菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ドウェインジョンソンら集結!レベルアップして帰ってきた!…ジュマンジ/ネクスト・レベル(感想、結末、裏話)

    

ドウェインジョンソンら集結!レベルアップして帰ってきた!…ジュマンジ/ネクスト・レベル(感想、結末、裏話)

 

f:id:mt594322mt:20191214125722j:plain

映画.comジュマンジ/ネクスト・レベルの作品情報より引用

 ©ガード2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

 

 

 

 

 

 

キャスト

 

 スモルダー・ブレイブストーン博士
ドウェイン・ジョンソン

 


シェルドン・“シェリー”・オベロン教授
ジャック・ブラック

 


フランクリン・“ムース”・フィンバー
ケヴィン・ハート

 


ルビー・ラウンドハウス
…カレン・ギラン

 

 

 ジェファーソン・“シープレーン”・マクドノー
…ニック・ジョナス

 


ミン・フリートフット
…オークワフィナ

 


ナイジェル・ビリングスリー
…リス・ダービー

 

あらすじ~

ジュマンジ」の冒険をクリアしてから2年。
スペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーはそれぞれの進路を歩み、いまは大学生になっていた。

しかし、あの時の興奮が忘れられないスペンサーは、破壊したはずのゲーム「ジュマンジ」をこっそり修理し、再びゲームの中に吸い込まれてしまう。
スペンサーを救出するため、残った3人も「ジュマンジ」にログインするが、壊れたゲームの世界はバグだらけでキャラの入れ替え設定はめちゃくちゃ。

さらに、スペンサーのおじいちゃん達も一緒に吸い込まれていた上に、ジャングルのみならず砂漠、氷山など新たなステージも追加されており……。

 

 映画.comのジュマンジ/ネクスト・レベル作品紹介、解説欄より引用

 

 

解説

テレビゲームの世界に吸い込まれた高校生たちが、本来の姿とかけ離れたゲームキャラクターのアバターになって冒険を繰り広げる姿を描き、大ヒットを記録したアドベンチャージュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編。
主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらメインキャストも再結集。監督も引き続きジェイク・カスダンが務めた。

 

映画.comのジュマンジ/ネクスト・レベル作品紹介、解説欄より引用

 

ストーリー…7/10

キャスト…9/10

アクション迫力度…4/6 

 

 

 

 個人的評価…8/10

 

 

      

     

f:id:mt594322mt:20191214125746j:plain

 

映画.comジュマンジ/ネクスト・レベルの作品情報より引用

 ©ガード2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

一文感想 ↓

笑い要素を控えつつアドベンチャー要素を強化した今作…面白い映画。

前作予習必須な今作で、再度ジュマンジのゲームの中に入ってしまうお話。

笑い要素が前作よりも減った分、アドベンチャー要素が増えた印象でしたね。

 

続きなだけあって、予習は必須だった。

 ジュマンジウェルカムトゥジャングルを見ないと、今作の出演キャラクターが全く分からないということ。

映画内では一切登場人物の説明がなされないので、予習しないと誰がどんな関係なのかよくわからないので注意が必要。

(下記の詳しい感想でジュマンジ世界と現実世界の中の人の設定を書いてます)

 

笑える要素をそのまま引き継いでいる。

今作予告編でも紹介されてましたが、主人公のおじいちゃんがまさかのブレイブストーン博士、動物学者のフランクリン・ムース・フィンバーがそのおじいちゃんの相方的存在の人なので、その2人の会話が笑ってしまうw

ただ、個人的には、べサニーとマーサの絡みもかなり好きだったので、その部分がなかったり、あまりスペンサーとフリッジの笑える絡みが無かったのが残念でしたね。 

 

前作以上にアドベンチャー感があった。

 前作も結構アドベンチャー要素が強かったんですが、観てきた感想としては、前作以上のアドベンチャー要素がありました。

途中途中笑いパート、アドベンチャー、アクションパートとしっかり分かれていて、比率で言えば、アドベンチャー、アクションパートが多かった印象ですね。

 

