菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)前作以上に笑えるゾンビコメディ映画!…ゾンビランドダブルタップ(感想、結末、裏話)

    

前作以上に笑えるゾンビコメディ映画!…ゾンビランドダブルタップ(感想、結末、裏話)

 

f:id:mt594322mt:20191122181936j:plain

映画.comゾンビランドダブルタップの作品情報より引用

 

 

 

キャスト

 

タラハシー

ウディ・ハレルソン

 

 

コロンバス

ジェシー・アイゼンバーグ

 

 

リトルロック

アビゲイル・ブレスリン

 

 

ウィチタ

エマ・ストーン

 

 

マディソン

…ゾーイ・ドゥイッチ

 

 

ネバダ
ロザリオ・ドーソン

 

 

ビル・マーレイ(本人役)

 

 

あらすじ~

前作から10年後、ウィチタやタラハシー、コロンバス、リトルロックは、旅を続けてホワイトハウスを根城にすることとなった。

そこで、長い年月が過ぎ、リトルロックが大きくなるにつれて長年一緒に過ごしてきたタラハシーは、どこか親のような接し方となっており、リトルロックはそれがどうしても気にくわなかったのであった… 

 

解説

ゾンビが蔓延した世界を舞台に、自ら編み出した「生き残るための32のルール」を実践する引きこもりの青年を描いた人気ゾンビコメディ「ゾンビランド」の10年ぶりとなる続編。

爆発的なウィルス感染によって地球上の人類がゾンビと化したなか、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックの4人は、コロンバスが作り上げたルールに従い、10年にわたってゾンビ社会を生き抜いていた。

そして2019年、地球上のゾンビたちが、パワーもスピードもレベルアップした新種へと進化。

そのほかの生存者を仲間に加えたコロンバスたちは、ルールさえ守れば何でもありな状態で、ゾンビたちをなぎ倒していくが……。

コロンバス役のジェシー・アイゼンバーグを筆頭に、ウッディ・ハレルソン、エマ・ストーンアビゲイル・ブレスリンという、前作以降にそれぞれ大きくブレイクを果たしたメインキャスト4人が再結集。

監督も大ヒット作「ヴェノム」を手がけたルーベン・フライシャーが、再びメガホンをとった。

 

映画.comのゾンビランドダブルタップ作品紹介、解説欄より引用

 

 

 

 

ストーリー…8/10

キャスト…9/10

怖さランク…1/6

 

個人的評価…8/10

 

 

      

     

f:id:mt594322mt:20191122181954j:plain



映画.comゾンビランドダブルタップの作品情報より引用

一文感想 ↓

音笑いあり!ゾンビとの熱い戦いありの面白い映画。

前作のゾンビランドが2009年公開で、今作の続編は10年後というストーリー設定と現実世界とリンクしている。

この映画を観て思ったのが、前作を観ていないと、さすがに分からないと思うので、予習しときましょう。

 

次に思ったのが、月日による キャストの変化だ。

実際、キャストが変更されたわけではないよ。

ただ、年月が経つとやはり歳をとるでしょう?その点のキャストの変化。

正直、男性陣のウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグはあまり変わっていない。

エマストーンは、ほうれい線が目立っ……ゲフンゲフン何でもないですね。

今も変わらず美人ですね!!

一番驚いたのがアビゲイル・ブレスリン

前作では、子供だったから変わるのは当たり前だけど、まぁふくよかになられて…

しっかも巨乳に!

はい、そういう事はセクハラになってしまうので、控えますが、劇的に変わってて本人か分からなかったレベルですね!

 

 

とここまで、キャストの10年間の変化について語ってしまいましたが、正直な感想は、面白かった。

前作と比べると今作の方が面白いイメージですね。

前半がコメディパート後半がゾンビパートみたいなイメージでしょうかね…それで、笑えた部分が多々あったんですよね。

 

映画ネタなどをちょくちょく入れてくるのは、笑えるという事。

映画が好きで観ている方は、笑えるネタが仕込まれていると思います。

有名どころからちょっと?マイナーどころの映画までネタにされていますね。

映画関連以外にも笑える箇所はたくさんあるので、映画詳しくなくても楽しめる印象です。

 

 

次に…ラストの戦いは、ある種新しい感じで好き!

