菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)カートラッセルサンタさんの新たなサンタ誕生!…Netflix映画クリスマスクロニクル(感想、結末)

    

カートラッセルサンタさんの新たなサンタ誕生!…Netflix映画クリスマスクロニクル(感想、結末)

 

f:id:mt594322mt:20191217190857j:plain

Netflix公式サイトのクリスマスクロニクルの作品情報より引用

 ©ガード2018 Netflix The Christmas Chronicles Inc. All rights reserved

 

 

 

 

 

キャスト

 

カート・ラッセル

 

 

ジュダ・ルイス

 

 

ダービー・キャンプ

 

 

オリヴァー・ハドソン

 

 

キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー

 

あらすじ~

 10歳になってもサンタクロースの存在を信じる少女ケイトとそんな彼女をからかう兄テディは、クリスマスイブの夜にサンタの姿をカメラに捉えようと計画する。

やがて2人の前に、プレゼントを配る本物のサンタが出現。しかし2人のせいでソリが墜落してしまい、サンタは大ピンチに陥ってしまう。

 

映画.comのクリスマスクロニクル作品紹介、解説欄より引用  

 

解説


ハリー・ポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス監督がプロデュースを手がけ、幼い兄妹がサンタクロースと共に繰り広げる一夜限りの大冒険を描いたNetflix製ファンタジーアドベンチャー

サンタクロースを「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のカート・ラッセル、兄テディを「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のジュダ・ルイスがそれぞれ演じた。

 

映画.comのクリスマスクロニクル作品紹介、解説欄より引用

 

ストーリー…7/10

キャスト…7/10

感動度…3/6

 

 個人的評価…8/10

 

 

      

     

 

一文感想 ↓

新たなサンタ像が面白く、たくさんの見所を秘めている…面白い映画。

 

この映画、表紙にもなってますが…

今までの常識を覆すカートラッセルサンタさんの新サンタ像が一番の見所。

 カートラッセル演じるサンタは、カッコいい車を乗り回したり、ロックしたりと今までのサンタとは一味違う魅力を秘めている。

そんなサンタさんがクリスマスに奔走する姿は、面白くって、ついつい見入ってしまいます。

 

妹ことケイトピアース天使かよ…

 不良となってしまったお兄ちゃんとクリスマスにお母さんが急遽仕事が入ってしまってお留守番をさせられるお兄ちゃん。

不良で色々問題を起こしちゃうお兄ちゃんとなんて普通は嫌だと思うじゃないですか。

だが、このケイトちゃんは違って、クリスマス一緒に過ごそうと健気にも言っちゃう姿は、もう天使かよって思ってしまった…

 

他にもたくさんの見所があるんです。

 カットラッセルの新サンタ像や妹ちゃんの他にもドキドキわくわく感を味わえたり、クライマックスには感動したりと見所がたくさんありました。

 

 

心温まるコメディを観たいという方、クリスマス映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.8

映画.com 3.7

結構な高評価でしたね。

レビュー自体も低評価の意見が少な目な印象でした。

 

高評価の意見としては…

ワクワク感があった、ファンタジー感があってよかった 、いい感じのテンポに最後はほろっと感動するという意見が多かったです。

 

低評価の意見としては…

 ツッコミどころがあった、もっと派手なサンタ像でも良かったなどの意見が多かったですね。

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

今までの常識を覆す新サンタ像に惹かれてしまう

 カートラッセル演じるサンタは、カッコいい車を乗り回したり、ロックしたりと今までのサンタとは一味違う魅力を秘めている。

特にノリノリで歌ってるシーンは、特に好きだ。

場所が場所なだけあって、なんだかシュールだし、カートラッセルが熱唱してる姿もイカすところ。

サンタクロースというより、プレゼント配る面白いおじちゃんにしか見えない笑

こんなおじちゃん居たら、懐いちゃうレベル。

 

そんなサンタの身の回りの道具も魅力的なものばっかりで、サンタの帽子だったり、そり、背負ってるプレゼントの入った袋に至るまでオリジナリティあふれている。

特にあの背負ってる袋が欲しい。

あの袋ホントに凄いんですよ!