 

面白いアドベンチャー映画が観たいという方、ドウェインジョンソン、ジャックブラックなど豪華俳優陣の共演映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.7

映画.com 3.7

結構評価自体は、両方とも高い印象でした。

やはり、シンプルに笑えたアドベンチャー感も楽しめたみたいですね。

ただ、バグ要素が少なかったり、予習必須だと思う人が多かったみたいです。

 

高評価の意見としては…

おじいちゃんたちが溶け込んでいてとても笑えた、シンプルに面白いという意見が多かったですね。

 

低評価の意見としては…

新鮮感が少なく、もう少しインパクトがほしい、ゲームバグ要素がない、続編ありの設定という意見が多かったですね。

バグ要素がそれ程影響なかったせいか予告編詐欺やん!っていう人が結構多かったです。

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

f:id:mt594322mt:20191214125803j:plain

映画.comジュマンジ/ネクスト・レベルの作品情報より引用

 ©ガード2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

続きなだけあって過去作の予習が必須

過去作のジュマンジジュマンジウェルカムトゥジャングルの予習が必須になっています。

ジュマンジは、観なくても「こういう現実世界に影響を及ぼすゲームがあるんだ」という程度の認識で十分です。

問題は、ジュマンジウェルカムトゥジャングルを見ないと、今作の出演キャラクターが全く分からないということ。

前作から2年後の話なので、みんなが若干成長している。

まぁ、そこまで見た目は変わっていないのでいいのですが、一切キャラクターの説明がされない…知ってて当然!という流れで話されるので、注意が必要。

 

因みにウェルカムトゥジャングルの時は… 

 

ジュマンジ世界)スモルダー・ブレイブストーン博士(ドウェインジョンソン)

現実世界)スペンサー(オタクっぽい青年で、マーサと付き合ってた?)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)べサニー(スマホで自撮りしてた女性、マーサと最終的に仲良くなる)

 

ジュマンジ世界)フランクリン・“ムース”・フィンバー(ケビィンハート)

現実世界)フリッジ (黒人のアメフト部の男性)

 

ジュマンジ世界)ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギレン)

現実世界)マーサ(インテリ風な女の子、スペンサーと付き合ってた?)

 

ジュマンジ世界)ジェファーソン・“シープレーン”・マクドノー(ニック・ジョナス)

 現実世界)アレックス(20年間失踪していた少年で、ゲームクリア後、お父さんになっていた)

 

ジュマンジ世界)ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギレン)

現実世界)マーサ(インテリ風な女の子)

 

 

でこんな感じでした。

この現実世界とジュマンジ世界の関係性、誰が誰かっていうのが分かってないと全く話がついてこれないし、笑える部分も笑えません。

しかも今作の最初は…

 ジュマンジ世界)スモルダー・ブレイブストーン博士(ドウェインジョンソン)

 現実世界エディギルピン(スペンサーのおじいちゃん)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)マイロ・ウォーカー(エディの相方的存在で長年の仕事仲間)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)フリッジ (黒人のアメフト部の男性)

 

ジュマンジ世界)ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギレン)

現実世界)マーサ(インテリ風な女の子)

 

と入れ替わっております。

マーサだけは、ずっと変わっていませんでしたが、そのほかは入れ替わっていて、人によっては混乱するかもしれませんね。

この辺は、分かりづらいという点で少し残念でしたね。

 

 

        

     

 

笑える要素をそのまま引き継いでる

 前作同様に笑える要素が多かったですね。

ただ、個人的には、前作の方が笑えた感じがありましたね。

前作と同じくドウェインジョンソン、ケビィンハート、カレンギレン、ジャックブラックなど豪華俳優陣がそのまま出演しており、ドウェインジョンソンの色気をだだ漏れしたりしていて笑えましたね。

あのドウェインジョンソンの決め顔がほんとツボで何度見ても声がでそうになっちゃうんです笑

 

今作予告編でも紹介されてましたが、主人公のおじいちゃんがまさかのブレイブストーン博士(ドウェインジョンソン)、動物学者のフランクリン・ムース・フィンバー(ケビィンハート)がそのおじいちゃんの相方的存在の人なので、その2人の会話が笑ってしまうw

仲がいいのか悪いのかよくわからないんですよね!

