菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)コメディ多めのスプラッター映画…Netflix映画ザベビーシッターキラークイーン(感想、その他)

    

コメディ多めのスプラッター映画…Netflix映画ザベビーシッターキラークイーン(感想、その他)

 

ザベビーシッターキラークイーン

ザベビーシッターキラークイーン

ネットフリックス公式サイトのザベビーシッターキラークイーンの作品情報より引用

 (C)2020 The Babysitter: Killer Queen Netflix.All Rights Reserved

ちょっとエロそうなポスターでありながら、お洒落な雰囲気を醸し出している。

この時点で期待ができる。

このザベビーシッターキラークイーンは、前作から2年後が舞台。

しっかりと前作の良さを保ちつつ、路線を変えた感じに仕上がっており、個人的には大当たりだ。

 

下記が前作の感想記事です。)

www.kikuhi-movie.com

 

 

 

キャスト

ジュダ・ルイス

ジェナ・オルテガ

エミリー・アリン・リンド

アンドリュー・バチェラー

ロビー・アメル

ベラ・ソーン

ハナ・メイ・リー

ケン・マリーノ

レスリー・ビブ

クリス・ワイルド

カール・マクダウェル

あらすじ~

 血を求めて暴れまくる悪魔崇拝カルトを制した日から2年。高校生活という名の悪夢に苦しんでいたコールの前にあの悪魔たちが再び現れて、またとんでもないことに!

 

ネットフリックス公式サイトのザベビーシッターキラークイーン作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、The Babysitter: Killer Queen

上映時間、102分

監督

 マックG

脚本

ブラッド・モリス

ジーミー・ウォーデン
マックG
原案
キャラクター創造:ブライアン・ダッフィールド

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…8/10

キャスト…6/10

 

 個人的評価…9/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

スプラッターコメディな作品になっていた…面白い映画。

個人的には前作も面白かったが、今作はそれ以上だと思っている。

前作の雰囲気を損なわずにスプラッターコメディ作品へと路線変更したのが特に良かった。

二番煎じ感がないんだよね。

 

だからといって、前作の良さもちゃんと残っている。

露出度高めの美女に急に始まるグロ展開。

そして、映画ネタ。

この映画ネタには大いに笑わせてもらったよ。

 

それに前作の伏線など飽きない話の展開とかなり良かったぞ。

 

前作に引き続きスプラッター感強めで、コメディ感が追加だ。

コメディ寄りとホラー&スプラッター作品からコメディ&スプラッター作品へと変わっている。

前作の二番煎じ感が少なく、楽しめたぞ。

前作など色んな伏線があるし、美女がたくさん。

前作のビーの発言や謎の悪魔の書など前作の伏線が今作に生かされているのは、とても良かった。

映画ネタもしっかりあるぞ。

今作はメジャーな映画ネタを打ち込んできている。

その中でもターミネーターシリーズと13日の金曜日ネタがかなり多い。

 

スプラッター映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

 レビューが溜まり次第更新します。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

前作に引き続きスプラッター感強めで、コメディ感が追加だ。

今作のキラークイーンも前作同様にスプラッター要素が強め。

首は飛ぶし、手首も飛ぶグログロな作品に仕上がってる。

なんと言っても、カルト集団のアタマぶっ飛んでるヤバい奴感が最高に良い。

 

前作では、ホラー演出が強めだったが、今作のキラークイーンは全くと言っていいほど無い。

その代わりコメディ感が強くなっている。

最初の部分は、特にその要素が強くなっている。

で、とある展開になり、急にスプラッターに変化する。

前作観てたら分かるが、「このシーンは、どこかで…」ってなるんだよ笑

そこからの怒涛のグロ感。

今作は、その中にコメディ色も混ざっているんだ。

演出も前作とは違い、コメディ寄りとホラー&スプラッター作品からコメディ&スプラッター作品へと変わっている。

この部分は、前作の二番煎じ感があまりなくて、良かったぞ。

     

 

前作など色んな伏線があるし、美女がたくさん。

前作のビーの発言や謎の悪魔の書など前作の伏線が今作に生かされているのは、とても良かった。

続編もののメリットだよね。

それに今作内でも伏線らしきものがあったりとシリーズ通して予想以上にストーリー構成が良かった。

 

このザベビーシッターシリーズの良さって急に始まるグロ展開と所々入ってる映画ネタ。

そして、美女だよね。

前作にも出ていた主人公の幼なじみのエミリー・アリン・リンド。

すっかり成長していて…メッチャ美人になっていた!

正直ビックリしたわ。

因みにこのリンドさん、ドクタースリープやスイッチオフなどホラー作品によく出演しているんだ。

 

ちょっと目がキツいビー役のサマラ・ウィーヴィングさんもなかなか美人で…マジ最高だよね。

         

 

映画ネタもしっかりあるぞ。

今作はメジャーな映画ネタを打ち込んできている。

その中でもターミネーターシリーズと13日の金曜日ネタがかなり多い。

 

ターミネーターシリーズのネタは、マジで笑った。

会話の中で…

ターミネーター2は、続編ものの中で数少ない前作越えを果たした作品…」

って言葉があってさ、笑ったし、そうだよな!って強く頷いたよね。

ターミネーター2の前作の敵が味方になる展開とかマジ胸熱だよな。

 

他にも湖の事をクリスタルレイクとか言ったり、口で、「チッチッチ…ハッハッハッ…」(13日の金曜日のあの独特なBGM)言ったりと大いに笑わせてもらったよ。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

前作のキャラ達が出てきたのは、テンションあがる。

急に始まったカルト行為。

そして、お決まりの周りは仲間です展開。

いやー、知ってても良いよね、この急展開は。

そこから、前作悲惨な死を遂げたあいつらがノコノコ出てきた。

 

いや、マジこの展開はテンション上がったわ。

 

前作のキャラ達個性強くて結構好きだったから、復活して参戦する展開とかもう最高よね。

そこから、10人くらいのカルト集団と戦うことになる…