菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)結婚にも報連相が重要です…Netflix映画この子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~(感想)

    

結婚にも報連相が重要です…Netflix映画この子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~(感想)

 

この子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~

この子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~

ネットフリックス公式サイトのこの子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~の作品情報より引用

 (C)2020 You've Got This Netflix.All Rights Reserved

 

ジャンルはコメディのこの映画。

題名通り子供が欲しい裕福な夫婦の的にとある理由で赤ちゃんがくることになる。

コメディらしからぬほど面白い題材を扱っていて、色々と考えさせられたぞ。

それとね…赤ちゃんメッチャ可愛い!

 

 

キャスト

マウリシオ・オフマン

エスメラルダ・ピメンテル

マッテオ・ジャンニーニ

レヒナ・レイノソ

フアン・マルティンハウレギ

タト・アレクサンデル

ベロニカ・ブラーボ

フェルナンド・ベセリル

モイセス・アリスメンディ

ティアレ・スカンダ

マリアナカブレラ

モンセラート・マラニョン

ベロニカ・ランゲル

あらすじ~

 結婚生活は順調だった。子供が欲しい広告クリエイターの夫と、仕事に燃える会社役員の妻が衝突するまでは...。そんなとき、夫が意外なゲストを家に連れてくる。

 

ネットフリックス公式サイトのこの子をよろしく ~突然!? 育児トライアル~作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、You've Got This

上映時間、111分

監督

 サルバドールエスピノ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

赤ちゃん結婚と色々と考えされられる…面白い映画。

 ジャンルとしては、コメディらしいが、コメディらしからぬ程考えさせられるものだった。

子供欲しい派と欲しくない派の考え、夫婦間の報連相の重要性。

この2つは、かなり考えさえられた。

一言では片付けられないし、簡単なようでかなり難しい事だなって感じる。

その他に育児の大変さやメキシコの夫婦のイメージなど他にも考えさせられるところがあった。

これ、本当にコメディ?って程考えさせられたよ。

 

それ以外にもある。

赤ちゃんが可愛い。

ニッコリされちゃ手放すに手放せないよな。

それと、うんち食うのはヤバいよ?病院いこうぜ?笑

 

 

教訓)結婚にも報連相が重要。

2時間近くある尺で、丁寧に報連相の重要性を説かれている気がしてならない。

子育てって大変よね。

悪戯っ子な時期の子をなんも知識のない男性が急に預かるんだから、もうてんやわんやですわ。

子供欲しくない人vs子供欲しい人…見かけ以上に深く考えさせられた。

一言では片付けられない深く考えさせられる題材は、個人的に面白いと思った。

 

 

変わった設定若しくは性差別についての映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

 

レビューが溜まり次第更新していきます。 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

教訓)結婚にも報連相が重要。

この映画で学べる事は、沢山ある。

子育てが大変だとか子供への理解、それに男性の女性への偏見。

メキシコで作られてるんだけど、なんだか日本みたいに男の人があんまり家事育児しないっぽいよね。

話を戻すが、学べる事の中で一番重要なのは、結婚にも報連相が重要ってこと。

 

大元の原因が報連相がなってないことだし、これをしっかりしていれば、こんなにも大変な目に合わずに済むんだ。

まぁ、そんなこと言ったら、映画が成り立たなくなっちゃうんだけどね笑

2時間近くある尺で、丁寧に報連相の重要性を説かれている気がしてならない。

 

そう思う理由の一つに夫婦の会話で「何で説明してくれなかったの?」なんだ。

かなり重要な場面で意味深に発せられている。

個人的に観ていてすごく引っかかった。

夫婦喧嘩の原因を気づかせてくれそうだ。(菊飛は、夫婦円満です)

 

ここで、簡単に報連相の事について話す。

報告

目的を共有すること。

連絡

伝える対象に対するタイミングや相手、環境。

相談

伝える内容を誠実に事実を述べて、色んな意見を出し合う。

 

社会人としてとても重要な事だが、夫婦間だとどうしても言葉足らずやタイミングを逃し気味になる。

それが自分にとって都合の悪い事なら尚更だ。

これを踏まえてこの映画を見るとまた違った見方ができると思う。    

     

 

子育てって大変よね。

 タイトルの「この子」は、1歳過ぎの子。

いたずら大好きでうんちも臭いキツいわ、ハイハイで動き回るわ、なんでも興味示すわでとても大変な時期。

そんな時期の子をなんも知識のない男性が急に預かるんだから、もうてんやわんやですわ。

そんな大変さを見られます。

 

それと同時にこの頃の赤ちゃんって、表情豊かなんだよね。

大変さもあるけど、可愛さもある。

この主人公は、子供が欲しがっていたので、尚更可愛かろうな。

目尻が下がってるのが伺えるね笑

         

 

子供欲しくない人vs子供欲しい人…見かけ以上に深く考えさせられた。

一言で片付けられない程難しい題材が盛り込まれている。

子供欲しくない人vs子供欲しい人の話だ。

 

子供が欲しくない人の意見として、経済面や時間、女性なら想像を絶する痛みを体験する事になる。

論破なんて出来ない。

男の自分でもこういった理由で欲しくない!なんて言われたら、反論なんて出来ない。

言い分が分かるから。

 

では逆に子供が欲しい人の意見。

純粋に可愛いし、歳をとって孤独が嫌などだ。

まさに可愛さは正義。

こっちに近づいてきて、ニコッとされたらイチコロですわ。

歳をとった時、後悔する人も多いそう。

日本だと30過ぎると友達付き合いも減り、より孤独を実感しやすい。

40、50となると周りは、子供が成人、下手したら孫もいるなんて…

そんな中一人もしくは2人は、どうしても寂しさが残っちゃう。

 

どちらか意見も分かるし、簡単に解決なんて出来ない。

考え出したら、キリがないような題材で面白かった。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

奥さんのセシの心変わりにちょっと違和感。

 

元々の言い分は、自分の時間や痛い思いをするのが嫌。

何より子供を産むだけが女の価値だと思われているのが特に嫌だからだ。

子供嫌いってわけじゃないんだよね。

 

そんなセシが心変わりするきっかけとなったのが、赤ちゃんの母親が癌になったということ。

もしかしたら、助からず施設送りになるなんて言われてしまい、コロッと心変わり。

自分の時間が無くなると思うんだけど大丈夫なんだろうか…

あんまり悩まず、即断気味で決断したので、なんだか違和感があるな…

 

赤ちゃんのお母さんが育児放棄したいだけなんじゃと思った自分を殴りたい。

これは、菊飛土下座案件ですわ。

 

m(_ _)m誠に申し訳ありませんでした…

 

事の顛末はこうだ。

赤ちゃんを主人公達に預けてすぐ音信不通になった。

この時菊飛の頭によぎったのが育児放棄

話が進むにつれ赤ちゃんのお母さんが登場。

主人公がそのお母さんと話すシーンになり、なんとそのお母さんは癌ということが判明。

 

だが、菊飛はこう思った。

「いやいや、言質だけじゃワンチャン嘘ついてるかもしれない。 ただ育児放棄したいだけの嘘やろ!」

 

話は、さらに進み、終盤にはお母さんが倒れ入院した。

おや?

主人公達が里親書類にサインする。

おやおやおや??

そして、お母さんは、癌で帰らぬ人に…

 

もう一度する。

疑ってしまい…

m(_ _)m誠に申し訳ありませんでした…

 

猛省する菊飛でした…