しかも、おじいちゃん達は、ゲームっていうものをよくわかってない。

それに、ゲームの中に入ってることもよくわかってないんです。

その全く信じない様ややりたい放題してる姿は、まさに爆笑ものでしたね。

劇場でも笑ってる人がいました。

自分も観ながら、ニヤニヤしてたと思います笑(声を出さないように耐えてました。)

 

ただ、個人的には、べサニーとマーサの絡みもかなり好きだったので、その部分がなかったり、あまりスペンサーとフリッジの笑える絡みが無かったのが残念でしたね。

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

    

     

f:id:mt594322mt:20191214125823j:plain

映画.comジュマンジ/ネクスト・レベルの作品情報より引用

 ©ガード2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

前作以上のアドベンチャー感あり!

 前作も結構アドベンチャー要素が強かったんですが、観てきた感想としては、前作以上のアドベンチャー要素がありました。

途中途中笑いパート、アドベンチャー、アクションパートとしっかり分かれていて、比率で言えば、アドベンチャー、アクションパートが多かった印象ですね。

 

前作は、笑いパートとアドベンチャーパート別れていてもアドベンチャーパートに笑い要素が組み込まれていたので、笑い要素が強かった印象だったんです。

そういう点では、笑い要素を期待して観に来た人はどこか残念に思えてしまうかもしれません。(今作も十分笑えます。観客も笑っている人がいましたし)

 

 

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…          

 カレン・ギランは前作の別エンディングが、別の映画への扉が開かれる内容になっていたと述べたこともあり、特に話は出てきてませんが、外伝的なものが今後出てくるかもしれませんね。

 

  

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

 

 

バグり設定要らないのでは??

予告編では、バグっていたという設定の元やっていたが、ふたを開けて観れば、特にバグ要素のことは話されていないんですよね。

スペンサーが無理くり直して中に入ったから、そういう設定があったのでしょうが、特にそのバグ要素を活用している雰囲気が無かったのがちょっと残念でした。

 

 

エンディングはちょっと感動してしまう…

最後は馬になったマイロがジュマンジの世界に残ると言い出す…

それも、もう現実世界では死んでしまうので、ジュマンジ世界なら馬で羽を生やして空を飛ぶことだってできる!

そんなことを言っているマイロに対し、ずっと険悪な感じだったエディがマイロのことを褒めるシーンがある。

なんかちょっとウルっと来ちゃいますよね…

歳のせいかこういうシーンに弱くなってしまった気がしてなりません笑

 

ペガサスになったマイロのことをちょっとうらやましく感じる自分がいましたね。

だって、馬って凄く速く走れて、ペガサスみたいにそらとべるから、凄い眺めも良いんですよ!

空から見たジュマンジ世界は絶景なんだろうなぁと思いつつちょっと羨ましく感じてしまいました。

 

 

ラストは、ちょっとテンション上がった!

 ホントのラストは、スペンサー邸に暖房の修理に来た人がジュマンジを起動させてしまい、現実世界にダチョウの群れが…

これってもう1作目のジュマンジの映画の世界観ですよね!!

