菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ブルースリーの師匠イップマンの物語…イップマン序章(感想、結末、裏話)

    

ブルースリーの師匠イップマンの物語…イップマン序章(感想、結末、裏話)

     f:id:mt594322mt:20190726171439j:plain

映画.comのイップマン序章の作品情報より引用

(C)2008 Mandarin Films Distribution Co. Ltd All Rights Reserved

 

 

 

 

 

キャスト

 

イップマン

ドニー・イェン         

 

チョウ・チンチュン

…サイモン・ヤン

 

三浦

池内博之

 

ウィンシン

…リン・ホン

 

カム・サンチャウ

…ルイス・ファン

 

あらすじ~

1935年、広東省仏山市は数多くの道場が軒を連ねる中国武術の町であった。
ここにまた1人新たな道場を開く者がいた。
泰山武術館の主、廖は仏山最強と言われる詠春拳の葉問と戦って武名を高めようとするが、軽くあしらわれる。
息も乱していない葉問に、決して立ち会いの内容を口外しないことを念押しし、廖は葉問邸を後にした。

しかし後日茶館に出かけた葉問は、店主の武痴林が廖との立ち会いのことについて言及するのに驚く。
林の弟、沙膽源が凧を揚げて遊んでいた際に、たまたま葉問邸の壁に登り一部始終を見ており、立ち会いの様子を尾ひれを付けて吹聴していたのである。
この話はすぐ廖の耳に入り、怒った廖は茶館に乗り込んで沙を問い詰めるが、ここで葉問と再び相対。林が割って入り、2人の立ち会いは沙の作り話であると主張し、騒ぎは収まった。
ある日北部から金山找と名乗る拳法家がやって来る。
金は道場主達を次々と破り、もはや仏山に敵はいないと豪語するが、葉問の存在を知らされ屋敷に乗り込んだのだった…

 

解説

ブルース・リーの師として知られるイップ・マン(葉問)の生涯を描くアクション。2010年には続編「イップ・マン 葉問」も製作された。

 

映画.comのイップマン序章の作品紹介、解説欄より引用

 

第28回香港電影金像奨の最優秀作品賞受賞。

 

ストーリー…7/10

キャスト…8/10

アクション迫力度…5/6 

 

 個人的評価…9/10

 

 

一文感想 ↓

イップマンの壮絶な人生を描いた1作目…面白い映画。

ブルースリーの師匠であるイップマンの人生を描いた作品。

主演をドニーイェンに武術の指南をサモハンキンポーが手掛ける豪華っぷり!

基本的に平和な前半パートと日本軍に占領されてしまった後半パートに分かれています。

 

家族と道場の両立は難しい…有名になればなるほど…

その地区では知らない者はいないほど有名になったイップマンだが、家族と道場の両立が厳いんだなと思わされる部分がある。

それに有名になればなるほど、招かれざる客が訪れる…まぁ、ここが前半の一番の見せ場なんですがね!

 

多数の日本兵と戦うイップマンが今作一番の見所 

このシーンは、ほんと見ごたえ抜群のシーン。

今までの怒りに震えたイップマンが本気でぶちのめす姿は観ていてスッキリすること間違いなし!

 

戦争に巻き込まれつつも頑張って生きる姿はどこか涙がでそうに…

丁度日清戦争と時系列が同じなので、この映画でもその影響を受ける。

そんな影響をモロに受けたイップマンが弱音などを吐くことなく頑張って生きて行こうとする姿はなんだか涙が……(´;ω;`)

 

 

 ドニーイェンアクションを観たいという方、カンフー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.9

映画.com 3.8

高評価でやはりアクションが凄く、ドニーイェンのアクションが特にカッコいいと感じる人が多かったみたいですね。

 

高評価の意見としては…

 ドニーイェンを初め脇を固める人たちのアクションも凄い、スカッとするなどが大方ですね。

 

低評価の意見としては…

 日本兵に嫌悪感を抱いた等の意見がありましたね。

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓  

家族と道場の両立は難しい…有名になればなるほど…

映画内では、なぜこんなに裕福なのかは語られておりません。

もうすでに武術の達人として名をはせているイップマンで、こよなく武術を愛するあまり、家族よりも武術を優先してしまい、稽古見てほしいっていう人を優先してしまう。

 

それがやはり気に食わない奥さんことウィンシンさん…

とても美人…( ゚Д゚)( ゚Д゚)

そんな平和なやり取りを最初はしております。

  • 奥さんの冷たい目線…
  • 頼れる人気者はつらい…

ということなんでしょうかね笑

 

道場破りは、黄飛鴻の噂を聞いてやってきた!

