菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)メキシコで実際に起きた同性愛者の悲劇…Netflix映画ダンス・オブ・41(感想)

    

メキシコで実際に起きた同性愛者の悲劇…Netflix映画ダンス・オブ・41(感想)

 

メキシコで実際に起きた同性愛者の悲劇…Netflix映画ダンス・オブ・41(感想)

メキシコで実際に起きた同性愛者の悲劇…Netflix映画ダンス・オブ・41(感想)

ネットフリックス公式サイトのダンス・オブ・41の作品情報より引用

 (C)2021 Dance of the 41 Netflix.All Rights Reserved

1900年ごろに実際に起きたスキャンダルを映画化したもの。

41人の舞踏会というもので、男性の同性愛者たちの悲劇が描かれている。

メキシコでは、かなり有名な歴史のスキャンダルらしく、当時の大統領の義理の息子も絡んでいることから、かなり騒々しいものとなった。

その感想と最後に観た後に読みたいその歴史について解説するぞ。

 

 

キャスト

アルフォンソ・ヘレラ
エミリアーノ・スリータ
マベル・カデナ
フェルナンド・ベセリル
パウリーナ・アルバレス・ムニョス

あらすじ~

メキシコ大統領の娘と結婚した議員は、実は同性愛者。秘密クラブで若い男と密会を重ねていたが、やがてスキャンダルが発覚する。実話に基づく作品。

 

ネットフリックス公式サイトのダンス・オブ・41の作品紹介、解説欄より引用

 

 目次へ戻る

www.youtube.com

原題、Dance of the 41

上映時間、99分

監督

ダビド・パブロス

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

実際にあった同性愛者たちの悲劇…まぁまぁな映画。

41人の舞踏会の事件を題材にした映画。

1900年初頭の時代。

まだ、奴隷制度がバリバリ現役で、同性愛者=異常者が社会的常識であった時代。

そんな時代に同性愛者たちが密かに会って、舞台とか食事などを楽しんでいる。

 

オチを知らずに観ると、かなり衝撃的。

今じゃ考えられないことが起きており、まさに異常。

ラスト20分くらいから、急展開になるぞ。

 

主人公とその奥さんのやり取りもかなりのもの。

すぐ奥さんに同性愛者とバレる。

そこからの奥さんとの関係がかなり怖い。

子供が欲しい奥さんに行為をしたくない夫。

他所に好きな男性がいるんだもん。

夫婦間の争いは、観ていてソワソワしてしまった。

 

同性愛者たちの行為が生々しかったりする。

乱○パーティとかしてるシーンとかしっかり再現されている。

局部も丸見えで、なかなか辛いものがあった。

意外とそういうシーンが多かったね。

 

面白い!とかじゃなくて、教養として知っときたい作品。

「いやー、面白かった!」ってより、歴史の勉強として観ておきたい作品なので、面白いって評価ではなく、まぁまぁにした。

話の構成も至って普通だったしね。

100分くらいなので、こんなことがあったのかと知るために観るといい作品。

 

嘘だろ?衝撃の実話にビビる。

個人的に史実を知らずに観た自分にとっては、映画が終わった後、( ゚д゚)ポカーンとなってしまった。

生々しいシーンがある。

ライトな同性愛映画ならば、そういう行為は、やんわり隠すのだが、この作品は、モロだし。

同性愛者系の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画時の面影(感想、その他)…色々と詰め込み過ぎな考古学映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画夜の伝説マダムクロード(感想、その他)…ネトフリ映画1、2を争うベッドシーンの多さ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画彼女の告発(感想、その他)…ナイジェリアで実際に起こった事件 - 菊飛movie

 

Netflix映画シカゴ7裁判(感想評価、その他)…この事実よ全世界に届け - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

どんな映画?)20世紀初頭のメキシコで起こった同性愛者たちの事件。

舞台は、メキシコ。

1900年の何年か前から1901年11月17日のメキシコで実際に起きた事件までを映画化したもの。

 

