菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)中年の日常を癖強めの脇役で盛り上げちゃう…Netflix映画アジズのジレンマ(感想)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

中年の日常を癖強めの脇役で盛り上げちゃう…Netflix映画アジズのジレンマ(感想)

 

アジズのジレンマ

アジズのジレンマ

ネットフリックス公式サイトのアジズのジレンマの作品情報より引用

 (C)2021 Stuck Apart Netflix.All Rights Reserved

中年の危機中のアジズと個性強めな脇役の中年の日常映画。

途中何見せられてるか分からなくなるが、終盤で理解出来る。

癖強めなトルコ映画の感想をどうぞ。

 

 

キャスト

エンギン・グナイデン

ハルク・ビルギナー

ビンヌル・カヤ

オネル・エルカン

イレム・サク

ファティ・アートマン

ギュルチン・サントゥルジョール

イルケル・アクスム

ヒュルヤ・デュヤ

ギュクトゥ・イルディリム

ヘリン・カンデミル

あらすじ~

 マンネリな仕事、孤独な友達、騒がしい姉一家。

落ち着かない日常をやり過ごしつつ、中年の危機真っただ中のアジズは、ひたすら心の安らぎを切望する。

 

ネットフリックス公式サイトのアジズのジレンマの

作品紹介、解説欄より引用

 

 目次へ戻る


Azizler | Resmi Fragman | Netflix

原題、Stuck Apart

上映時間、96分

監督

  Durul Taylan、Yagmur Taylan

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…5/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

中年の日常を癖強めの脇役で盛り上げる…微妙な映画。

題名通り中年の危機にひんしてる中年の日常なんだけどさ、脇役の癖が凄い。

何もない空間に語りかけるおじいちゃんにバグる彼女など脇を固める登場人物。

一体何を見せられてる?って思うほど何を伝えたいか分からない前半部分。

自分は、ラスト15分くらいから理解しました笑。

 

寝起きに予想外な事が起きて、飽きさせない工夫がある一方で、イラっとするシチュエーションもある。

個人的には主人公の自分勝手な言動にかなりゲンナリさせられた。

これが原因で、微妙だなって評価にした程。

なかなか癖の強めなトルコ映画だったね。

 

とても謎な世界観。

出てくる登場人物のクセが強すぎる上、前半部分の内容が謎すぎた。

言いたい事がわからなかったが、最後で理解。

ラスト10分15分で言いたい事を理解した。

起きたら違う場所!的なシーンの切り替わりは面白いと思った。

色んなシーンで嫌悪感が…特に主人公アジズ。

眉をひそめる嫌悪感を感じるシチュエーションが随所随所にあるぞ。

 

変わった世界観の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

とても謎な世界観。

何かに喋りかける謎の老人に女に困っていないと言い張る男性(困ってる)とヒステリック気味な彼女。

出てくる登場人物のクセが強すぎる。

ヒステリック気味な彼女なんかバグるからね。

観てて若干頭おかしくなりそうになった。

 

登場人物に翻弄させられながら、話の内容は掴めない。

世界観も内容も謎で、前半は謎だらけなんだ。

この辺で挫折しちゃう人いると思う笑。

 

主人公の姉夫婦の子供さんが可愛らしかった。

主人公にしてみれば、遊べだの暴力的な面もあるが、男の子だぜ?

そんなもんだろ。

遊んで欲しくて遊んで欲しくてしょうがないんだろうよ。

そんな男の子、可愛らしいじゃないかとか思って見ていた。 

     

 

言いたい事がわからなかったが、最後で理解。

 最初全く言いたいことが分からんかった。

登場人物の癖に翻弄させられ、話も落ち目の中年の戯言。

謎すぎるし、これ意味わからずに終わるんじゃないだろうかと心配したが、ラストの10分か15分あたりで理解。

しっかりと邦題のタイトル通りな深い意味だなぁなんて思った。

一応ネタバレ感想にそのことを書いているぞ。

 

起きたら違う場所!的なシーンの切り替わりは面白いと思った。

この映画、朝目覚めた時に何かあるんだよね。

いつもと違う場所だったり、いつものベットなのに何かが違ったり…

この辺マンネリ防止で飽きさせない工夫を感じた。

         

 

色んなシーンで嫌悪感が…特に主人公アジズ。

随所随所で観てて嫌なシーンがある。

いくつかあって、例えばとある家族のフェイク動画編集シーン。

その時の打ち合わせ中に出演者の家族が些細なことでマジ喧嘩。

それを子供を挟んでの喧嘩。

まぁ、それだけなら特にここまで書くほどじゃない。

その喧嘩を主人公の上司?同僚が動画を撮り始める。

ニッコリと笑い、「これは良い動画になるぞ〜」

クズすぎるわ。。

それを苦い顔で静観する主人公。

凄い嫌な気持ちになった。

そういった嫌になるシーンがいくつかあるんだ。

 

そんな中主人公の自分勝手具合に嫌気が刺した。

自分主体でどうしても一人の時間が欲しい。

その為に人に失礼な事を言っていく。

まぁ、そこまでなら良いがねクライマックス部分の自分が満足したから、もう要らないよ的な事を言うシーンがあったんだ。

もう、最低だよね。

この主人公の性格のせいで、評価「微妙」まで下げてしまったわ。

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

アジズのジレンマ…独りになればわかる孤独の辛さ。

この映画何が言いたいかって、「人は独りじゃ生きてけないし、寂しくて辛いよ」ってこと。

その事を末期の職場の同僚のおじいちゃん?が教えてくれた。

実際独りになって、早々におじいちゃんからの遺言にあった「寂しくなったら開けてね」って箱を開けた。

そこには無くした金のネックレスが。

そして、早々に彼女と寄りを戻す。

 

実際体験してみなきゃ分からないんだよね。

ずっと独りぼっちってかなり辛い。

その事を心から知っているおじいちゃんは、どうしても教えてあげたかった。

 

最後は奥さんの写真と自分の写真隣り合わせで死んでも幸せそうな感じに…

あれ?主人公このおじいちゃんの方が良かったんじゃね?

 

主人公が独りになる為に貸してくれた友人の仕打ち。

同僚?であり友人?であった男性。

パーティを開いたりパリピな感じを出しているが、実際は金で雇った人。

そう、偽装工作っやつ。

アジズが好きなのか、どうしてもアジズを家に呼びたい。

結局独りになる為に家を貸し、そこに大量の監視カメラ。

そして、その友人が鍵をあげようとした時。主人公アジズがおじいちゃんが亡くなって家を手に入れた事により言い放ったことは…

 

「もう家借りないわ。」

「今後一切遊びに行かないわ。」

 

流石にクズいなって思いました。