菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)メリル・ストリープが乙女乙女してる!?…Netflix映画ザ・プロム(感想、その他)

    

リル・ストリープが乙女乙女してる!?…Netflix映画ザ・プロム(感想、その他)

 

ザプロム

ザプロム

ネットフリックス公式サイトのザ・プロムの作品情報より引用

 (C)2020 The Prom Netflix.All Rights Reserved

メリルストリープやニコールキッドマンなど豪華キャストを迎えたミュージカル映画

同性愛者がプロムで同性を誘おうとして、PTMの会長に止められ、あわやプロム中止の自体にまで発展してしまうというちょっとリスキーな題材。

ニコールキッドマンの色気やメリルストリープの乙女な感じがとても見所だぞ。

 

 

キャスト

メリル・ストリープ
ジェームズ・コーデン
ニコール・キッドマン
ケリー・ワシントン
アンドリュー・ラネルズ
キーガン=マイケル・キー
ジョー・エレン・ペルマン
アリアナ・デボーズ
メアリー・ケイ・プレイス
ケヴィン・チャンバーリン
トレイシー・ウルマン
ローガン・ライリー
ソフィア・デラー
ニコ・グリーサム
ナサニエル・J・ポトヴィン

あらすじ~

インディアナ州の田舎町で、同性の恋人とプロムに行きたい女子高生を応援するために、落ち目のブロードウェイスターたちが町に乗り込んでくる。

 

ネットフリックス公式サイトのザプロム作品紹介、解説欄より引用

 


『ザ・プロム』ティーザー予告編 - Netflix

原題、The Prom

上映時間、132分

監督

  ライアン・マーフィー

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

豪華キャストに意外と笑えるコメディミュージカル…面白い映画。

 あんまりミュージカル見ないし、ハマらないんだけど、個人的にはこのミュージカルハマった。

コメディ調で笑えるところが多かったのと豪華キャストのミュージカルが純粋に見応えがあったんだよね。

 

明らかにメリルストリープとか自虐ネタだろって部分を入れつつ、乙女していたり…

この乙女してるメリル・ストリープが凄い新鮮で笑ってしまった。

ニコールキットマンの色気に悩殺されそうになりつつもキレッキレでバラエティに富んだミュージカルも見応え抜群。

 

題材が同性愛者の迫害って部分がかなりリスキーだなって思った。

迫害が全く可愛くない。

ドン引きする程酷いもので、謝っても到底許したく無いものだった。

オチに繋げる部分がちょっと違和感があったのも残念。

良い面もありつつ残念な面もあった。

個人的には楽しめたね。

 

メリル・ストリープが乙女乙女してる件について話そうか。

ネトフリ映画だったら、好きだった君へのラブレターみたいな高校生がキャッキャしながら、恋愛を楽しんでいる感じで、メリル・ストリープが乙女してた。

題材が賛否両論ありそうなんだよね。

同性愛者が迫害される始まり方がやはり観ている人にとっては、耐え難いものになるだろうね。

セレブって大変ね。

トラウマだったり周りの目だったりとセレブって大変ねって純粋に思った。

 

ミュージカル映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

メリル・ストリープが乙女乙女してる件について話そうか。

 みんなダンスが凄いとかイコールキッドマンセクシーとか色々と感じていると思う。

菊飛個人は、観終わって一番最初に思ったことは…

 

メリル・ストリープ乙女乙女してる!?!?

 

 

メリル・ストリープって個人的にはザ大人の女性で物凄い厳しくも何処か暗い影のある上司若しくは凄い偉い人。

乙女っぽい感じとは真逆なんだよね。

個人的なイメージだけど。

 

乙女乙女っていうのは、恋する乙女みたいな感じで、90年代のキャメロンディアスのラブコメ映画みたいな感じじゃなく、もっと子供のような恋。

ネトフリ映画だったら、好きだった君へのラブレターみたいな高校生がキャッキャしながら、恋愛を楽しんでいる感じ。

 

メリル・ストリープがちょっとキャッキャしてた笑

凄い新鮮で面白かったんだ。

特にメリル・ストリープ「私フリーよ、速く誘って誘って!!」って目をキラキラさせてるところね。

直接言ったわけじゃないよ?