1900年頃といえば、電化製品がちらほら発明されたり、ブラウン管やらラジオなど電気系がバンバン発明されている。

まだ、車は主流ではなく、馬車が走っている。

 

メキシコ大統領の娘と結婚した議員の主人公。

実は、同性愛者だった。

後に41人の舞踏会に入ることとなる。

そして、運命の男性とも出会い、その舞踏会に入れることとなる。

 

基本、同性愛者のラブロマンスだが、時代は1900年代。

もっと先の時代ですら、同性愛者だと分かったら、精神病院にぶち込まれてしまうほど。

発覚したら、何されるか分からないってやつだ。

そこで、危険と隣り合わせで、行われた密会の話だ。

 

嘘だろ?衝撃の実話にビビる。

 前半部分は、お偉いさんの主人公と男性の恋物語

そして、41人の舞踏会に入って、愛を育んでいる同性愛のラブロマンス。

 

ただ、ラスト付近20分あたりから急展開となる。

個人的に史実を知らずに観た自分にとっては、映画が終わった後、( ゚д゚)ポカーンとなってしまった。

映画的に悪い意味でなくて、あまりにも衝撃的過ぎて、こんなことがあったのか!?みたいな意味だ。

 

実際、映画でやっていたようなオチが行われていたかどうかは、不明だが、それに近いものがあったらしい。

映画の時代的にも1900年代とか100年近く前の話だから、そういう理解がなかったのもしょうがない。

まだ、奴隷とかがあった時代だしね。

それでもあのラストは、かなりのインパクトであった…

 

 

生々しいシーンがある。

同性愛者の映画で、下のシーンがある場合が多い。

この映画でもかなりの頻度でそういうシーンがある。

ライトな同性愛映画ならば、そういう行為は、やんわり隠すのだが、この作品は、モロだし。

ガッツリ全体像を写したり、行為中も当然出てくる。

 

その辺は、やはり少々キツいものがあったかな。

かなりそういうシーンがあるので、注意が必要だ。

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

ラストは、警察に捕まり、主人公以外は市民にリンチ。

警察にバレて、風紀を乱した?だかでなぜか逮捕される。

全員で42人だが、主人公は除外された。

大統領の娘の婿で、議員だからだ。

 

その他41人は、市民の前に晒されて、市民からは罵声と暴力。

集団リンチだよね。

その後、何処かに移送された。

最後に主人公が愛した男性の行く末だけ知らされ終わる。

 

死んだとのこと。

死因などは分からない。

 

そして、主人公が涙して終わる。

容赦なさすぎだろ。

市民の前に逮捕した時の姿のまま晒して、罵声&暴行は、観ててかなり心が痛い。

改めて、恐ろしい時代だなぁと感じたね…

 

「ダンス・オブ・41」観た後に読みたい歴史の勉強

41人の舞踏会は、1901年11月17日に警察がほんとうに逮捕した事件。

ただ、これには裏があるんだ。

 

41人の舞踏会って名前の真実

映画を観た人は、分かっただろうが、改めて解説するよ。

 

元々42人のメンバーがおり、逮捕されたのは41人。

そう、主人公は逮捕されなかった。

メキシコの大統領の娘の夫なので、大統領の名誉的なところで、逮捕を逃れたのだ。

 

その他の41人も息子が有名な会社の社長やら俳優、作家など結構著名な人が多かったみたい。

 

逮捕された人々は、有罪判決を受けて軍に徴兵され、カースト戦争がまだ行われているユカタンに送られた。

だけど、お金を払ってユカタン送りを逃れた人が多く、実際12人しか送られてないみたい。

カースト戦争とは、メキシコであった先住民との戦争。

完全に不当な逮捕なのに、こんな罰を与えていたんだ。

 

改めて、異常さが分かるだろう。

 

その後、41と42の数字は、同性愛を象徴する数字に…

1960年代のエッセイで、41という数字がタブーになったり、最近でもこの数字には、メキシコ人は敏感みたい。

この事件とその数は、報道だけでなく、彫刻、風刺、戯曲、文学、絵画など色んな媒体で広く知られることとなった。