菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)笑い多めのラブコメ映画の傑作…ロマンティックな恋じゃない?(感想、結末)

    

笑い多めのラブコメ映画の傑作…ロマンティックな恋じゃない?(感想、結末)

 

f:id:mt594322mt:20200229152041j:plain

Netflix映画ロマンティックな恋じゃない?の作品情報より引用

©ガード2019 Netflix Isn't It Romantic Inc. All rights reserved

たまたまネットフリックスを見ていたらかなりインパクトのある作品に出会した。

大柄の女性がラブコメの世界に入り込んで、なんだかキレキレな事を言いまくっている。

しかもリアムヘムズワームさんも出演しているとあって、見る事にした。

そう、このロマンティックな恋じゃない?という作品だ。

 

インパクトもさることながら、予告編から面白そう…笑い要素強そうで気になってしまった。

意外とキレッキレな動きを披露するレベルウィルソン。

では、感想といきましょうか。

 

 

 

 

キャスト


レベル・ウィルソン

 

リアム・ヘムズワース

 

アダム・ディヴァイン

 

プリヤンカー・チョープラー

 

ベティ・ギルピン

 

 

レベルウィルソンは、「ナイト ミュージアム
エジプト王の秘密」や「キャッツ」、ジョシュラビットに出演しています。

女優でコメディエンヌが主な職業で、オーストラリア出身だ。

リアムヘムズワームは、ハンガーゲームシリーズにエクスペンダブルズ2やインディペンデンスデイの続編などに出演。

オーストラリア出身で、レベルウィルソンと同じなんです。

リアムヘムズワームといえば、クリスヘムズワームやルークヘムズワームと言った長身イケメン3兄弟の末っ子。

身長は…なんと191センチ。

羨ましいかぎり…

 

アダム・ディヴァインは、ネットフリックスのゲームオーバー!などに出演しています。

あらすじ~

 幼い頃にロマコメの世界に憧れていたナタリーは、母親の言葉に夢を壊されて以来、ロマコメを嫌うようになっていた。

ある日、地下鉄構内でひったくりに襲撃された彼女は犯人を撃退するが、勢い余って頭部を強打し気を失ってしまう。

やがて目を覚ました彼女は、周囲の様子がどこかおかしいことに気づく。自分がロマコメの世界にいることを確信したナタリーは、元の世界に戻るべく奔走するが…

 

映画.comのロマンティックな恋じゃない?の作品紹介、解説欄より引用

 

解説

 ひょんなことからロマンティックコメディ映画の世界に迷い込んでしまった女性の運命を描いたコメディドラマ。

 「ピッチ・パーフェクト」のレベル・ウィルソンが主演を務め、「ハンガー・ゲーム」のリアム・ヘムズワース、「マイ・インターン」のアダム・ディバインが共演。

Netflixで2019年2月28日から配信。

 

映画.comのロマンティックな恋じゃない?の作品紹介、解説欄より引用

    

原題、Isn't It Romantic?

上映時間、88分

監督

トッド・シュトラウス=シュルソン
脚本
エリン・カルディロ
デイナ・フォックス
ケイティ・シルバーマン
原案
エリン・カルディロ
製作
レベル・ウィルソン
ジーナ・マシューズ
トッド・ガーナー
グラント・シャーボ

配給、ワーナー・ブラザース映画

 

 

ストーリー…10/10

キャスト…7/10

 感動度…4/6

 

 個人的評価…10/10

     

     

一文感想 ↓

笑いながら楽しく観れるラブコメ映画…傑作。

めっちゃ面白かった。

個人的に飽きずに観れたし、結構笑える箇所も多かった。

レベルウィルソンの個性を活かした笑いだったり、ラブコメの王道を笑に変える設定は、素直に上手いと感じましたね。

しっかりラブコメしてたし、ストーリー展開もよかった。

クリスヘムズワームの弟のリアムヘムズワームのイケメン具合に男の自分も目眩がしちゃうわ。

個人的には、ネットフリックス映画の大当たり枠ですね。

 

笑い要素が多いラブコメ映画。

笑いながら楽しく観れる映画で、笑い要素7、8割といったところ。

特にラブコメ好きには、「こんなシチュエーションよくあるわ」とクスクス笑いながら見れるぞ。

 

レベルウィルソンの強烈キャラがマッチしてた。

この題材とレベルウィルソンのキャラクターがマッチしすぎ…笑いのレベルが高いラブコメ映画となった。

笑いにラブストーリー、ミュージカル要素にイケメンとラブコメに必要な要素ぎっしりです。

 

ラストの終わり方、展開分かってても、最高だよね。

展開を予想するのではなく、肩の力を抜いて笑いながら楽しむ映画として、傑作映画です。

是非、柿ピーとビール片手に楽しんでもらいたい笑

 

