菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)子供の幸せとは…Netflix映画マリッジストーリー(感想、結末)

    

子供の幸せとは…Netflix映画マリッジストーリー(感想、結末)

 

f:id:mt594322mt:20191220224215j:plain

Netflix公式サイトのマリッジストーリーの作品情報より引用

 

 

 

 

 

 

 

キャスト

 

 アダム・ドライヴァー

 


スカーレット・ヨハンソン

 


アラン・アルダ

 


ローラ・ダーン

 


レイ・リオッタ

 

あらすじ~

 女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。

結婚生活がうまくいかなくなり、円満な協議離婚を望んでいた2人だったが、それまで溜め込んでいた積年の怒りがあらわになり、弁護士をたてて争うことになってしまう。

映画.comのマリッジストーリー作品紹介、解説欄より引用

 

 

 

解説

イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバック監督が、スカーレット・ヨハンソンアダム・ドライバーを主演に迎えて描いたNetflixオリジナル映画。

ニコール役をヨハンソン、チャーリー役をドライバーが演じるほか、ローラ・ダーンアラン・アルダレイ・リオッタらベテラン実力派俳優が共演。

2019年・第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。Netflixで2019年12月6日から配信。日本では配信に先立つ11月29日から、一部劇場にて公開。

映画.comのマリッジストーリー作品紹介、解説欄より引用

 

ストーリー…7/10

キャスト…9/10

 

 

 個人的評価…7/10

 

 

      

   

f:id:mt594322mt:20191220224232j:plain


  

Netflix公式サイトのマリッジストーリーの作品情報より引用

 

一文感想 ↓

子供の幸せを忘れてった大人の悲惨な末路…ギリ面白い映画。

正直良さがいまいちわからない。

凄い!良かった!と思う点があるとすれば、スカーレットヨハンソンとアダムドライバーの共演やその2人の絡みは、観ていて圧巻だと感じた。

ただ、内容はどこか違和感のようなものを感じてしまったのだ。

なんだろう…胸糞悪い感じなのだろうか…

感動して泣いた!という人もいるみたいだが、この違和感のせいで全く感動できなかった。

カメラとかカット割りとか考えられていて良いと思うのに肝心の内容が受け付けなかったのが、あまり評価が高くなかった要因だったと思う。

 

行きつく先は自分だということ。

観ていて、胸糞悪くなる原因はここにあり、この点が気になりすぎて、他の高評価との温度差がガッツリ生まれてしまった…

全てを子供に捧げよとは思わないが、さすがに子供が可哀そうに見えてきた。

 

所々目を見張るシーンがあった…

スカーレットヨハンソンとアダムドライバーの喧嘩シーンだったり、2人の熟練の夫婦を匂わせる行動、シーンがあったからこその大勢の高評価を得られたのだ。

自分もこのシーンたちが無かったら、現状よりもっと低い評価になっており、B級レベル並になっていたところだ。

 

離婚は結婚よりもお金、メンタル、時間を持ってかれるだけという事実。

映画内で学べる教訓だ。

どちらかが弁護士を立てたら最後、両方立てるしかなくなり、お金が吹っ飛び、子供がいれば、それだけ親権争いで長引くこともあり、弁護士の醜い争いごとを見ているとメンタルもやられてくる。

離婚することは、ただの苦行だろとしか思えなかった…

 

 

 

アダムドライバー、スカーレットヨハンソンを観たいという方、離婚を題材にした映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 4.1

映画.com 4.0

かなりの高評価だ。

辛口な印象の映画.comがこんだけ高評価だというのは、かなり凄いと思っている。

因みに腐ったトマトでも批評家たちの評価がかなり高く94/100となかなか見ない高得点をたたき出している。

 

高評価の意見としては…

2人の喧嘩の部分は感動して泣いた、演技がうまい、優しくも悲しさがあった、現代版クレイマークレイマーなどの意見が多く、高評価の意見がかなり多かったですね。 

 

低評価の意見としては…

 万人受けする内容ではない、子供視点が描かれていないといった感じであんまり低評価の意見がありませんでした。

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

 

行きつく先は、自分だということ

観て思ったのがこの感想だ。

観ていて、胸糞悪くなる原因はここにあると感じた。

この点が気になりすぎて、他の高評価との温度差がガッツリ生まれてしまった…

そもそも結婚生活で、子供を作るという時点で分かっておくべきだったのではないかと思っている。

 