ここで詳しく話したら、ネタバレになってしまうので、下記のネタバレ感想で書きますが、まぁ夢と希望とファンタジーがずっしり入った袋なんです。

めっちゃほしい…

 

そんな今までのサンタとは違うどこか印象的で人を引き付けるようなサンタさんは、この映画の大きな魅力だと思いますね。

        

     

 

妹天使かよ

 自分は一人っ子なんですよね。

今まで兄弟欲しいとも思わなかったし、妹とかも欲しいとも思わなかったけど、この映画観終わったっけ…心から妹欲しくなった!!

この映画に出てくる主人公の妹ことケイトピアースが可愛いんだよぉ…

見た目が…とかではなく、性格がめっちゃ可愛い。

お兄ちゃんことテディピアーズは、父が死んでしまったからというもの不良になってしまった。

そんなお兄ちゃんを普通は、嫌ったりするじゃないですか。

妹ちゃんは違った…お兄ちゃんのことを心配したり、健気にもクリスマス一緒に過ごそうとか言っちゃうんですよ。

 

メッチャ可愛いやん!!!

 

サンタさんをずっと信じ続ける姿だったり、サンタを捕まえようとしちゃうちょっとしたお転婆なところだったり…

マジ、可愛いの一言…

こんな妹だったらほしいわぁと思ってしまう。

 

序盤さらっと金魚のシーンが出てくるけど、これってお父さんが鹿が欲しいって駄々こねた時、金魚にしなさいって言って、貰った金魚なのかなって思ってしまった。

こういうところがお父さんを愛していたって感じがして良いなぁと思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

    

     

 

感動したり、エルフ可愛かったり、見所たくさん!

 今までとは一味違うサンタ像に加え、めっちゃ可愛らしい妹ちゃんのケイトピアースの他にも色々見所はあるんです。

エルフが出てきたりします。

そのエルフのデザインが小っちゃいモンスターみたいで可愛らしい。

グレムリンみたいな感じなんでしょうかね。

にしても見た目も可愛らしかったんですが、いかんせん出番が少な目なのが悲しかった。

 

その他にもクライマックスには、ちょっとした感動も待ち受けている。

クリスマスの奇跡というやつでしょうかね。

流石カートラッセルサンタさん、いいとこあるわぁ!

 

ちょっとしたドキドキ感も味わえたりしましたね。

序盤のサンタとのファーストコンタクトシーンあたりはドキドキしましたね。

後半にもエルフたちが大活躍するシーンもドキドキしちゃいました笑

 

とこんな感じで様々な見所が詰まっていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

 

クライマックスのサンタからのテディへのクリスマスプレゼントがイカしてるぜ!

 母が帰宅してテディとケイトでクリスマスを満喫…そして、プレゼントを開けるって時にテディあてにサンタからのクリスマスプレゼントが渡される。

夢をかなえることは出来ないって最初書いていて、内心「そっかぁ、カートラッセルサンタさんでも不可能だったかぁ(´・ω・`)」としょんぼりしちゃいました…

その後、その丸いクリスマスツリーの飾りを飾った時、その飾りに反射する自分の顔が父の顔になった時は、なかなかな感動でしたね。

 

「カートラッセルサンタさん、やるやん!ほっれてまうわぁ~!」

 

 最後まで心が温めてくれましたね。

こんなんやられたら、不良な少年たちも改心しちゃいますわ笑

とっても好きなクライマックスでした。

 

 

結末~

 

 登場人物と簡単な説明

サンタクロース(そりを壊してしまったり、帽子を無くしてしまったりとプレゼントを置くのに遅れそうになる)

テディピアース(ケイトの兄で、父の死で不良の道に走った子)

ケイトピアース(サンタを一目みようとしていた女の子)

 

サンタクロースを発見したことを期にケイトとテディは、仲が良くなり、テディが不良でなくなる。

 ケイトが過去にクリスマスの日に撮りためていたビデオを見ているとサンタクロースが映っていることを知り、テディとともにサンタを見つけるが、サンタの帽子を無くし、荷物も無くし、そりも壊してしまい、サンタの仕事が出来なくなってしまった。

 

サンタを警察署から脱獄させ、袋もそりも帽子も手に入ったので、プレゼントを速攻で配る(テディとケイト手伝う)

なんとか配り終えるとサンタは去っていき、撮ってたビデオテープを取っていった

母が帰宅し、家に入ると飾りつけがされていて、サンタからプレゼントが

テディの願いは、聞き届けられ、古びた飾りに反射した父と一瞬だが会話ができたのであった…