面白いラブコメ映画を観たい、イケメンを観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.6

映画.com 3.6

平均より少し高い印象ですね。

ピッチパーフェクトっぽい印象のようですね。

 

 

高評価の意見としては…

話は複雑でなく、分かりやすい、軽い気持ちで観れる映画。

低評価の意見としては…

中途半端、途中で寝てしまった。

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

笑い要素が多いラブコメ映画。

 笑える箇所がかなり多めで、笑いながら楽しめた作品です。

レベルウィルソンの強烈キャラに加え、リアムヘムズワームのイケムン具合に脱帽してしまいました笑        

王道のラブコメを面白おかしく作ったのがこの映画というイメージ。

ネットフリックスが独占配信や作る映画は、変わった設定が多い。

この映画も頭ぶつけて、ラブコメの世界に迷い込む、なかなか面白い設定だ。

 

特にラブコメ好きには、「こんなシチュエーションよくあるわ」とクスクス笑いながら見れるぞ。

お決まりのラブコメシーンをわざとらしく、笑わせにいってるところも個人的に面白くて好きですね。

自分もしこたま笑わせてもらいました。

     

 

レベルウィルソンの強烈キャラがマッチしてた。

この題材とレベルウィルソンのキャラクターがマッチしすぎ…笑いのレベルが高いラブコメ映画となったんです。

実は、あまり知らなかった女優さん。

なかなかパンチの効いた女優で、この映画の主人公。

自分の容姿や親の影響でラブコメ嫌いになった。

そのせいか凄い皮肉屋になり、ラブコメをディスりまくるのだが、まぁラブコメに詳しいこと笑。

この辺は、ラブコメ好きは、笑ってしまうかもしれませんね。

 

頭を打ってラブコメ映画に迷い込むんだが、こっからが笑いの本番。

ブコメの定番を笑いのネタに変えつつ、毒づくレベルウィルソンは、最高に笑えた。

汚い言葉を発しようとすると、モザイクのようになにかの効果音でかき消されたり、さくっとニューヨークの街並みをディスったりとブラックジョークも沢山ある。

途中、ミュージカル映画風になったりと色んな要素が詰め込まれてましたね。

 

     

 

ラストの終わり方、展開分かってても、最高だよね。

この映画は、展開を読むというより、それまでの過程を笑いながら楽しむ映画だ。

王道ラブコメを笑いのネタにして、柿ピー摘みながら、肩の力を抜いて…お酒片手に肩の力を抜いて楽しむ映画。

だから、展開が読めただのひねりがないだのなんてヤボな事はいいません。

しこたま笑わせてもらったんだから、それで十分。

自分の求めてた…楽しく笑いながら観れる映画としては、傑作レベルと感じましたね。

 

ラストの展開についていうならば、王道でもちょっとニヤニヤしちゃう。

まぁ、そこがいいんですよね笑

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

一番伝えたかったものは、自分を愛する事。

この映画は、何を伝えたいの?と聞かれたら、自分を一番愛そうということだ。

自分を嫌いになっては、世界が色あせて感じるし、顔や態度にも出てしまう。

ずっとつまらなく、苦痛のまんまだ。

それだとまさに負のスパイラル。

人生楽しむ為には、最愛の相手を探すのではなく、自分を大事に愛そうよ!って言う意外といいことを言う映画でした。

 

ラストには、ジョシュが誰よりもイケメンに見えた。

ラストのナタリーへの誘い方は、ズルイぜ笑

ジョシュは、一途でずっとナタリーの事を思っていたが、なかなか想いは伝わらない。

だが、ラブコメ世界から帰った後、ナタリーはジョシュに思ってた事を言ったのをきっかけにジョシュはナタリーに好きだということを伝える。

ニヤニヤ度MAX。

自分を、はたからみたら気持ち悪い事この上なし。

みんなも同じようにニヤニヤしたはず。

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

ナタリー(今作の主人公)

ジョシュ(ナタリーに密かに想いを寄せている人)

ブレイク(金持ちイケメン高身長社長)

 

自分を愛する事が大事と知って、ジョシュと付き合う。

ナタリーは、自分の人生に嫌気が差していたが、頭を打ちラブコメの世界になぜか飛んだ時、自分を愛する事が大事ということに気づかされる。

それは、ジョシュがたまたま助けた美女と付き合い、結婚すること。

ブコメの世界でブレイクと結婚する事で、一番大事な事に気付かされたのだ。

そして、ジョシュたちのハネムーンカーを盗み、走り出し、交通事故に遭い、元に戻る。

その後、元の世界に帰れた事を喜びつつ、言いたい事を言っていたら、最後のジョシュのところで思わぬ展開に遭遇する。

それは、ジョシュが実は、美女の看板を見ていたのではなく、自分…ナタリーを見ていた事。

そこから好きだとジョシュは告白し、告白成功。