菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ感想)無慈悲な災害の数々に青ざめる…Netflix日本沈没2020

    

無慈悲な災害の数々に青ざめる…Netflix日本沈没2020

 

日本沈没2020

日本沈没2020

Netflixアニメの日本沈没2020シーズン1の公式サイトより引用

© “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

何年も前に実写映画化もされた「日本沈没」。

それが、アニメで帰ってきた。

ただ注意して欲しい点が3つある。

結構グロい事、津波シーンや地震のシーンがかなりある事、ひたすら暗い事だ。

地震大国日本で、地震のトラウマを持ってる人はかなりいるはず。

そういう人は、観ない事をすすめる。

それとこの映画かなり暗い。

疲れてる時とか見ると落ち込むので、注意してね。

 

こんな感じで注意点が3つほどあったが、観た感想は面白かった。

一気に観てしまったぞ。

目次

 

 

( こんなことが分かります)

✔ 日本沈没2020の見所

✔ 日本沈没2020の感想

 

日本沈没2020の見所

 

崩れ去る東京

崩れ去る東京

Netflixアニメの日本沈没2020シーズン1の公式サイトより引用

© “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

日本沈没2020の見所は計4つある。

個人的に観ていて衝撃的な部分が大きかったのがとても強い。 

   

日本沈没2020の見所)

  1.  実際に富士山が活動し始めたら展開って言うリアリティ。(グロや地震シーン多数)
  2.  サクッと死んでいく人々は、観ていて困惑。
  3. その辺のパニック映画よりも面白い…設定からしてぶっ飛んでる。
  4. 主題歌がとても良い…大貫妙子坂本龍一のタッグ。

 

日本沈没2020の見所1)実際に富士山が活動し始めたら展開って言うリアリティ。(グロや地震シーン多数)  

何年も前からある「もし、富士山が噴火したら…」をリアルに再現している。

 

テレビ番組などで取り沙汰されている話題。

まぁ…日本列島が沈没までにはいかないにしても…

 

とその前にこの映画は、結構グロいし、地震のシーンが頻繁にある。

こういうのが苦手な人は見ないことをすすめる。

グロいシーンというのは、人が瓦礫の下敷きになり潰れていたり、鳥などの野生動物に死体を食い散らかされてるシーンだ。

特に死体を食ってる動物のシーンがちょくちょくでてくるぞ。

 

おっきな地震があってからの展開がかなりリアルなんだ。

どんな感じにリアルなのかは、以下。

  1. 人々がどんな行動をとるのかがリアル。
  2. 使用している道具や政府の対応がやりそうでリアル。
  3. 災害時の人々の死に方がリアル。

 

1の人々の行動について。

キレる人や食糧を奪い合う姿、なんなら強姦しようとするシーンだってある。

平和とはかけ離れた人々の自分勝手が引き起こす地獄絵図は、ある意味グロ以上に精神に堪える。

 

2の使用してる道具や政府の対応について。

スマホで大体の事が出来る時代、スマホがよく活躍してくれる。

そのアプリなどの使用している感じがなんともリアル。

その他にニュースやYouTubeなどこれはフェイクじゃないかなどそういうシーンもあるのもリアルだ。

政府の何処か人をものか何かのように扱っている感じ…この対応もリアルなんだよね。

 

3の災害時の死に方について。

人が瓦礫で潰れたて瀕死などなどかなりショッキングな映像の数々。

特に死体が喰われてるシーンは、印象深い。

 

こんな感じで様々なリアルが合わさり、「実際に起きたら、こんな風に…」なんて思わせる。

個人的には、夢中で一気見したぞ。

 

   目次へ戻る

日本沈没2020の見所2)サクッと死んでいく人々は、観ていて困惑。

このアニメは、人の死が呆気なさ過ぎる。

容赦なくポンポン死んでいくので、かなり精神的に堪える。

そう、かなり重いアニメだ。

 

人の死ぬ量も半端じゃない。

数万人とかじゃない、数千万単位でサクッと人が死ぬ。

メインの人達にも容赦なく死が降りかかる感じは、想像付かなくて、とても良い。

誰が生き残るんだ?みたいに結末が想像つかないのが良い見所だ。

 

   目次へ戻る

日本沈没2020の見所3)その辺のパニック映画よりも面白い…設定からしてぶっ飛んでる。

日本を救おうというより、たまたま大震災に巻き込まれた一般人がなんとか生き残ろうと必死にもがき苦しむアニメ。

 

色んな人と出会い、目の前でサクサク人が死んでいく。

予想の斜め上の作品だった。

 

なんと言っても題名が日本沈没2020」

日本が沈むんだよね。

逃げ場ないやん。

津波はくるわ、地割れはあるわ…国外に逃げるのも至難の技。

そんな設定は、かなり面白い。

 

そこに優しい主人公派生なんて存在しない。

あるのは、一つ一つの行動の重さ。

そういう選択がいくつも存在する。

それに加え、よくハプニングに遭遇するから面白い。

「もし、こうしていたら、死んでいた」なんてシチュエーションが多数あり、かなり質の高いパニック映画の緊張感を味わえる。

この緊張感こそ最大の見所だ。

 

