菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)あれ?予想以上に怖いやん…Netflix映画あるメイドの秘密(感想、結末)

    

あれ?予想以上に怖いやん…Netflix映画あるメイドの秘密(感想、結末)

 

あるメイドの秘密

あるメイドの秘密

ネットフリックス公式サイトのあるメイドの秘密の作品情報より引用

 (C)2020 The maid Netflix.All Rights Reserved

舞台はおそらくタイ。

言語がタイってだけで、特に場所は分からない。

Netflix配給のホラー映画は、あまり怖くない印象で、あまり期待せずに観た結果…意外と怖くて良かった。

内容は、さておき…2種類のホラーが楽しめて、飽きずに観られるぞ。

 

 

キャスト

ティラパット・サジャクン

 

サーウィカー・チャイヤデート

 

カンナポーン・プアントーン

 

プローイ・ソナリン

 

ラトチャノク・スワンナケート

 

キータパット・ポーンクルイア

あらすじ~

幽霊屋敷で働き始めたメイドを待ち受ける、家主の恐るべき秘密と闇でうごめく怨霊の影。

だが、恐怖におびえる彼女の胸には、復しゅう心が秘められていた...。

 

ネットフリックス公式サイトの作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、the maid

上映時間、102分

 

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

2種類のホラーが楽しめます…面白い映画。

前半の幽霊的なホラーは、正直怖かった。

ビックリして、この感じが続くのか!?と期待した。

だが、後半は何故かガラッと変わったホラー映画が展開される。

困惑したが、殺人鬼のウキウキ具合とキャラクター性が個人的には良かったので、満足。

 

まぁ、無理に2つのホラー要素を1個にまとめたせいで、ストーリー的におかしな部分が出てきてしまったのがとても残念。

ただ、ホラーとしては楽しめたのは事実だよ!

 

とある幽霊メイドの恐怖。

前半、しょっぱなから本気だしてビビらせに来る感じ…とても好きだった。

 

後半のある種違ったホラー。

殺人鬼のニコニコ具合やキャラクター性、殺し方が良かったのが救い。

 

ストーリー的に気になる事があったの残念…

2種類のホラー要素を無理に1個の映画にまとめたのが、一番の原因だよなぁ…

 

 

Netflixのホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

現状項目すらありませんでした

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

とある幽霊メイドの恐怖

この幽霊メイド…最初っからクライマックスだ笑

 

「なんとなく期待しないで観たら、冒頭から本気で来てたから、びっくりしたわ…」

「前半部分は、この幽霊に恐怖するパートなんです…」

 

なんも身構える事なく、観てたら開始早々幽霊さんが視聴者をビビらせに来ている。

怒涛の幽霊のやり口にびっくりした…

イメージ、ワッと驚かす感じ。

個人的に何度もビクッとなった。

霊的なものといっても動き方が4足歩行のクリーチャーっぽかったりとある種定まってない。

まぁ、怖かったから良しとします笑

 

 

 

後半のある種違ったホラー

Netflixの公式サイトに連続殺人鬼映画とか書いてて、ネタバレやん!?と思ったが…

観た結果、斜め上の展開だった。

 

「めっちゃ怖ってなった後、急に説明パートを経て、毛色の違うホラーに切り替わって困惑したんだが…」

「色々思うところがあったが、あれはあれで楽しめたから、良いと思ってる。」

 

全く違うホラーへと切り替わるんだ。

正直困惑した。

ただ展開あれはあれで面白く、特に人を殺すシーンのウキウキ具合が癖になりそう。

殺人鬼がニッコニッコなんだよね笑

めちゃくちゃサイコパス

殺しのバリエーションも富んでいている。

結末も思っていたのと違う形になっているので、飽きずに観る事が出来た。

 

個人的にタイの歌?

刺して引いて刺して引いて刺して引いて…(ループ)がなんか癖になる。

頭から離れないわ。

 

 

ストーリー的に気になる事があったの残念…

2種類のホラーが合わさっていて、100分ちょっとという尺なので、どうしてもストーリー的に変な部分がある。

 

「個人的に飽きずに楽しめたが、ストーリー的には、おかしなところや疑問点が多かった。」

「正直…頑張って1つの映画としてまとめる必要がない気がした。

だけど、ストーリー以外で楽しめたので、良いかなって思っちゃった笑」

 

特にストーリーにおかしな部分や疑問に思う部分が多い。

  1. 最初に出てきた幽霊はどうなったの?
  2. なんで、あいつ捕まらないんだろう?
  3. 子供は、何も思わなかったんだろうか…

と大きく分けたらこの3つになる。

 

最初に出てきた幽霊。

前半の途中からパッタリと出てこなくなる。

その後、事の顛末が分かり、後半違う感じのホラーへと切り替わる。

あれ?あの霊は成仏したの?

この部分は、最後まで謎なまま。

なんか成仏したっぽいけども、もっとちゃんとえがいてほしかった。

 

次がなんであの殺人鬼捕まらないのか。

連続殺人鬼だから、一人だけじゃない。

何人も殺してんだけど、なんでか捕まらない。

ラストもあんだけやってバレないの凄いのか、タイ?の警察が無能なのか…

言語がタイだから、おそらくタイが舞台だと思う。

その辺の話の辻褄が変と感じる…そう思う人も多数出てくるだろう。

 

一番の疑問。

子供は何を思っていたのか…

ラストも何故か子供は何も疑問に思う事なく、ついていく。

これが一番変。

懐いていただけじゃ不自然すぎる。

 

と内容的には、ツッコミどころがある。

つまるところ、2つに分ければ良かったのでは?と思う。

2種類のホラーを無理に1個にまとめたせいでこうなってしまった感が…

それか、いっそのことアンソロジー(短編作品集)にしても良かったなぁ…なんて思う。

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

主人公の家政婦が上白石萌歌に似ている

誰かに似てるなぁ…って思ったら、上白石萌歌だった。

義母と娘のブルースなどにでてきている女優さん

髪型もどことなく似ていた。

それが、ニッコニッコで人を殺しまくってて、ちょっと笑ってしまった。

凄い良い笑顔なんだよね…

 

急にスプラッター風になるのビックリする。

急にスプラッターの連続殺人鬼に主人公がなり、姉の復讐で、皆殺しにし始める。

 

え。

そういう感じになるの?

 

あれはあれで面白かったが、ちょっと無理やり感が…

 

 

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

プロイ(幽霊で、主人公の姉さん)

ニド(金持ちの夫婦の女じゃなく、金持ちの夫とプロイの隠し子)

主人公は連続殺人鬼、皆殺しだ。

主人公が姉のプロイの行方を追うため、とある金持ちの屋敷へと家政婦として働く。

そこで、亡霊のプロイに導かれ事の顛末を知る。

 

金持ちの屋敷の奥さんを慰めていたプロイは、夫にも手を出してしまう。

そして、そよ夫とプロイの間に子供ができる。

だが、プロイは浴槽で滑って頭を打ち、瀕死の重症となる。

死んだと思い込んだ金持ち夫婦は、家の庭に埋めようした。

だが、埋めている途中まだ生きていたのだ。

だが、それを見て見ぬふりして生き埋めにしてしまう。

 

プロイの妹の主人公は、屋敷の人を一人ずつ殺していく。

たまたま奥さんの誕生日パーティーで、来客がたくさん来ていた。

だが、その来客も全て殺し、屋敷の運転手、他の家政婦、金待ち夫婦全て皆殺し。

子供だけは、助けて主人公が育てるのであった。

 


 目次へ戻る