カム・サンチャウが黄飛鴻という人ばかりだと思い、泰山に乗り込んできます。

 

✔ チェック

黄飛鴻とは、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナシリーズのジェットリーが演じた人やドランクモンキーや酔拳2でジャッキーチェンが演じた役の人ですね!!

 

そして、イップマンに試合を挑み…

一向に反撃しないイップマン、ツボが次々と壊されてくことに苛立ったのか、奥さんが一手…

 

子供に諭されるイップマン笑

 

はい、子供を使いイップマンを軽く本気にさせます。

そこからは、一方的に終わるんですが、さすがドニーイェンさん。

最初は、素手のみだが、それでも詠春拳を使ったアクションは目を見張るもの。

手わざ足技の応酬でついつい見入ってしまう。

 

とうとうカム・サンチャウがナイフを使用してしまうが、イップマンはただのハタキで応酬!

 

ナイフをさばき、腕、脚等をハタき徐々に動けなくなっていき、チェックメイト

圧倒的な強さで倒してしまう…

そのアクションの激しさは、観ていてついつい見入ってしまいます。

前半部分一番の見所でしょうね!!

 

前半は、ほのぼのとしていて、笑いあり、アクションもありと楽しく観れるパートですね!!

 

 

 

 

 

戦争に巻き込まれつつも逞しく生きる家族像は、涙が出てくる。

この時代だとバンバン戦争に巻き込まれてしまいます。

映画内でも映画の途中に日清戦争が勃発し、日本軍が中国にたくさんいる状況になるんです。

そんな戦争をする前とした後のイップマンの生活が激変し、貧しくなってしまう…

そんな状況だと仕事なんて選んでられないし、頑張って力仕事でもなんでもこなすイップマン…

そんな姿を観ていたら、戦争なんてするもんじゃないなと再度思ってしまう。

 

 

 

 

多数の日本兵と戦うイップマンが今作一番の見所
目の前で仲間が殺され、キレるイップマン…

キレてしまったイップマンを止めることは出来ず、10人の日本兵を文字通り再起不能なほどコテンパンに倒します。

 

  • 同じ武術家同士ではやらないであろう脚や腕などおり、必要以上の追撃…
  • あの同じ人間が出してるのか疑問に思う程の連続パンチは圧巻です!

 

一人ひとりたおし、4人で一斉に攻撃されてもいなし、なぎ倒していくのは、見ていてほんと気持ちよかったですね!!

 

そして、すべて倒してしまう…

是非ともその目で堪能して頂きたいシーンです!!

 

最後に血の着いた米袋を遺族のもとに届ける…(´;ω;`)

仁を重んじているからこそ慕われる…

そういう一面が見られた部分でもありますね…

 

 

 

余談、裏話…

今作は、サモハンキンポーがアクション監督をしております。

日本人の俳優である三浦こと池内博之さんは、彼の元でミッチリ修行したとのことらしいですね!

元々柔道はやっていたのですが、空手は全くの未経験…

そこから1か月であの仕上がりは、凄いですね!

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

日中戦争により邸宅を奪われ、極貧生活になる

ここからどんどん重たくなっていきます。

前とは真逆の生活…

明日食べるものもなく、生きることに精一杯…

お腹が減るから稽古を辞めてしまったり、頑張って炭鉱で働いたりと苦労話が絶えません…

なんだろう…観ていて泣けてきますね。

イップマンが悪いわけでもない、ただたんに戦争に巻き込まれてしまったがための災難。

観てるこっちもやるせなくなります… 

 

 

クライマックスの三浦との闘いも見逃せない!!

やはりというべきか戦うことになる日本人将校?の三浦との1対1の対決があります。

詠春拳VS空手の対決!

クライマックスに相応しいアクションでしたね!

アクションに飢えている方は特に是非その目でご覧頂きたいです!

 

 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

イップマン(この映画の主人公で詠春拳の達人)

 

三浦(日本軍の将校)

佐藤(三浦の側近的立場) 

 

イップマンVS三浦の戦い後、佐藤に背後から撃たれる

日清戦争後は、中国が日本軍に占領される。

イップマンはとある噂で日本軍の軍人と戦えばお米がもらえる噂を聴き付けやってみたら、勝てばお米がもらえるという仕組みだった。

そこで、旧友が殴り殺され、イップマンが激怒し10人の日本軍兵士相手に戦い勝利したことにより、三浦に目を付けられ、試合をすることになる。

 

試合は、外の広場にて行われ、最初は互角だったが徐々にイップマンが押し始め、イップマン勝利!

だが、その勝利を嬉しく思っていない佐藤が後ろからイップマンを撃ったのであった…