   目次へ戻る

日本沈没2020の見所4)主題歌がとても良い…大貫妙子坂本龍一のタッグ。

大貫妙子坂本龍一の曲「a life」は、このアニメにピッタリな曲だ。

暗さもありつつ、微かな希望を感じさせてくれる曲。

あまり飛ばしたくないオープニングだぞ。

 

  目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

武藤家と右端にいる古賀先輩

武藤家と右端にいる古賀先輩

Netflixアニメの日本沈没2020シーズン1の公式サイトより引用

© “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

 

・作品概要  

Netflix日本沈没2020の概要)

原題、Netflix日本沈没2020

監督

湯浅政明

原作

小松左京日本沈没』 

アニメーション製作

 サイエンスSARU

 

 

・キャスト

武藤歩(CV:上田麗奈

武藤家の長女で中学3年生。

陸上の日本代表として期待されていて私生活共に順風満帆だった。

 

武藤剛(CV:村中知

武藤家の長男で小学2年生。

オンラインゲームに夢中でeスポーツでオリンピックを目指している現代っ子

 

武藤マリ(CV:佐々木優子

 42歳でフィリピン出身。

歩と剛の母親で若い頃競泳選手として活躍していた。

 

武藤航一郎(CV:てらそままさき)

44歳で歩と剛の父親。

舞台製作会社に勤めていて、行動力もあり頼もしい大黒柱。

 

古賀春生(CV:吉野裕行

17歳で母子家庭。

陸上のエースだったが、とある理由で陸上をやめて引きこもりになる。

 

三浦七海(CV:森なな子)

三浦七海(CV:森なな子)

Netflixアニメの日本沈没2020シーズン1の公式サイトより引用

© “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

三浦七海(CV:森なな子)

26歳独身。

趣味は格闘技。

 

カイト(CV:小野賢章)

カイト(CV:小野賢章

Netflixアニメの日本沈没2020シーズン1の公式サイトより引用

© “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

カイト(CV:小野賢章

18歳でチャンネル登録者数700万をこえるYouTuber。

 

感想

 

www.youtube.com

・あらすじ

 度重なる地震に見舞われ、沈み始めた日本列島。

この未曽有の惨事に混乱しつつも、前向きに生き抜こうと模索する一家には、数々の試練が待ち受けていた。

 ネットフリックス公式サイトの日本沈没2020より引用

  

日本沈没2020」

話数)

シーズン1 10話

 

評価)

ストーリー…7/10

デザイン、作画…4/10

個人総合評価…7/10

 

・総評)容赦ない現実の中にある人や家族の愛情に感動する。

 でっかい地震津波などの自然災害が襲う中、容赦なく訪れる絶望的な現実をサクッと死んでいく人々は、観ていて頭真っ白になることだろう。

自分も1話目からそんな感じだったら、困惑して真っ白になった。

だがね、この続きどうなるんだろうという気になる気持ちも強かった。

 

個人的に観た感じは、ちゃんと伏線も回収してくれてるし、各話中だるみすることなく楽しめた。

特に印象的なのは、ドラマのような各話の最後に次の話が気になるような話になっているという事。

ついつい次も…ってなって一気にみちゃうよね。

 

この作品、日本が沈没するっていう衝撃的な設定とただ容赦ない現実だけじゃない。

家族の愛情をテーマにしている。

主人公の一家は、武藤家なんだ。

その家族愛や色んな思いが込められている。

道中会う人々のそれぞれの家族に対する想いもなかなか感動するものばかりだ。

 因みに作画は…酷いので、気にしないで見て下さい。

 

改めて家族を大切にしようと思わせてくれる良いアニメであり、面白いアニメだったと感じたね。

 

 

・一番印象的なのが惨い現実とグロだということだ。

 このアニメ1話からかなり衝撃的な展開になる。

と言うのも1話で早速地震に見舞われて、大量の死人が出ると言うもの。

正直観てて、困惑しちゃったよね。

「これ…完全大人向けなアニメやん…」

もう人ががれきに埋もれたり、その辺で死んでたりと…地獄絵図…。

てかさ、最初に沖縄が速攻沈没しちゃったのは、笑ってしまった。

沈没するの早wwとね。

 

10話程でありながらも、各話に衝撃的な部分がしっかりと存在する。

内容に関わっていたり、ただ単に残酷な世界観を見せていたりと様々だ。

こういう荒廃していく世界観の作品を観たい人は、この作品は好きだろうね。

 

採算に渡っていっているが、津波地震シーンがあるので、トラウマのある人は絶対に観ない方が良い。

 

・最終話は、めちゃくちゃ感動するぞ

 最初っから見ていた人にとっては、色んな思いが最終話に詰まっている。

一番は家族の愛。

この作品、容赦なく人が死にまくるし、その死に方も残酷だから、この最終話は色々心にくるものがある。

これがギュッと詰まっていて、その大切さなどが最終話で総集編みたいな形で描かれている。

もう泣かせに来てるよね。

 

主人公達のその後もこの最終話で描かれており、終始暗い気持ちってわけではなかった。

 

 目次へ戻る