オア・ダイ: 恐怖のサバイバルゲームの作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Choose or Die

上映時間、85分

監督

トビー・ミーキンズ

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

怖さランク…0.5/6

 

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

B級ホラー映画あるあるが詰まった作品…まぁまぁな映画。

 

  1. 変わった設定×ホラー映画。
  2. 最初の今後のストーリーと関係ない人が見せしめの犠牲になる。
  3. 中盤、元凶のルーツを探る&相方もしくは仲間の死亡フラグ
  4. 序盤がクライマックスで、終盤が盛り下がる展開。
  5. まだまだ続くぜ!って終わり方。

 

B級好きなら、あるあるだわ!っと頷いてしまいたくなるような5つの項目。

全てこの映画に詰まっていて、見ながらちょっと笑ってしまった。

 

選択制のゲームが現実に作用するホラー映画で、変わった設定以外あまり見所はない。

怖さもほとんどなく、グロはまぁまぁ多め。

ただ、レトロな機材が多数でてくる上、内容もB級ホラーとマニアック路線全開。

 

コアなファンを狙ったホラー映画だ。

 

特徴)

  • ゲームが現実に作用するB級ホラー。
  • 痛々しい系のホラーで、怖くない。

 

ゲームが現実に作用するB級ホラー。

ちょっと変わった設定とホラーの組み合わせは、一定数のB級好きに刺さりそうな内容だ。

痛々しい系のホラーで、怖くない。

ホラー演出的に良いシーンもあったが、イメージ的には前半部分がクライマックス感が強いね。

映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のB級ホラー映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画群がり(感想)…殺人イナゴの暴走 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画漆黒の井戸の底から(感想)…亡霊もっと気合いを入れろ! - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画デイ・オブ・ザ・ロード(感想、その他)…悪魔払いという名の物理 - 菊飛movie

 

Netflix映画殺人ホテル(感想)…猟奇的な雰囲気が最高なホラー映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヴァンパイアVSザブロンクス(感想、その他)…ヴァンパイア系B級映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画荒れ野(感想)…恐怖を喰らうパニック風ホラー - 菊飛movie

他B級ホラー映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

ゲームが現実に作用するB級ホラー。

たまたま手に入れたレトロなゲームが実は現実に作用するホラー映画。

ちょっと変わった設定+90分枠のホラーは、たくさんある。

B級ホラー好きは気にいる作品。

 

ゲームの内容は、選択させて、話が進む。

シュミレーション系のやつだ。

面白いのがそれが現実として起こるということ。

今やった行動が現実に作用して、高確率で誰か犠牲になる。

 

この過程がこの映画の見所。

逆にB級映画あまり興味ないんだよなぁって人は、オススメできないね。

 

 

痛々しい系のホラーで、怖くない。

心霊系ではなく、分類的には超常現象系。

驚かせるというよりも、痛々しい演出のホラー。

怖さは皆無だった。

 

ゲームが現実に作用する設定が1番の見どころで、肝心の怖さが全くついてこなかったは、ちょっと残念。

 

ただ、ゲームのレトロ感はとても好き。

ファミコン時代を彷彿とさせるゲームは、ドット絵好きにはたまらない。

あと、当時のネット接続やら色んな懐かしい設定も聞けてる。

 

殺し方やホラー演出は、まぁまぁだ。

最初は、目新しさがあったが、中盤は少しだらけた。

途中の赤青の扉のシーンは、良い感じだったが、その後は、主人公の過去話の回収に振り切ってしまって、怖さ半減。

 

終盤は、怖さというよりもスリラーのクライマックス風になってしまい、ちょっと戸惑った。

 

ホラー演出的に良いシーンもあったが、イメージ的には前半部分がクライマックス感が強いね。