いや~ちょっとテンション上がってしまいましたね。

このまま4作目の伏線として処理するんでしょうか…

そうなると、現実世界にスペンサーとブレイブストーン博士の絡みだとかも見られるんじゃないだろうかと期待しちゃいますね。

 

 

 

 

結末~

 

 登場人物と簡単な説明

 最初の関係性)

ジュマンジ世界)スモルダー・ブレイブストーン博士(ドウェインジョンソン)

 現実世界エディギルピン(スペンサーのおじいちゃん)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)マイロ・ウォーカー(エディの相方的存在で長年の仕事仲間)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)フリッジ (黒人のアメフト部の男性)

 

ジュマンジ世界)ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギレン)

現実世界)マーサ(インテリ風な女の子)

 

ジュマンジ世界)馬(羽生える)

現実世界)べサニー(スマホで自撮りしてた女性)

 

ジュマンジ世界)ジェファーソン・“シープレーン”・マクドノー(ニック・ジョナス)

 現実世界)アレックス(20年間失踪していた少年で、ゲームクリア後、お父さんになっていた)

 

ジュマンジ世界)ミン・フリートフット(オークワフィナ)

現実世界)スペンサー(オタクっぽい青年)

 

 

入れ替われる泉後の関係性) 

ジュマンジ世界)スモルダー・ブレイブストーン博士(ドウェインジョンソン)

現実世界)スペンサー(オタクっぽい青年)

 

ジュマンジ世界)シェルドン・“シェリー”・オベロン教授(ジャックブラック)

現実世界)べサニー(スマホで自撮りしてた女性)

 

ジュマンジ世界)フランクリン・“ムース”・フィンバー(ケビィンハート)

現実世界)フリッジ (黒人のアメフト部の男性)

 

ジュマンジ世界)ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギレン)

現実世界)マーサ(インテリ風な女の子)

 

ジュマンジ世界)ジェファーソン・“シープレーン”・マクドノー(ニック・ジョナス)

 現実世界)アレックス(20年間失踪していた少年で、ゲームクリア後、お父さんになっていた)

 

ジュマンジ世界)ミン・フリートフット(オークワフィナ)

 現実世界エディギルピン(スペンサーのおじいちゃん)

 

ジュマンジ世界)馬(羽生える)

現実世界)マイロ・ウォーカー(エディの相方的存在で長年の仕事仲間)

 

マイロが余命が僅かで馬のままジュマンジ世界に残ることに…

 スペンサーを追い、ジュマンジの世界に飛び込んだのだが、スペンサーのおじいちゃんとマイロも一緒に入ってしまう。

その後スペンサーを探しつつ、旅をして太陽の石を回収する目的を果たすため頑張っていた。

とある町でフリートフットが忍び込んでおり、喘息持ちなどスペンサーと特徴が一致することを言っている為、彼がスペンサーだと分かった。

ブレイブストーンの親の仇である敵の親玉にあっけなくやられて残機を1機減らすフリーフットと合流し、他に馬のべサニーとジェファーソンとも合流した。

 

道中発見した入れ替われる水の色をした湖を発見し、みんなで入り、入れ替わる。

上記の入れ替われる泉後の関係性を参照してください。

 ↓

敵の親玉から太陽の石を奪うべく敵のアジトへ潜入

結局みんな見つかって、戦う羽目になり、気球船の中でブレイブストーン博士と親玉の一騎打ちになる。

なんとかブレイブストーン博士が勝つも乗っていた気球船が墜落しそうになり、馬のマイロとフリートフットのお爺ちゃんコンビで助けに行くことに。

馬に翼が生えて、飛ぶことができた。

フリートフットにブレイブストーン博士が太陽の石を渡し、太陽にかざして、ジュマンジ世界に平和が訪れた!ジュマンジ!!!

馬のマイロがこのジュマンジ世界に残ることを言い、最後の別れをするエディ。

そして、現実世界へと戻ってきた

現実世界で一緒に働いていた元店に行き、エディはご飯を食べ、他のみんなも永遠に友達だと誓い合うのだが

スペンサーの家の暖房の修理業者がジュマンジを起動してしまい、ダチョウの群れが現実世界で走り回るのであった…