菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)海外で物議を醸し出している反抗期映画…Netflix映画キューティーズ!(感想、その他)

    

海外で物議を醸し出している反抗期映画…Netflix映画キューティーズ!(感想、その他)

 

キューティーズ!

キューティーズ!

ネットフリックス公式サイトのキューティーズ!の作品情報より引用

 (C)2020 Mignonnes Netflix.All Rights Reserved

 

 内容としては、あんまり面白くない作品。

ダンスを通じて11歳の少女が宗教や出身国の習慣に疑問を抱き、徐々に反抗していく内容だ。

だが、このキューティーズ!は世界中で物議を醸し出している映画なんだよね。

それは、11歳の少女を性的な表現がなされているんだ。

現状ネットフリックスは、配信停止にはしない予定だが、今後配信停止される可能性もある作品だぞ。

 

 

キャスト

ファティア・ユスフ

メディナ・エル・エディ=アズーニ

エステル・ゴウル

イラーナ

ミリアム・アマ

マイムナ・ゲイェ

ムビシーヌ・テレーズ・ディオプ

デンバ・ディアウ

ママドゥ・サマキ

あらすじ~

学校の女子生徒たちが結成した自由奔放なダンスグループに魅了された11才の少女アミは、保守的な家族の伝統に逆らい始める。

 

ネットフリックス公式サイトのキューティーズ!作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Mignonnes

上映時間、96分

監督

 マイモウナドゥコレ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…5/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…5/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

色々と触れてはならない所に触れているヤバい映画…微妙な映画。

まず最初に言っておくことは、映画自体は面白くない。

特に見所もなく、ラストもどゆこと??ってなる終わり方。

ただ、この映画は今色々と話題になっている映画なんだ。

 

その理由は、11歳の少女を性的な目でみせるようなシーンがあるということ。

意外とそういうシーンが多く、特にダンスシーンは誰が観てもそう思うレベルなんだ。

他にも触れてはいけない所が個人的にはあったように思えた。

宗教絡みのことだ。

宗教に疑問を思ったような少女の演出は、これはこれで大丈夫なのだろうか…とこっちが思うレベル。

他にお国柄のことについて。

一部の国では、一夫多妻制が盛り込まれていて、それについて言及しているようなシーンがある。

色々と来れ触れていいの!?ってところに触れちゃっているヤバい映画であった。

 

 観て率直に思った感想は、不快。
あんな過激なダンスを11歳の少女…小学5年生か6年生だよ?そんな少女に躍らせるのはいかがなものかと思うよ。
ダンス映画ではなく、11歳の少女の宗教と反抗期が合さった映画だということ。
色々と触れてはならない要素に触れているヤバい映画でした。
ちょっと終盤急展開過ぎて謎でした。
久々にこんなにも謎な終わり方した映画に出会ったわ。

 

変わった映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

 レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

観て率直に思った感想は、不快。

多分、他に観た人も似たように思った人もいるのではないだろうか。

そもそもだ、学校に11歳の少女があんな恰好で来ていいのかって疑問もある。

一番の疑問は、あのダンスは必要なんだろうかということ。

 

いや、あんな過激なダンスを11歳の少女…小学5年生か6年生だよ?そんな少女に躍らせるのはいかがなものかと思うよ。

ダンス自体はあってもいいが、振り付けが問題なんだよね。

お尻を振ったりと明らかにいやらしい感じを醸し出しているんだ。

これは物議を醸し出すよね…

 

原題の直訳はかわいいという意味だ。

このダンスとか観た後だと余計酷く感じてしまうのは自分だけだろうか…

     

 

ダンス映画ではなく、11歳の少女の宗教と反抗期が合さった映画だということ。

 個人的なイメージとして、とある少女がたまたま見たダンスに刺激を受ける。

そして、ダンサーとして猛特訓しつつ、家庭環境により大変な目にあってしまう…みたいな感じかと思ったら違った。

ダンスに刺激を受けるのは合っていたが、そこから不良的なグループと仲良くなりつつも人を貶めたり、親に犯行し出したり…過激なダンスをしたりと荒れていく。

 

ちょっと思っていたのと違ったんだ。

観ていて、思春期特有の反抗期を思い出す感じでモヤモヤする。

自分は仏教徒だから、この少女の宗教について詳しく知らないが…

恐らくイスラム教?あたりなんだろうね。

宗教について疑問を覚えるシーンが至るところにあった。

まぁ、正直これも「大丈夫か?」と感じてしまう。

宗教絡みは、繊細なのであまり深く話に盛り込むと色々と揉めてしまうからね。

 

それとお国柄?なのだろうか…一夫多妻制を批判するような内容もある。

人によってとらえ方は違うのだろうが、自分は批判しているようにしか感じなかった。

 

色々と触れてはならない要素に触れているヤバい映画でした。

         

 

ちょっと終盤急展開過ぎて謎でした。

 最後の20分くらいだろうか?急な展開で自分はついてこれなかった。

てかさ、なんで急に帰って、お母さんと心配しだしたんだ?

あの演出の意味も良く分からず、ラストシーンも謎過ぎる。

あれは…ハッピーエンド?何一つ解決していないが…

久々にこんなにも謎な終わり方した映画に出会ったわ。

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ラストはどういう事だったんだろう…

終盤、友人の一人を水路に突き落とす。

危うく溺れかけているが、なんとか浮きにしがみつき助かったようだ。

この時点で思う事は、この少女クズ過ぎやしないかということ。

私利私欲に走っており、後々取り返しのつかない犯罪を犯しそうなタイプだ。

 

話は進み、ダンス大会の決勝?的なのに出場。

だが、何故か途中金の紙吹雪が舞いおり、泣き始め、家に帰ってしまう。

 

自分「え??どゆこと…(;´・ω・)…」

 

家に帰った少女は、おばあちゃんになんだいその娼婦みたいな恰好は!

と言われ、お母さんと揉め始めた。

少女は、結婚式には出ず、お母さんを心配し始める。

そして、ラストは、街でなんか少女飛んでる。

 

自分「え!?これハッピーエンドなん!?なんも解決してないけど!?

どういう結末なんだよww ( ゚Д゚)…」

 

クライマックスについては何もかも分からなかった菊飛でした…

 


 

「キューティーズ!」が世界中で物議を醸し出している。

フランスで製作されたこのキューティーズ!。

実はポスターと予告編が11歳の少女を性的な目で観るように誘っている感じだとかなりの批判が起こったようだ。

もう、その画像と予告編は修正されているが、現状内容もそれを連想させるものばかり…

現状のネットフリックスの見解としては、「ダンス単体としてはアウトだが、映画の一部だから問題ない」的なことで配信停止にはしない意向だが、今後配信停止もあり得る作品だ。

 

下記が参考記事だ。

www.huffingtonpost.jp