菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)スペイン産コックリさんホラー…映画エクリプス(感想、その他)

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

スペイン産コックリさんホラー…Netflix映画エクリプス(感想、その他)

 

感想評価)スペイン産コックリさんホラー…映画エクリプス(感想、その他)

感想評価)スペイン産コックリさんホラー…映画エクリプス(感想、その他)

 (C)2017「エクリプス」上映委員会.All Rights Reserved

 

実際にスペインで起こった事件で、初めてスペイン警察が心霊現象を認めた事件を題材に作られた映画。

ジワジワ攻めてくるホラー映画で、日本のこっくりさんのようなゲームをしたら、呪われた話。

ポルターガイスト現象やチラっとガラス等に映りこむ演出が活かすぜ。

 

 

 

キャスト

サンドラ・エスカセナ
クラウディア・プレイサー
ブルーナ・ゴンザレス
アナ・トレント
レティシア・ドレラ
コンスエロ・トゥルヒーヨ

あらすじ~

父親を亡くしたベロニカは、仕事に追われる母親に代わって幼い弟妹の世話に明け暮れる毎日を送っていた。ある日、マドリードの街で日食が起こる。

学校の生徒たちが屋上へ観察に向かう中、ベロニカは同級生たちと地下室にこもり、降霊術の文字盤を使って父親の霊を呼び出そうとする。

しかし上空で月と太陽が重なった瞬間、文字盤が割れてベロニカは気を失ってしまう。

その日を境に、ベロニカの周囲で不可解な現象が次々と起こりはじめ……。

 

映画comのエクリプスの作品紹介、解説欄より引用

 

解説

「REC レック」シリーズのパコ・プラサ監督が5年ぶりにメガホンをとり、降霊術で恐ろしい存在を呼び覚ましてしまった少女を襲う恐怖を描いたスパニッシュホラー。

シネマート新宿、シネマート心斎橋にて開催の特集企画「のむコレ」(17年10月28日~)上映作品。

 

映画comのエクリプスの作品紹介、解説欄より引用

 

原題、Veronica

上映時間、106分

監督
パコ・プラサ
製作
エンリケ・ロペス・ラビニュ
製作総指揮
マリア・アングロ

 

配給、「エクリプス」上映委員会

 

 

ストーリー7/10

キャスト…5/10

怖さランク…3/6

 

 個人的評価…7/10

 

 

一文感想 ↓

実話系ホラーでそこそこ怖い…面白い映画。

襲われるベロニカ

襲われるベロニカ

 (C)2017「エクリプス」上映委員会.All Rights Reserved

 

実際にスペインで起こった事件で、初めてスペイン警察が心霊現象を認めた事件を題材に作られた映画。

ほぼ実話に乗っ取って作られており、エンドロールには事件で撮影された写真も添付されている。

どれもこれも生々しく大体同じという恐ろしさ…

特にベットのシミが本物だなんて…

 

残念な点)

ベロニカが可哀想すぎる。

 

良かった点)

超常現象系のホラーのクオリティが意外と高い。

ラストの実際の写真がより怖さを増す。

死のシスター怖すぎ

 

ベロニカがとっても可哀想で仕方ない。

死んだ父に遭いたいって健気な気持ちから降霊術(こっくりさん的なの)をやって酷い目にあう。

普段も兄妹の世話をしており自分の時間皆無…

 

個人的に超常現象系のホラーのクオリティがとても高く感じた。

ホラー演出の見せ方は、良い感じに怖く感じ、エンドロールの実際の写真でよりゾッとさせられた。

個人的には死のシスターこと目の見えないシスターの風貌が怖すぎる…

 

ベロニカがとっても可哀想。

どこまでベロニカをいじめれば気が済むんや!って思ってしまう。

ホラー映画館だけど、ベロニカ幸せになってくれと願っていた。

超常現象系のホラーのクオリティが高い。

色んなホラー演出を取り入れ、音や見せ方で徐々に怖がらせてきており、予想以上に良い出来だった。

ラストの実際の写真がより怖さを増す。

実話系のホラーで警察の証拠写真を添付するという怖さ倍増手法は、個人的に好みなホラー映画の手法だ。

 

実話系のホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.2

映画.com 2.9

フィルマークスの方では、怖い!やベロニカが不憫といったコメントが多数。

やはり、実話×ホラーでラストに実際の写真も添付されると怖さ倍増するよね。

 

映画.comでは、辛口なコメントであった。

 

 

 

 

実話ベースのホラー映画の感想はこちら)