クライマックスの戦いは、前作とは違った面白さがありましたね。

前作同様な銃ぶっぱなして勝利パターンではなく、その辺は工夫を凝らしていたように思えたのが、前作よりも面白いなぁと感じた理由の一つですね。

 

 

 特に残念だった箇所は…ゾンビに関して疑問?矛盾?があったのが残念

ゾンビは出てくるんですが、設定上あれ?これでゾンビ倒れちゃうの?などなど観ていて疑問に思ってしまった箇所がありましたね。

 

笑えるゾンビコメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…(腐ったトマトの評価含む)

結構な高評価でしたね。

ゾンビ映画としては珍しいと思ったくらいです。

主な意見として、やはり面白いという意見が多かったです。

ちょくちょく前作より笑えたのでは!?という意見があり、全くの同意見でしたね。

 

ただ、このシリーズの笑いのツボに入らなかったら、つまらないと思います。

レビューの中にそういう人もチラホラ見かけましたね。 

海外サイトの腐ったトマトでは…

批評家メーターが69%、一般の方々のメーターが88%と個人的には高いイメージでしたね。

ゾンビ映画の括りとしては、久々の高評価なのではないでしょうか。

 

 

 

下記詳しい感想 ↓         

映画ネタなど入れてきており、爆笑した

 声出して笑わなかったのは、えらいと思ったよ笑

今回劇場で鑑賞で平日午前中でもそこそこ入っていた。

鑑賞中はたまにクスクスっと笑う声が聞こえたので、自分だけじゃなく周りの人も結構笑えるんだなと思った印象。

 

やはり新キャラの参入がデカいと思いますね。

まぁ個性が強く、周囲の絡みもより面白さが際立っていた印象です。

とても笑顔が素敵な方なんですが、どこか抜けているような…そして、敵を作るのが得意といったキャラクターで、現状タラレバー達とは真逆と言っていい人ですね笑

 

映画が好きで観ている方は、笑えるネタがありました。

流石デットプールの脚本した人ですね、映画ネタをぶち込んで、笑いのネタにしていきました笑

ゾンビ映画だったり、最近公開された…というより今されているとある映画もネタにしたりととても楽しませてもらいましたね。

 

と、映画関係でも笑えるのですが、映画関連以外にも笑える箇所はたくさんあるので、映画詳しくなくても楽しめる印象ですので、安心してください。

 

 

 

 

 

 

        

     

 

ラストの戦いは、ある種新しい!

 前作にはない感じのラストの戦いで、どういう風にピンチを乗り切るのかなぁとワクワクしながら観れました。

 

ラストの戦いは、ある種新しい感じで好きでしたね。

 

新しい感じというのは、脳筋戦法ではなく、結構頭を使った戦いだったという事。

タラレバーって脳筋なイメージでいたので、こんな作戦をするなんて意外と驚きでしたね。

ただ、ごり押し感はちょっとしましたがね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

    

     

 

ゾンビに関して疑問等があったのが残念でならない

 あまり詳しく説明してしまうとネタバレとなってしまうので、詳しくは説明できないが、ゾンビの特性上これでいいの?という箇所が目立ってしまったんですよね。

特に思ったのが、クライマックスの戦いの場面ですね。

今作、前作以上にするためか色々新たな要素を入れているためか観ていて矛盾を感じる部分がありました。

その辺は、下記のネタバレ感想のところで書く予定です。

 

観て残念に思ったのはそんな感じで、前作同様ゾンビと戦いっぱなしかというとそうでもないですね。

その辺は、こういう毛色の映画として捉えていて、ゾンビ3割コメディ7割で期待していた身としては、十分楽しめたと思います。

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…         

 因みに、ゾンビランドサガとのコラボしています。

吹替え版は、新キャラの吹き替えが安達祐実さんがやっております。

 

 

  

 

 

ネタバレ感想

 

 

 

 

ウィチタとマディソンとコロンバスの三角関係が熱い!

