菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)映画の中に入っちゃった!?13日の金曜日「っぽい」パロディホラー…ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオ(感想)

    

映画の中に入っちゃった!?13日の金曜日「っぽい」パロディホラー…ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオ(感想)

 

映画の中に入っちゃった!?13日の金曜日「っぽい」パロディホラー…ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオ(感想)

映画の中に入っちゃった!?13日の金曜日「っぽい」パロディホラー…ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオ(感想)

ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオより引用

 (C)2015 sonypictures entertainment.All Rights Reserved

表紙からして隠す気ゼロの「13日の金曜日」パロ。

しかもただのパロじゃない。

映画内に入り込む設定に加えて、なかなかな豪華キャスト。

出演映画を観たら、何かしら知ってる作品に出演しているキャスト陣がスプラッターのお約束と個性的なキャラで笑わせにくる。

 

↓ Amazonプライムビデオにもあります ↓

 

キャスト

タイッサ・ファーミガ
マリン・アッカーマン
アリア・ショウカット
アレクサンダー・ルドウィグ

トーマス・ミドルディッチ
ニーナ・ドブレフ
アダム・ディヴァイン
アンジェラ・トリンバー

あらすじ~

 ホラー映画女優の母アマンダを交通事故で亡くした少女マックス。

3年後、ようやく母の死から立ち直りつつあった彼女は、かつて母が出演した80年代ホラー映画を友人たちと見に行くことに。

しかし上映中の劇場内で火事が発生し、マックスは逃げ惑ううちに映画の中に入り込んでしまう。信じられない出来事に戸惑いながらも、ナンシー役を演じる母に会うことができ喜ぶマックス。

ところが、シナリオ通りに殺人鬼も出現し、登場人物たちは次々と惨殺されていく。マックスは母の命を救うべく奮闘するが……。

 

映画.comのファイナル・ガールズ惨劇のシナリオの作品紹介、解説欄より引用

 

解説

 ひょんなことから1980年代ホラー映画の世界に入り込んでしまった少女の運命を描いたホラーコメディ。

主演は「記憶探偵と鍵のかかった少女」「ブリングリング」のタイッサ・ファーミガ。

母親役を「ウォッチメン」のマリン・アッカーマンが演じた。

 

映画.comのファイナル・ガールズ惨劇のシナリオの作品紹介、解説欄より引用

 

意外と色んな俳優が人気映画に出演している今作。

 

タイッサ・ファーミガは、他にも「死霊館のシスター」で主人公のシスター役、「運び屋」にも出演している。

 

マリン・アッカーマンは、ニコラスケイジ主演の「ゲットバック」、ドウェインジョンソン主演の「ランペイジ 巨獣大乱闘」にも出演している。

 

アレクサンダー・ルドウィグは、ピーター・バーグ主演の「ローンサバイバー」、ローランドエメリッヒ監督の「ミッドウェイ」、ウィルスミス主演の人気シリーズ「バッドボーイズ フォー・ライフ」などに出演。

 

トーマス・ミドルディッチは、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」、「キングコング: 髑髏島の巨神」、「ゾンビランド:ダブルタップ」など多数の人気映画に出演。

 

アンジェラ・トリンバーは、2009年公開の「ハロウィン2」に出演している。

同じスプラッター映画だね。

 

こんな感じで書ききれないほど色んな映画に出演しているキャストたち。

実績は、かなりのもので、豪華キャストと言えるね。

   

原題、The Final Girls

上映時間、91分

監督
トッド・ストラウス=シュルソン
脚本
M・A・フォーティン
ジョシュア・ジョン・ミラー
製作
マイケル・ロンドン
ジャニス・ウィリアムズ

 

配給、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

 

 

    

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

怖さランク…1.5/6

 

 個人的評価…6/10

 

 

  目次へ戻る     

あ、あれ?ジェイソ…

あ、あれ?ジェイソ…

ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオより引用

 (C)2015 sonypictures entertainment.All Rights Reserved

一文感想 ↓

スプラッター好きは特に笑えて面白い…面白い映画。

 ビックリするほど笑えて面白かった作品。

 

面白かった理由は…

個人的に思う理由は、これで、特にスプラッター系が好きであればあるほど笑える映画。

 

