菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ドイツ初のヒーロー映画…Netflix映画ママは世直しヒーロー(感想)

    

ドイツ初のヒーロー映画…Netflix映画ママは世直しヒーロー(感想)

 

ママは世直しヒーロー

ママは世直しヒーロー

ネットフリックス公式サイトのママは世直しヒーローの作品情報より引用

 (C)2020 Freaks: You're One of Us Netflix.All Rights Reserved

 

ドイツ初のヒーロー映画。

元々能力が備わっている主人公がとある薬で能力を抑えて幸せに過ごしていた矢先…浮浪者に謎な事を言われて…

そんなあらすじなんだが、あらすじと設定でかなり期待していた作品。

だが、実際能力者は3人ほどしか能力を発動しておらず、クライマックスも微妙であった…

 

 

キャスト

コルネリア・グレーシェル

ティム・オリヴァー・シュルツ

ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

ニーナ・クンツェンドルフ

フレデリック・リンケマン

フィンライ・ベルガー

ギザ・フレイク

ラルフ・ハーフォース

テルマ・ブアベン

あらすじ~

 謎の浮浪者の話から、自分には超人的な力があり、仲間までいることを知ったレストランで働く気弱な女性。だがその裏には、大がかりで恐ろしい陰謀が隠されていた。

 

ネットフリックス公式サイトのママは世直しヒーロー作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Freaks: You're One of Us

上映時間、92分

監督

 フェリックスバインダー

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

ヒーローものだが、アクションが少ないのが難点…まぁまぁな映画。

 個人的にはかなり期待していた作品であるが、評価は低めとなっている。

その理由は、アクションというアクションが少ないこと。

アクションシーンはあるにはあるが、迫力がないんだ。

クライマックスなんて特になかった。

アクションもののヒーロー映画では、かなり致命的だよね…

 

ただ、評価できる点もある。

そもそも特殊能力の要素自体好みの人が多いんじゃないだろうか。

自分もその一人。

他には、その能力で悪者…モラルの無い人とかを黙らせるシーンとかスカッとして良かった。

途中調子に乗るところとかこういうヒーロー系映画のあるあるを辿っていて、期待できたんだ。

 

最後に…邦題がおかしい気がするぞ。

そもそも世直し要素があんまりないし、私利私欲に走ってる傾向があるぞ笑

 

予想以上にアクションしてなかった。
能力者VS能力者のバチバチしたアクションを期待していたんが、そこまで良いアクションはなかった…
よくある設定でも人気のある設定ってあるよね。
ちょっとクライマックスが残念だったが、途中の感じとかとても良かったのは確かだ。
続編の臭いがする…色々と謎が多い終わり方。
他の仲間のことや薬を作っていた組織についてなど続編に繋げれそうな伏線も多数あったぞ。

 

 

ヒーローものの映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス なし

映画.com なし

評価が溜まり次第

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のヒーロー系若しくはアクション映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画プロジェクトパワー(感想、パワーについて)…主人公側インパクトなさすぎではないか - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画オールド・ガード(感想、結末)…シャーリーズセロンが不死身の戦士に - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画タイラー・レイク 命の奪還(感想、結末)…クリヘムが送るネトフリ製作のアクション映画ベスト3に入る面白さ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ロストブレット窮地のカーチェイス(感想、結末)…整備士が主人公のアクション&カーチェイス盛沢山映画 - 菊飛movie

 

 

下記詳しい感想 ↓          

予想以上にアクションしてなかった。

一番残念だったのがこの部分。

思い描いていたアクションがなかったことだ。

能力者VS能力者のバチバチしたアクションを期待していたんだがね。

そこまで良いアクションはなかったんだ。

 

主人公の能力は、簡単に言うとジェシカジョーンズの能力。

怪力ってことだ。

それに加えジャンプ力もある。

出てくる能力は他に2つほどあるんだよね。

ルークケイジのような無敵の男と電気を操る能力。

出てくるのはこの3つだけと意外と少ないように感じた。

 

あるにはあるが、能力を見せるパートでのアクションが多数あるだけ。

主人公がこんな能力ありますよとか能力に酔いしれているパートとか。

そういうシーンはあったが、クライマックスが如何せん微妙であったんだ。

イメージ盛り上がる前に終わってしまった感じ。

シャザム!など他のヒーローものでは、ラストバトルはかなり盛り上がるものだ。

だが、あっさり終わってしまい、幕を閉じる。

 

この部分がもし見ごたえのあるクライマックスなら良かったんだけどなぁ…

       

     

 

よくある設定でも人気のある設定ってあるよね。

 スーパーヒーローのような能力とそれを恐れる謎の組織、そして似た能力を持つ仲間たち。

こういった設定の映画ってありきたりだけど、かなり人気のある設定だ。

この「ママは世直しヒーロー」では、ドイツ初のヒーローもの。

 

個人的にこの設定自体は凄く好きなので、かなり設定は評価していた。

途中のヒーローものの映画の「お約束」も守ってくれていた。

ちょっとクライマックスが残念だったが、途中の感じとかとても良かったのは確かだ。

 

個人的に思うのが、主人公がATMで金を巻き上げていたけど、あれ絶対に捕まる案件だろ笑

普通監視カメラとかから顔がバレるし、ATMって海外だと余計に監視カメラとかついているものなんじゃないか?

他にも薬を貰っている病院に忍び込んだりしてあんまりお咎めがないのも謎。

と途中ちょっと疑問に思うことがぽつぽつと出てくるんだ。

 

そうそう、バイト先の店長がシュワちゃんの本読んでるのなんか良かった笑

 

         

 

続編の臭いがする…色々と謎が多い終わり方。

 終わり方は続編の臭いがプンプンする。

他の仲間のことや薬を作っていた組織についてなど続編に繋げれそうな伏線も多数あった。

ただ、IMdbの評価もあんまりよくなく、続編の話が上がるのかが謎だ。

 

今作は、個人的にあんまり面白いと感じなかったが、続編が作られるとしたら、かなり期待できる。

色んな能力者が出てきて、みんなでヴィランと闘う。

今作は能力者が3人しかなく、アクションも少な目だから、能力者をバンバンだして、アクション多めにしたら絶対面白いと思う。

てか期待しているぞ笑

 

エレキマン(自称)っていう能力者がいるんだが、あのコスチュームが異常にカッコいい。

映画内だとみんなバカにしてたけど、フラッシュっぽいマークに黒、マントも付けちゃって、主人公よりもカッコいいのどうかと思った笑

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

クライマックスは、何故か主人公覚醒して倒しちゃう。

エレキマンが主人公のことに気があり、どうしても一緒になりたい感じだ。

しかも遠回しに子供作ろうぜとか言ってきている。(キモイ)

それで、主人公が施設に閉じ込められている中エレキマンは、主人公の家族に手を出す。

夫は拘束され、子供は捕虜として捕縛している。

そこに主人公登場!(クスリを飲んで能力が出せないはず)

 

エレキマンとの一騎打ちだって時、ちょっとしたエレキマンと主人公の会話をし、エレキマンが主人公に数発攻撃をあてる。

拘束されていた夫がゴム手を主人公にやる。

子供が「ママはヒーローなんや!」って叫んで、主人公がゴム手はいた手で1発殴る(何故か能力発動)

 

吹っ飛び、プールにドボン。

エレキマン倒れる。

 

え???これクライマックスなん??

まともな能力者同士の戦いがないじゃないか!