菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ感想)3DCGに賛否両論あるものの安定の面白さ…Netflixアニメ攻殻機動隊 SAC_2045

    

3DCGに賛否両論あるものの安定の面白さ…Netflixアニメ攻殻機動隊 SAC_2045

 

 

攻殻機動隊 SAC_2045

攻殻機動隊 SAC_2045

Netflixアニメの攻殻機動隊 SAC_2045シーズン1の作品情報より引用

©士郎正宗・ProductionI.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会

攻殻機動隊の新シリーズがネットフリックスに登場しましたね。

声優キャストもそのままで、新キャラも登場したこのシリーズ。

フル3DCGで話題をよんでおり、ツイッターでは賛否両論の声が上がっているんです。

その3DCGについてと見所、感想をご紹介します。

目次

 

 

( こんなことが分かります)

✔ 攻殻機動隊 SAC_2045の3DCGについて

✔ 攻殻機動隊 SAC_2045の感想

✔ 攻殻機動隊 SAC_2045の見所

 

攻殻機動隊 SAC_2045の見所

 

草薙素子

草薙素子

 

Netflixアニメの攻殻機動隊 SAC_2045シーズン1の作品情報より引用

©士郎正宗・ProductionI.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会

 色濃いファンが多い攻殻機動隊シリーズ。

新作が出るにあたって、楽しみにしている人も多いだろう。

自分も過去作一通り観たことがあり、自分が思う見所3つを紹介するぞ。

 

攻殻機動隊 SAC_2045の見所1)各キャラの絡み…特に新キャラのプリンが可愛いぞ。

 草薙素子をはじめとするバトーやトグサ、サイトーなど各キャラクターの懐かしい絡みが観られるのは、最高に興奮しますね。

特に今作から新キャラとして江崎プリンというキャラクターが登場しました。

そのキャラクターと他キャラクター…特にバトーとの絡みが面白すぎる。

それに…プリンは、見た目も可愛い!

メスゴリラ…紅一点の素子しかいなかったところに新しく花が出来て、華やかになった感じですね。

 

  目次へ戻る

攻殻機動隊 SAC_2045の見所2)アクションシーンのクオリティが高過ぎる。

今作は、フル3Dで作成されており、背景もほぼ3Dで作られている。

さすがに雲とかは、2Dだったりするが、そのほかは3D。

これだけの映像を全て3Dにするのは、相当な労力とコストがかかっている。

しかも、アクションシーンは、話数のあるアニメ作品のクオリティを超えてるレベル。

それもそのはず…モーションは、モーションキャプチャーで作っていたりするため、動きの違和感は殆どない。

カメラアングルからアクションの内容など映画レベルと言っていいレベル。

 

攻殻機動隊 SAC_2045の見所2)攻殻の世界観が帰ってきた。

一番嬉しく、興奮する見所はこれだろう。

懐かしいキャラクター達に電脳が一般的にある世界観に浸れること。

これ以上の見所は存在しないんじゃないだろうかと言うレベルで、興奮しましたね。

懐かしいキャラクターの絡みもそうだが、新キャラたちに加え、今作も強大な敵が待ち受けているぞ。

 

  目次へ戻る

 

攻殻機動隊 SAC_2045の3DCGについて

 

タチコマ

疾走するタチコマ

Netflixアニメの攻殻機動隊 SAC_2045シーズン1の作品情報より引用

©士郎正宗・ProductionI.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会

Twitterでも話題になっているが、3DCGについて賛否両論があるようだ。

元々2D絵から始まった作品だからこそ、気になるところも多々あり、その部分について元3DCGデザイナーが解説します。 

 

攻殻機動隊 SAC_2045の3DCGについて1)3DCGはどんな感じ?

髪、顔の線、爪が3D感が出てしまっているせいで違和感を感じるキャラクターデザインとなっている。

 

無機物に関しては、リアルな3Dだが、有機物の人の3Dは、ちょっと独特だ。

多少2Dに寄せつつも指の爪など3Dっぽさがかなり気になる。

アウトラインは、基本細目で、目立たないようにしているイメージ。

特に顔の皺の線は、3Dモデルに書きこんでいる為、かなり気になる人も多いだろう。

顔の皺をキレイに出すのって実はかなり難しく、方法としてはテクスチャとして書くか1枚1枚2Dで線を書き込んでいく方法くらいしかない。

 

それと髪の表現も気になる人が多いはずだ。

プラスチックのような髪本来の柔らかさが感じられないせいで、観ている人はかなり違和感を感じている。

元々2Dで髪の柔らかさをしっかり表現できていたものから、今作で3D化に伴い、硬さが出てしまっては、長年のファンは気になる。

 

 目次へ戻る

攻殻機動隊 SAC_2045の3DCGについて2)3DCGの出来はどうなの?