所々でお互いの視点の映像がこの映画では出ている。

スカーレットヨハンソン演じるニコール視点とアダムドライバー演じるチャーリー視点だ。

その各々の視点を観ていて思ったのが、

お互い子供の為を思っていそうだが、所々自分のことを優先しているということ。

 

一見ニコールは…子供の幸せを願っている感じがしているが、結局は自分の仕事と欲望のためだ。

欲望を押さえろとは言わないが、ガッツリその欲望に子供を巻き込んでいる形になっている。

離婚を言い出したのもニコールなんだし。

唯一の誇れるものを否定されている感じがしたのもわかるが、一番分からないのが、何故話合わなかったのか…

話あったのだろうかと見ていて疑問に思う。

 

逆の視点のチャーリー視点はどうだろうか

正直、子供を本当に愛しているのだろうかと思ってしまった。

典型的な仕事人間で、子供<仕事 なのではないだろうかと思ってしまう。

確かに一緒に居たいと口に出しているが、行動が矛盾している部分しかない。

なぜ子供に選ばせないのだろうかと終始疑問に思う。

ニコールよりチャーリーの方が自分勝手だと感じるのは、ニコールと同意見だった。

 

全てを子供に捧げよとは思わないが、さすがに子供が可哀そうに見えてきた。

この2人に共通していることは、仕事を心から愛しており、人生を捧げているレベルだということだ。

正直…お互い仕事人間の夫婦は結婚するものじゃないんだなと素直に思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

     

 

所々目を見張るシーンがあった

前項で、自分は散々ストーリーが苦手だのなんだのと言ったが、いいところもある。

大きく分けて2つに程あった。

 

  • 2人の喧嘩のシーン

何もない部屋で、喧嘩をし始めるシーンだ。

何もないというのは、恐らく真っ白な心で互いの気持ちをぶつけ合う意味が込められていて、このシーンは、純粋にスカーレットヨハンソンとアダムドライバーの演技力の凄さを際立たせる。

正直、このシーンは凄かった。

最初は、話し合いだったが、これが徐々にヒートアップしていく様はついつい見入ってしまった。

このシーンの終わるきっかけもなかなかなインパクトだった。

言ってはいけないことで終わらせているのもなんとなくリアリティがあって良かった。

 

 

 ギクシャクしながらも夫婦の何気なく手伝うシーン

 こういったシーンがいくつか存在する。

映画内でたま~に挟まっているこのシーンは、無かったらなかったで、この映画のストーリー的に深みがあるかどうかの差になりそうなシーンだ。

何気なくお互いの事を知っているが故の行動…そう、靴紐を結んであげたりメニューを頼んであげたり…

このシーンたちがあるからこそ夫婦生活のリアリティが演出されているように感じた。

多分、このシーンが無かったら、評価はもう一段階低かったと思う。

ありきたりな映画ということで、各レビューサイトでもそこそこな評価しかつけられなかっただろう。

 

 正直、このシーンが無かったら、この2人の演技力が無かったら、評価はもっと低かった。

そう、見所が見当たらねぇってやつだ。

 

 

 

 

 

    

     

 

離婚は、結婚よりもお金と時間とメンタルが持ってかれる現実

 子供が出来てからの離婚がどんなに大変なものなのかがガッツリ描かれている。

正直醜いぞ…

子供の親権を取るための様々な行動は、感動するというより腹黒さが浮き彫りになってしまい、感動させる気配がない。

ニコールとチャーリーの一つ一つの行動がお互いのメンタルをすり減らしているように思えてならなかった。

 

他にもお金が莫大にかかるということだ。

てか、両極端じゃないか??

弁護士を立てなければ、子供には会えない的なことを言うとかもうすでに争えと言っているようなものではないか!

そりゃ、チャーリーも大きな悪い理由が潜んでいたのもわかるよ。

だが、全てもってくのはあんまりだと思うんだ…

 

最後に時間だ。

時間は相当取られるみたいだ…映画内でも言っていたが、争ってる間どちらかが死んでしまうケースがあるらしい。

ここまできたら、どうして争っているのかがわからなくなるんじゃないのって思ってしまう。

 

離婚なんてしたことなかったら、考えてみたことなかったが、結婚するより何倍もお金と時間が持ってかれるといういい教訓だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ネタバレ感想

 

離婚弁護士の冷徹な戦いは、観ていて辛い

ただただ悪口の言い合いというやつだ。

そんな悪口の言い合いを見ていて気持ちいいやつなんてなかなかいないし、人によってはメンタルにくるものがあるだろう。

正直、自分も観ていらんなくなってしまった。

しかもこの弁護士たちの依頼料がバカにならなく、1時間で数万レベルで飛んでいくのだから驚きだ。

くだらない話をしたって飛んでくんだもん…いい商売じゃあねぇか笑

 