そんなニュアンスで言ってきてるんだよ。

とても笑わせてもらった。

 

他にも随所随所でメリル・ストリープが乙女してるので、メリルファンはとても楽しめるかと思われます。

 

メリル・ストリープのことばかり話しているが、他のキャストのミュージカルもなかなかだった。

結構ミュージカルしていた作品なんだがね、意外と色んなジャンルに富んだもので飽きなかった。

ダンスもビビる程キレッキレ。

まぁ、ミュージカルだからダンスが下手だったら、あれだけど…

 

特にニコール・キッドマンの色気回がとても良かった。

大人の色気がプンプンしていたぜ。

まさに大人の女性で、カッコいいと素直に思える程だ。

      

     

 

題材が賛否両論ありそうなんだよね。

 言ってしまえば、同性愛者が迫害される映画。

ちょっと迫害の仕方がかなりえげつなかったんだよね。

謝ってこれは許されるレベルかな??って思うレベルのえげつなさ。

この部分は、観ていてドン引きした。

 

最後はうまい具合にまとめていたが、なんだろう…個人的には引っかかる。

多分だけど、迫害した首謀者のPTA会長の女性はが何か深い過去があったようだが、そこ全く語られていないんだよ。

そのせいだと思う。

ただ単にマジきちな母親でしかなく、オチに繋げる展開も何処か疑問に思ってしまい、違和感のあるものとなってしまった。

その部分がとても残念だった。

         

 

セレブって大変ね。

 みんな何かしらのトラウマを抱えている。

それ以外にも批評家の意見やら世間の目も気にしており、休まる暇がないというやつだ。

観ていて純粋にセレブって大変ね…なんて思ってしまう。

 

プロムについて思ったことがある。

みんなドレスアップして、好きな子っを誘うんだが、凄い大変なイベントだよね。

だって、学校行事で強制的に好きな子若しくは気になる人を誘わないといけないんだぜ?

まぁ、いないって人は、適当な余った人を誘うんだろうけども…

人生の中で最大の山場並に大変じゃないかと思ってしまった。

もし、自分の通っている高校にプロムなんてものがあったら…なんて考えちゃうと鳥肌が立ってしまう。

 

 

 

 

「ザ・プロム」を楽しむ為に…プロムについて

高校生のラブコメ映画とかでは定番中の定番イベントのプロム。

なので、他の映画を観て知ってるよ!!なんて人も中にはいるだろうが…一応日本では馴染みがないので、紹介する。

 

英語では、Promで、プロムナード(promenade、舞踏会)の略称なんだ。

イギリス・アメリカ・カナダの高校で学年の最後に開かれるフォーマルなダンスパーティーのこと。

大学でもあるらしく、原則として男性が女性を誘うらしい。

映画では、女性が女性を誘おうとして、PTA会長がご立腹でしたね。

そして、参加は強制ではないんだって。

相手がいなかったりしたら、出なくていい。

女性のドレスは、専用の雑誌があったりするくらいなんだ。

男子は女子に花飾りやブーケを贈る習慣がある。

 

ここからは、プロムの独特なところで、一番良いと思う男性と女性を決めるんだ。

そこで選ばれた人は、人気者確定らしく、このザを狙う人が大勢いるらしい。

因みにこういう一番を決めたりするのが嫌とか反発する人たちがアンチプロムという少人数で行うプロムとかもあるらしい。

 

ほんと色々自由なんだなって思う。

ポスト・プロムやアフター・プロムと呼ばれる二次会のようなパーティが開かれることもあるって。

 

日本には馴染みのないプロム。

日本の忘年会や成人式みたいな一面もありつつ、一番を決めるっていうもうすでに社会の競争が始まっている感は、海外らしいなって感じたね。