映画の中に入り込むことができるラストアクションヒーローっぽい設定と明らかに13日の金曜日っぽい映画作品は、かなり良い組み合わせ。

 

特に数プラッター系のお約束やキャラで、笑いを取ろうとする感じは、スプラッター好きには堪らなく笑える。

逆にスプラッター系興味なかったら、そこまで笑えないかもしれない。

 

でもあのキャラクターのクセの強さは、絶対笑えると思うんだけどな。

 

最後の最後まで笑えて、楽しめる。

エンドロールでは、NGシーンや未公開シーンっぽいのも入っているので、最後まで余すことなく楽しめた。

 

映画内に入り込む設定ととある映画のパロ。

これでもかってほどお約束で笑いをとる感じは、スプラッター好きには堪らないぞ。

キャラのクセが強すぎて笑。

たくさんの個性豊かなキャラが登場してわ、クセ全開で笑わせにくる。

ホラーコメディでこんなに笑うと思わなかった。

 

ホラーコメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.7

映画.com 3.6

 評価めっちゃ高。

色んなシーンで笑ったようだが、やはり、13日の金曜日を知らないとあまり笑い辛いこと。

13日の金曜日パロだしね。

ただ、みんなのレビューからは、大満足って感じが伝わってくる。

 

高評価の意見としては…

 冒頭のB級感最高!、回想シーン笑った

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

映画の中のキャラクターたち

映画の中のキャラクターたち

ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオより引用

 (C)2015 sonypictures entertainment.All Rights Reserved

どんな映画?)スプラッター映画の中に入り込む。

 スプラッター映画の序盤で、ベッドシーン後に男と死ぬ女性の子供が主人公。

「血まみれのキャンプ場」の鑑賞会に出演してた女優の娘として、参加させられ、火事にあって…

なぜかその映画内に

 

映画自体は、シュワちゃんのラストアクションヒーローみたいな感じだが、一つの映画内にしかいない。

映画から自由に出られるわけでもないから、なかなかな地獄。

スプラッターのお約束と個性的なキャラで、スプラッター好きを笑わせにいってる作品。  

 

映画内に入り込む設定ととある映画のパロ 

シュワちゃんのラストアクションヒーローみたいな設定。

映画内に入り込んでしまうというもの。

今作は、1作の映画しか入り込まないが、意外とありそうでなかった。

 

それだけじゃない、スプラッター映画の13日の金曜日っぽい映画の中に入り込んでしまうんだ。

絶対入りたくないジャンルだよな笑。

因みにタイトルは、「血まみれのキャンプ場」

 

このキャンプ場は、クリスタルレイクのキャンプ場にそっくり。

他にもアイスホッケーマスクならぬ謎の民族マスクを被ったナタ装備の大男が登場する。

 

ここで、すでに笑えてしまうんだ、随所にスプラッターのお約束を入れてくるのも笑える。

死亡フラグおっ立てたり、ベットシーン後に登場したり…

他にもストリッパーダンスをしたら、登場する謎設定笑。

 

よく壊れるアメ車での殺戮シーンがなかったのが残念だったね。

でも、これでもかってほどお約束で笑いをとる感じは、スプラッター好きには堪らないぞ。

 

 

キャラのクセが強すぎて笑

主人公のお母さんは、まともだが、それ以外がクセ強すぎて…

70年代ファッションに身を包んだ黒人男性。

顔のクセが強すぎるわ。

なんだよあお困り眉は。

映り込むたびに笑そうになるわ。

 

アダム・ディヴァイン演じるチャラ男。

アダムさんってよく冴えない男性で、優しい役が多いんだが、今作では真逆。

しかも、そのキャラが悪意ありまくり笑。

「絶対わざとだよね??」って思えるほど、凄い経験人数多いですアピールしてくるわ、下ネタ全開だわで…

 

こちらもクセが異様に強い。

次に脱ぎたがりの女性。

凄い頭の弱ーい感じのキャラで、主人公の知り合いの薬をたくさん飲んでハイになっちゃったりする。

そして…ストリップダンスのクセが強すぎる。

なんだろう…エロシーンなんだろうが、凄い笑えてきてしまう。

 

とたくさんの個性豊かなキャラが登場してわ、クセ全開で笑わせにくる。

ホラーコメディでこんなに笑うと思わなかった。

 

 

 


 目次へ戻る