 ウィチタさんがリトルロックと出て行って(また車盗む)から、1か月落ち込み~のマディソンと出会い、一夜を過ごすというなんともリア充な生活をしているコロンバス。

とここで私は一つの疑問にぶち当たった…

 

 

あれ?サラッと卒業しちゃったけど?それともウィチタと卒業済みだったのか!?

 

そう前作では、童貞を匂わせる感じを出していたはずだ。

ラストもキスくらいで終わっていたのに、10年たったから卒業済みってことか??サクッとマディソンと一夜を過ごしちゃったけど!?

終始そこは語られていなかったが、個人的な見解として、ウィチタと済ませたに決まってる!あんな一緒に寝る中なんだ…10年も何もしないはずはない!!

 

しかも嫌なタイミングでウィチタが帰ってきちゃうし、コロンバスとウィチタも仲が悪い雰囲気だし、タラレバーとマディソンは、元から合わないしと空気最悪だけど、そんな空気感がデコボコ感を出してて面白いと思ってしまった。

あのマディソンの空気読めない感がとっても面白い笑

それに、マディソンを見るウィチタの顔!

すげぇ笑えた!嫌悪感丸出しで隣でみつめている感じは、面白かったわぁ~

 

とこの新キャラのマディソンさんの加入により、前作以上に笑える感じに仕上がっていました。

 

 

新型ゾンビがあんまりでてこないし、活躍しなかったのが残念。

忍者とかいうゾンビとか知性がありそうなゾンビが最初に出てきて、お!ゾンビとの戦い多めかなと思ったが、そうではなかった。

なんなら、忍者とか知性ありそうなゾンビらしきものは殆ど出てきてない。

出てきたとすれば、新型ゾンビT-800くらいなんじゃないだろうか。

一応忍者ゾンビが一瞬出てきているみたいだ。

マディソンのブーツに噛みつこうとしていた奴が一応忍者ゾンビという事らしいが、あっけなく死んでしまった…

というより、素早さ全然活かしていなかった…バスの下に隠れていただけだったし…

 

あ、因みにこのT-800は、ターミネーターシリーズのシュワちゃん演じるターミネーターです笑

その他にもドーンオブザデッドをネタにしたり、地獄の黙示録がぁ~と言ってて、笑えた!

ゾンビ映画の中で、そんな事言ってるのは、何処か滑稽ですよね笑

 

頭撃っても死なない謎の強固なゾンビさんなんですが、そのゾンビのせいでとある疑問が…

クライマックスの戦いであの高さから落ちても生きていそうだなって思った。

結構な高さだが、粉々になる程の感じではないような気がする。

それに、タラレバーが車でぶつかったはずなのに、誰も見向きもせずに違う場所に行くってのもなんか気になる。

流石に車の音に反応して襲い掛かってくるんじゃね?って思ってしまいましたね。

 

何より新型のゾンビの活躍をもっと見たかったのが正直な意見でした。

 

 

 

結末~

 

 

 

リトルロック達が家出した先の武器の無い平和な施設で過ごすもゾンビの大群が押し寄せてくる。

 出入りする際武器を溶かしてネックレスにしてしまう平和ボケした施設にリトルロックは入る

タラレバー達もその施設に合流

リトルロックが大人になった?と感じた為、タラレバーは、一人で旅立つことに

リトルロック達がいる施設でドンパチ花火してた為、新型ゾンビ(T-800)達が大量に向かった為、タラレバーリトルロック達が心配で引き返す

銃なしで、爆破作戦&ビル頂上から落とす作戦

タラレバー達死にかけるもなんとか全部のゾンビを倒す

コロンバスとウィチタ結婚、コロンバス達は再び旅にでるのであった…