菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価) すごいミュージカルしている…Netflix映画ドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア(感想)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

すごいミュージカルしている…Netflix映画ドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア(感想)

 

ドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア

ドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア

ネットフリックス公式サイトのドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエアの作品情報より引用

 (C)2020 Dolly Parton’s Christmas on the Square Netflix.All Rights Reserved

 ラ・ラ・ランドとかは意外とハマったミュージカルが苦手な筆者が正統派?ミュージカルのこの映画を鑑賞してみた。

正統派だと感じたのは、ラ・ラ・ランドとは比較にならないほどのミュージカルシーンが多いという事。

大体映画の半分くらいがそうなんじゃなかろうか笑

その正統派ミュージカルと感じた「ドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア」の感想をどうぞ。

 

 

キャスト

ドリー・パートン
クリスティーン・バランスキー
トリート・ウィリアムズ
ジェニファー・ルイス
ジョシュ・セガーラ
ジャニーン・メイソン
メアリー・レイン・ハスケル

あらすじ~

 クリスマスムードただよう町につきつけられた、立ち退き通告。故郷の町の売却を決めた冷たい女性の心を、音楽と魔法、そして温かな思い出が変えていく。

 

ネットフリックス公式サイトのドリー・パートンのクリスマス・オン・ザ・スクエア作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

原題、Dolly Parton’s Christmas on the Square

上映時間、98分

監督

 デビー・アレン

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…5/10

キャスト…7/10

 

 個人的評価…5/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

ミュージカル苦手勢にはハマらなかった…微妙な映画。

 ミュージカルがあんまり得意じゃないと感じていたんだが、その理由がこの映画で分かった気がする。

歌いながらセリフを言われると、内容が入ってこなくなるんだ笑

この映画は、尺の半分近くかそれ以上歌っている…ミュージカルパートだ。

歌を聴き、楽しみながら、映像を楽しみ、セリフを頭に入れる…

意外とやることが多い気がして、歌ばかり楽しんでしまった。

頑張って思い返してみたら、そこまで深いストーリーでもないかったんだけどね。

 

特にドリーパートンの歌唱力とヘアスタイリストの歌唱力が凄まじかった。

観ながらつい「すげ~」なんて思ってしまう程。

他のミュージカル映画は、殆ど観たことないから、比較ってのができないけど、ミュージカル嫌いからしたら、微妙だなって感じる映画でした。

 

 尺の半分近くは歌って踊ってる。
冒頭10分近くかそれ以上歌っていて、「これ、ずっと歌ってるんじゃないだろうなぁ」なんて心配しちゃうほど。
ドリー・パートンなど一部凄い歌唱力に驚き。
数人凄い歌唱力を秘めた人がいる…まぁ、それもそうか、本物の歌手が出演しているんだもん笑。
ずっと歌われてると内容がはいってこないんだよね笑。
歌の内容の歌詞が普通に話している時と比べて、入ってこなかった。

 

ミュージカル映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

尺の半分近くは歌って踊ってる。

冒頭10分近くかそれ以上歌っていて、「これ、ずっと歌ってるんじゃないだろうなぁ」なんて心配しちゃうほど。

体感的に映画内の半分くらいはずーっと歌っているんだよ。

これがミュージカルというやつなのか…永遠と歌とおどりを見せつけられている。

 

特に内容は平凡的なせいかすっごい内容が覚えていない。

印象に残っているといえば、たまにすっごい歌唱力に驚かされるくらいだ。

ミュージカルが苦手な人は、ハマらない可能性が高いぞ。 

     

 

ドリー・パートンなど一部凄い歌唱力に驚き。

ドリー・パートンは本物の歌手で、映画内では天使役だ。

たまに歌うんだが、そこは流石というべき。

他とは違う歌唱力を見せつけられた。

他には、ヘアスタイリストの女性が迫力のある歌唱力を持っていた。

イメージ的には「天使にラブソングを」を彷彿とさせてくれる。

 

歌に関しては、とても良かったと感じたよ。

         

 

ずっと歌われてると内容がはいってこないんだよね笑。

ずっと歌われていると内容が一部入ってこないんだよね。

歌の内容の歌詞が普通に話している時と比べて、入ってこなかった。

多分、これもあって内容があまり印象的ではないと感じたんだろう。

映画内の半分近くそんなんだから、内容が薄くなるのもしょうがないね。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

天使になれるんだ笑

ドリー・パートンが天使役として逐一市長に出てきたりする。

てか、市長の秘書を天使として引き抜くんじゃない。

運転中に天使が邪魔したりと意外と天使なりふりかまっていなかった笑

天使の出てくるタイミングがもうホラーのクリーチャーと同じやり口なのもちょっと笑ってしまった。

意外なところで楽しめた菊飛でした。