菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)悪魔払いという名の物理…Netflix映画デイ・オブ・ザ・ロード(感想、その他)

    

悪魔払いという名の物理…Netflix映画デイ・オブ・ザ・ロード(感想、その他)

 

デイ・オブ・ザ・ロード

デイ・オブ・ザ・ロード

ネットフリックス公式サイトのデイ・オブ・ザ・ロードの作品情報より引用

 (C)2020 The Day of the Lord Netflix.All Rights Reserved

悪魔払いといえば、聖水とか十字架とか使って、聖書を読み上げるイメージだろう。

だが、この映画は一味違うんだ。

聖水、十字架なんて使わない使うのは、己の拳とレンチ等工具たちだ。

悪魔払いという名の物理を行う、デイ・オブ・ザ・ロードの感想をどうぞ。

 

 

キャスト

フリ・ファブレガス

ヒメナ・ロモ

エクトル・イリャーネス

ドロレス・エレディア

あらすじ~

 罪の意識にさいなまれ一線を退いた神父が、何かに取りつかれたかのような娘を救ってほしいと旧友から懇願されて、自身の内外にある闇に直面する姿を描くホラー。

 

ネットフリックス公式サイトのデイ・オブ・ザ・ロード作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com 

原題、The Day of the Lord

上映時間、93分

監督

 サンティアゴアルバラドイラリ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

新しい悪魔払い系ホラー映画…まぁまぁな映画。

 

悪魔払いの映画といえば、エクソシスト死霊館シリーズを個人的に思い浮かべる。

どれもこれも怖くて、面白かった作品だ。

今作もあらすじを読む限り悪魔払い系で、エクソシストみたいな展開を予想していたら…

凄い違った。

まぁ、悪魔払いなんだけど、物理。

凄い物理押しの脳筋神父だった笑

悪魔払いする格好もドラクエの武闘家みたいな感じになってたし、メインの怖いパートでちょっと笑ってしまう程。

 

怖いのに注意というより、グロ注意の方が強い。

正直、怖くない。

怖くないが、拷問シーンがある関係上、グロいシーンがある。

特に爪を剥ぐシーンが苦手な方は注意してもらいたい。

結構長く爪を剥ぐシーンがあるんだよね。

自分も苦手なシーン故、目を背けてしまった。

 

内容としては、かなり斬新でこういう新しい悪魔払いも新鮮程度に過度な期待をせず楽しんだ感じだ。

 

悪魔払いが物理と拷問なのは、笑った。

悪魔に憑依された人を拷問にかけて、苦痛を与えて、追い出すとかなかなかだよ。

怖くないホラー映画で、痛々しいシーン多め。

痛々しいシーンが多めなんだよね。

あれ?主人公の神父様のロリコン設定いらなくね?

そもそもロリコンと思わせる演出が必要なんだろうかと疑問に思ってしまった。

悪魔祓い系の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

悪魔払いが物理と拷問なのは、笑った。

主人公の神父さんが「俺の悪魔払いは、過激だ」と豪語していた。

どんなもんかと思ったら、急に殴りだし拷問し始める。

 

いやいや、物理なんかーい笑

 

焦ったわ、急に縛って、 殴るんだぜ?

もっとこう聖水とか色々使うのかと思ったんだけどね、斜め上すぎて困惑してしまったよ。

この辺は、かなり新しいと思う。

悪魔に憑依された人を拷問にかけて、苦痛を与えて、追い出すとかなかなかだよ。     

     

 

怖くないホラー映画で、痛々しいシーン多め。

悪魔払い系ホラーで怖いのかなって思う人もいるだろう。

個人的には、全く怖くなかった。

こういうホラー映画といえば、何かがいるみたいな謎に包まれつつ、ちょっとずつ怖がらせたりする。

そのちょっとずつ怖がらせる部分がロリコン神父の変態的な怖さになってる。

いや、ちょっと求めていたものと違うなって思ってしまった。

 

というよりも痛々しいシーンが多めなんだよね。

まぁ、

拷問等のシーンがあるから、痛々しいシーンが多めなのはしょうがない。

特に爪を剥ぐシーン。

数枚爪を剥ぐから、マジでみてらなかったぜ。

音も無駄にリアルでホント痛々しい。

他にも指を1本ずつ折るシーンもあるんだ。

ホラーなのにどこかスプラッター臭のする映画だった。

         

 

あれ?主人公の神父様のロリコン設定いらなくね?

何故か主人公の神父さんがロリコン臭がする。

最初のパソコンで女の子のそれ系の動画を検索したことから始まってる。

そっから、ロリコンっぽい言動が凄い目につき始める。

物語終盤には、そのロリコン設定全く必要ない展開だった。

そもそもロリコンと思わせる演出が必要なんだろうかと疑問に思ってしまった。

ただただ観てるこっちが気持ち悪いなって思うだけであったなぁ…

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ロリコン神父のヤバい行動の数々が酷すぎた。

パソコンで女の子のそういう動画を検索する。

凄い葛藤してる感が強かったね。

ダメだダメだ!みたいな声が聞こえてきそうだったわ。

友達の女の子の部屋をこっそり覗く?

取り憑いてる悪魔なのかそれともロリコン神父様なのかどっちかわからんかった。

そもそも1回目なんで驚いてるかわからなくて、巻き戻してしまったわ。

服を脱がせて、服の匂いを嗅ぐ。

その後の話で悪魔の臭いがするかどうかを確かめるみたいな趣旨あるみたいだけど、完全に変態だよな。

てか、その前にヘッドバットで気絶させるのはどうかと…

友達の子供さんやで??

もうちょっと優しくしてあげなさいw

しかも、全裸にして写真まで撮ってるんだぜ?

刑務所送り必須な状況だ。

排泄物を採取する。

これも悪魔に取り憑いてるか調べる為にやったようだが、やってる時の顔よ。

絶対違う目的もあったよね??

 

以上がロリコン神父がやってきた変態行為。

最初のやつ以外は、悪魔に取り憑かれているか調べる為の行動らしいが、これ完全に変態詐欺師の行動だろって思っちゃう。

その他にもドヤ顔で女の子に腐った肉を喰わせたが、分からずに食っていたってその親に話してた。

 


 

ネットフリックス配給のメキシコ映画をご紹介

この作品を始め、色んなネットフリックス配給のメキシコ映画がある。

3つのメキシコ映画を紹介しようと思う。

 

ネットフリックス配給のメキシコ映画3本

  1. ローマ
  2. 闇に棲むもの
  3. 父親募集中

 

ローマ

第91回アカデミー賞(2019年)に受賞したドラマ映画。

とある家政婦と雇い主一家の関係を描いた作品で、全編白黒映画となっている。

www.kikuhi-movie.com

 

闇に棲むもの

一応ジャンルとしては、ホラーとなっているが、観た感じクライムアクション映画。

行方不明の妹を探す為、とあるホテルへと寄ったが、そこで不気味な客たちに会うことになる。

ホラー要素は殆どなく、アクションシーンがクライマックスにある。

www.kikuhi-movie.com

 

父親募集中

感動系のドラマ映画。

BMXの大会に出たいが為にタクシー運転手に父親がわりになってもらって出場しちゃおうって話だ。

父親候補の方や主人公の娘サイドと結構泣かせにきているメキシコ映画だ。

www.kikuhi-movie.com