感想評価)死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(感想)…悪霊と人のタッグ!悪魔祓い×スリラー風ホラーはまさに新感覚 - 菊飛movie

 

感想評価)悪魔の棲む家(2005年)(感想)…アミティビル事件が元となった実話ホラー - 菊飛movie

 

感想評価)モルグ死霊病棟(感想、裏話)…ほん怖みたいなB級ストーリー - 菊飛movie

 

死霊館エンフィールド事件…史上最長のポルターガイスト事件の実話(感想、結末、裏話) - 菊飛movie

 

実話ベースのB級ホラー…ディアボロ世界一呪われた事件(感想、結末) - 菊飛movie

 

感想評価)実話をもとにした最恐ホラー映画…死霊館(感想、結末、裏話) - 菊飛movie

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

ベロニカがとっても可哀想。

実話ベースのホラーで、主人公のベロニカが友達2人と日本でいうコックリさんをやってしまう。

 

日本のコックリさんだと途中で手を離してはダメだが、スペインの場合は、良いらしい笑。

 

このコックリさんが原因で、ベロニカが大変な目にあってしまう。

 

ベロニカは、朝は、弟妹たちの’ご飯の支度やらおねしょの始末など家事に追われている。

学生なので、学校にも通い、弟妹たちを連れて帰ったら、世話をしたり、ご飯を作ったりする。

 

そう、殆ど自分の時間がない!

そんなベロニカは、お父さんが恋しくなり、コックリさんでお父さんを召喚しようとする。

 

めちゃくちゃ健気!!

 

だが、失敗してベロニカだけ呪われてしまう。

この後ベロニカに恐怖が降りかかり…最後は、報われない終わり方をする。

 

どこまでベロニカをいじめれば気が済むんや!って思ってしまう。

ホラー映画館だけど、ベロニカ幸せになってくれと願っていた。

 

 

超常現象系のホラーのクオリティが高い。

ガチで怖い盲目のシスター

ガチで怖い盲目のシスター

 (C)2017「エクリプス」上映委員会.All Rights Reserved

 

本作は、死霊館3に近い演出。

幻覚、幻聴を使って、主人公を恐怖のどん底に陥れる。

マットレスの裏やポルターガイストの数々は、徐々に視聴者を怖がらせていった。

 

クライマックスは、除霊術を再開するが、悪霊がガチで邪魔してくる。

 

この辺の演出は、死霊館エンフィールド事件のクライマックスっぽい感じ。

十字架が落ちたり、色んなポルターガイストで鬼気迫る演出。

死霊館の場合は、十字架が逆さになるけどね。

 

狼と襲われている羊の絵も面白い。

主人公が襲われているシチュエーションを絵で表現させるカットとなっていて、この辺は、監督のこだわりがあったね。

 

ホラー演出の見せ方も良かった。

ガラス等の写り込みを利用したホラー演出やお化け屋敷風の演出と色んなホラー演出を交えていた。

 

クライマックスのコップで主人公を誘導するの新しい。

 

色んなホラー演出を取り入れ、音や見せ方で徐々に怖がらせてきており、予想以上に良い出来だった。

 

 

個人的にガチで怖いと思ったのは、死のシスターとか言われている盲目のシスター。

常時目を見開いていて、暗いところでタバコを吸っている。

目が見えない人って大体目を閉じてるような気がするんだが…

 

ちょっとファンキーな雰囲気を出しているが、幽霊が見えており、何も無いところを見始める。

見た目の怖さも相まってメチャクチャ不気味で怖い。

 

 

ラストの実際の写真がより怖さを増す。

本作は、実際にスペインで起こった事件で、初めてスペイン警察が心霊現象を認めた事件。

 

日時の正確さが実話臭を醸し出す。

 

特に良かったのは、実際の現場写真。

エンドロール時に実際の事故現場の写真も添付されているんだが、結構映画通りであった。

ガラスの散乱具合やロウソクが置かれている感じ。

ロウソクは、数とかデザインが違っている気がするが、実際にロウソクを立てていた。

 

特に怖かったのがマットレスの謎のシミ。

あれは、ガチだったらしい。

その事実を踏まえて、思い返して観ると数段怖く感じる。

 

実話系のホラーで警察の証拠写真を添付するという怖さ倍増手法は、個人的に好みなホラー映画の手法だ。

 

 

 

「エクリプス」のTwitter上での反応

実話を元にしているだけあって、ラストにゾッとした、意外と怖かったって意見がちらほらあった。