菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)密林で展開されるインディース映画…Netflix映画悲哀の密林(感想)

    

密林で展開されるインディース映画…Netflix映画悲哀の密林(感想)

 

密林で展開されるインディース映画…Netflix映画悲哀の密林(感想)

密林で展開されるインディース映画…Netflix映画悲哀の密林(感想)

ネットフリックス公式サイトの悲哀の密林の作品情報より引用

 (C)2021 Tragic Jungle Netflix.All Rights Reserved

密林の中で、ガムの原料を取る人、主人公を追うイギリス人に翻弄される主人公。

終始密林シーンで、独特の世界観を展開している今作。

クライマックスは、スリラー風のインディーズ映画だ。

 

 

キャスト

インディラ アンドレウィン

ヒルベルト・バラーサ

ガビーノ・ロドリゲス

エリヒオ・メレンデス

マリアノ・トゥン・ソール

デイル・カーリー

ホセ・アルフレド・ゴンサレス・ズール

エリセオ・マンシ-ジャ・デ・ラ・クルス

あらすじ~

決められた相手との結婚から逃れるために、マヤの密林へとやってきたひとりの女。そこには、手つかずの大自然と人と超自然的な伝説が共存する世界があった。

 

ネットフリックス公式サイトの悲哀の密林の作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 目次へ戻る

 

原題、Tragic Jungle

上映時間、96分

監督

ユレネ・オライゾラ

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

密林の中で起こるスリラー風ドラマ…まぁまぁな映画。

イギリス人との結婚が嫌で逃げてきた主人公が密林の中で出会った作業員に捕まるドラマ。

一応ドラマって書いたが、後半はスリラーみたいなのが入っている。

クライマックスの緊張感と主人公に対する考察が見所だ。

 

クライマックスでは、作業員がボスというやつから逃げようとしている。

実際は、追ってきているが、それは本当にボスなのか。

そして、主人公の倒れてからの雰囲気の急激な変化は、何なのか。

特に主人公の変化の考察は、色々と取れるので、観終わった後、考察する楽しみがあるぞ。

 

 

密林の中での独特なドラマ。

途中から喋らなくなる主人公にクライマックスのスリラー&ホラー感は、この映画の見所だ。 

個人的には、主人公の立ち位置に考察の余地あり。

実は途中で主人公は死んでいたのではないか?

変わった設定若しくは性差別についての映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画モンスターその瞳の奥に(感想)…無実か有罪か、独特な緊張感のある映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ブルー・ミラクル(感想)…実話×釣り×孤児院の異色設定 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

どんな映画?)イギリス人から逃げる花嫁が密林で倒れる。

理由は分からないが、何故かイギリス人との結婚を嫌がって逃げている。

その間、追われて、ここも理由は分からないが、殺そうとする。

そして、主人公は、密林の中で倒れてしまった。

 

主人公の経緯は、殆ど語られない。

どうやら結婚から逃げ出したって事実だけだ。

時代背景も分からず、ずっと密林の中の今作。

 

主人公の変化やクライマックスの緊張感がこの映画の見所だ。

 

密林の中での独特なドラマ。

凄いジャンル選定が難しい映画。

密林の中で保護された主人公が言葉も分からないメキシコ人?と共に生活する。

そこで、ガムの利権争いが行われる。

 

黙々と作業する人たちと終始無言の主人公。

主人公は、この映画中に両手で数える程しか喋ってない。

しかも、最初の30分くらいまでしか喋っておらず、そこからずっと喋らずに無言。

言語が違ったって設定だが、これはこれでかなり不気味。

 

現地の人々も黙々と作業をして、良からぬことを企んでしまう。

ボスにガムを渡しているようだが、そのボスを裏切ろうとする。

森林の中にいる見えない敵と戦いながら、一人ずつ消えていく感じは、スリラーやホラー感も漂わせる。

 

途中から喋らなくなる主人公にクライマックスのスリラー&ホラー感は、この映画の見所だ。 

 

個人的には、主人公の立ち位置に考察の余地あり。

途中から突如喋らなくなってしまう主人公に色んな考察が出来るこの映画。

観終わった後、考察できる楽しみがあるのは、とても良い事だ。

 

個人的にネタバレなしでの考察はこのような感じだ。

実は途中で主人公は死んでいたのではないか?

 森の伝説か何かの乗っ取られていたのではないか?そういう考察だ。

実際、主人公が死んだ描写とか何もないけど、途中からあきらかに雰囲気が変わりすぎている。

それに途中から森の中でとある理由で倒れてしまったんだ。

その後のあの不気味な感じ。

倒れる前は、おどおどした雰囲気を醸し出しているのに対し、倒れた後は、どこか魅惑的でどっしり構えている。

しかも無言で、顔つきもどこか少し微笑み気味だ。

 

結婚相手が銃で撃って、殺す勢いで探しているのに倒れてからこんなに冷静になれるのは、ちょっとおかしいのでは?

あらすじにもある通り、「超自然的な伝説」っていうくらいだし、森の精霊か何かに乗っ取られたと考えたね。

 

それに保護していた人は、ガツガツとガムの原料を取りまくっていた。

それが精霊の逆鱗に触れたのかもしれない。

まぁ、これはあくまで考察だがね。

オチの雰囲気からしても、そのような感じを醸し出していた。