 

 

離婚して幸せそうな感じはするが…

子供は幸せなんだろうかと思わせてしまう。

結局親たちの様々な思いをかなえるために終始子供は付き合わされている印象にしか見えない。

この映画は、2人の男女の離婚を争いながらも互いの幸せについて語られている映画なんだから、しょうがないところはある。

子供目線の映画じゃないんですよってやつだ。

ただ思ってしまう…子供のことを…

確実に幸せではないんだろうと…会いたい時に会えなかったりするのはとても子供にとっては辛いことなはずだ。

 

 

 

この作品がなぜ高評価なのか…

 それは、殆どの人が好きな人が出来て「結婚」を考える若しくはしたからだ。

誰しもが考えることだからこそ感情移入しやすいのがある。

そりゃ、殆どの人が真剣に考える事があることなので、感情移入もしやすいというもの。

人によっては、離婚をした人も多くいるだろう。

現に日本も相当な夫婦が離婚していて、自分の上司も最近離婚したらしい。

その上司は、月々の養育費などを払って、毎日ひぃひぃ言っている…

 

まぁ、自分の周りの話は置いておいて…

もう一つは、離婚=愛していないという事ではない事。

スカーレットヨハンソンとアダムドライバーの夫婦は、冒頭でお互いの特徴を言い合い、所々その特徴に沿ったシーン…サポートしてあげるシーンを入れてあげることによってより夫婦生活をリアルに演出している。

そんな中離婚で争ってる姿をこれまたメインにおいて、じっくりと描いている。

そんな中で離婚が成立したあとでもニコールことスカーレットヨハンソンがチャーリーことアダムドライバーの靴紐を結んであげる姿は、どこか普通の夫婦のような姿だ。

要するにまだ愛がどこかに存在するみたいな終わり方だ。

だが、この2人はお互いがまだ愛がどこかにあるかどうかは気付いないように思える。

そんなふわふわとした愛をアダムドライバーとスカーレットヨハンソンの実力派俳優を使って上手く演出しているからこそ高評価にしているのだ。

 

 あと最後に明確な敵を設定していることだ。

この映画の敵は、ニコールでもチャーリーでもない。

弁護士だ。

 弁護士たちの言い合いは、はたから見ていてもかなり醜いものがある。

正直観てらんないほどだった。

だが、とあるシーンで昼休憩を挟もうとチャーリー側の弁護士が言って昼休憩を挟んだ時の変わり様の異様さ。

あれは、謎の違和感を覚えてしまった。

 

お互い口裏合わせて、互いの依頼人から金をむしりとってやろうぜといった魂胆があるんじゃねぇかと思わせる程。

結局お互い、息子の学費の為に貯めといた資金に手をだす始末。

彼らは、ニコールとチャーリーの見方ではなく敵のようにしか見えない。

お金をむしり取っていき、相手の依頼人を言葉の暴力を使ってぼっこぼっこに傷つけさせる。

 

こんなん子供が見たら、トラウマになるレベル間違いなしだぞ…

明確な敵を作り出すことは、主演の2人を引き立たせてくれる役割もあるので映画的にはいいとは思うが、さすがに自分は観ていてキツイものがあった。

 

こんな感じで、お互いが関心があり、一度は考えた事のある事に対して、どこか不確定な愛というものを表現する。

明確な敵を作り出し、上手い具合に主演の2人を引き立たせたことが多くの人に高評価をさせた要因だろう。

 

 

結末~

 

 登場人物と簡単な説明

ニコール(女優をしていて、チャーリーの奥さん。離婚を言い出した。)

チャーリー (舞台監督でニコールの夫)

 

結局離婚してロサンゼルスにニコールと子供は住むこととなる。

 ニコールが最初に弁護士を立てて、チャーリーに弁護士を立てないと全て奪うぞとおどされたので、チャーリーも弁護士を立てるが、歯が立たなかった…

仕方なく、腕利きの弁護士(嫌な感じの人だった)を雇い、裁判に持ち込むこととなった。

結局裁判ではケリがつかず、話し合いに至り若干ニコールの方が子供と会う時間が増える形となりロサンゼルスに子供とニコールは住むこととなる。

たまにチャーリーが子供と過ごす為に遊びにいくこととなり、チャーリーもロサンゼルスに仕事があるため、長期でロサンゼルスにいることが増えたのであった…