映画レベルのクオリティだ。

上記3つが映画レベルと思った理由だ。

モデリングのクオリティ自体、車や戦車などを観て貰ったら分かる。

マジで本物かと思うレベルでリアルだから。

このレベルのものが12話分みっちりあるんだ…そりゃ映画レベルと思うはずだ。

 

モーションは、特に戦闘シーンなどモーションキャプチャーを使っている。

日常の動きも使っているが、一部動きに違和感があることから追加か何か入って手付けでした可能性もある。

だが、動きに関してはかなりクオリティが高いと言える。

昨今の話数のあるアニメ作品を観たことある人なら分かる…この作品の動きのクオリティの高さの異常性が…

流石は、プロダクションIG…ネットフリックスさんはマジで金があるんだなと再度実感したよ。

 

爆発や砂煙のエフェクトってフル3D作品で多用したくないんだよね。

その理由は、作るの大変だから。

レンダリングにも時間かかるし、キャラクター絡んでくると尚の事データが重たくなって大変なんです。

この作品は、砂煙とか爆発とかめっちゃ入っているところを見るに…相当な人員を割いて作ったんだなってうかがえるよ。

それともう一つ、フル3D作品での問題の一つがモブキャラの多さだ。

この作品は、民間人とかたくさん出てくるシーンが多数ある。

それだけ出てれば、動きをその人たち全員につけなきゃならないし、レンダリングには時間かかるわで…

かなり大変なんだ。

自分も現場で、地獄を見たから分かる…

この部分も今作では、惜しみなく人が出てることから、映画レベルだなって感じた。

 

 目次へ戻る

攻殻機動隊 SAC_2045の3DCGについて3)なんで3DCGでやったのか

理由はいくつかある。

  • 3Dが流行だから。
  • ネットフリックスのアニメ作品自体3D作品が多い。
  • 元々タチコマは、3Dだし、全部3Dにしちゃえって流れ。

 

まぁ、最後のは置いといて…一番大きな理由は、最近の流行りが3D作品だからだ。

3Dでない車を見ることってアニメで殆ど無くなった。

まぁ、タイヤの回転を2Dで書くのがかなり大変って理由もあるんだが…

それでも背景や無機物など3Dが普通に使われる時代。

フル3Dアニメもチラホラ出てきている。

そんな中、元々3Dも取り入れていた攻殻シリーズは、昨今の流行りを気にフル3DCGに移行したのだろう。

 

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

トグサ

今作もしっかり活躍するトグサ

Netflixアニメの攻殻機動隊 SAC_2045シーズン1の作品情報より引用

©士郎正宗・ProductionI.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会

 

・作品概要  

攻殻機動隊 SAC_2045の概要)

原作

 士郎正宗攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)

 

製作

 プロダクションIG、ソラ デジタルアーツ

 

  目次へ戻る

・キャスト

草薙素子

 完全義体のサイボーグ。戦闘力、統率力に優れた指揮官で、超ウィザード級ハッカースキルを持つ。

少佐と呼ばれている。公安9課を去った後、傭兵部隊を率いて活動中。

裏で9課の仲間からメスゴリラと言われている(言ったら、殺されるから誰も言わない)

 

荒巻大輔

 陸自調査部出身の元公安9課のトップ。草薙たちが公安9課を去り、自身も第一線を退いた後は公安部の顧問に就いているが、総理の密命により公安9課再編を図る。

 

バトー

「眠らない眼」を持つ元レンジャー。ほぼ全身を義体化している。戦闘力と共に電子戦にも優れ、草薙の右腕として公安9課を支えていた。草薙と共に傭兵部隊として活動中。

 

トグサ

元本庁刑事で、電脳化しているが身体はほぼ生身。一時は公安9課の隊長を務める。リボルバーに愛着を持つ。妻子持ちだったが理由あって離婚。民間警備会社に勤めている。

 

イシカワ

電脳による情報収集・解析能力に長け、公安9課においては古参メンバーとして電脳ダイブルームから実働部隊の支援を行っていた。草薙たちと共に傭兵部隊として活動中。

 

サイトー

元エース・スナイパー。左眼の狙撃支援システム「タカの目」により、人口衛星とリンクした長距離弾道狙撃を得意とする。公安9課を去った後、草薙たちの傭兵部隊に参加。

 

パズ

内偵調査や、ナイフを用いた近接格闘術を得意とする元公安9課メンバー。人を欺く技術も高く、地道な捜査活動を専らとしていた。公安9課再編に伴い、合流することになる。

 

ボーマ

元特殊部隊員で、爆発物を扱う特殊工作を得意とする。公安9課では電脳による情報収集により部隊を支援していた。公安9課再編に伴い、パズと同様に合流することになる。

 

江崎プリン

新生公安9課でタチコマたちのメンテナンス等を担当する新メンバー。飛び級でMITに入学し博士号を取得した天才少女。バトーに対して特別な感情を抱いている。

  目次へ戻る

感想

 

www.youtube.com

 

・あらすじ

 

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。

内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。

電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。

大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される――。

 

 攻殻機動隊 SAC_2045公式サイトより引用

  

攻殻機動隊 SAC_2045」

話数)

シーズン1 12話

 

評価)

ストーリー…10/10

デザイン、作画…9/10

個人総合評価…10/10

 

草薙素子とバトーとイシカワ

草薙素子とバトーとイシカワ

Netflixアニメの攻殻機動隊 SAC_2045シーズン1の作品情報より引用

©士郎正宗・ProductionI.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会

・総評)強大な敵にストーリー構成と文句なしの面白さ。

今回の敵は、素子だけじゃ太刀打ちできない…全員で力を合わせないといけないレベルの敵だ。

それに加え、じっくりと黒幕に近づいている感じに話の進め方、アクションシーンが多めでクオリティも高いことから、一気見する程夢中になって観られる作品だ。

 

今回の敵の強大さは、観ていて面白いね。

強大ゆえ、みんなが一丸となって戦っている姿を観れて…なんだか感動したよ。

声優も変わらず豪華なまんまで、安心だ。

 

アクションシーンは、かなり多いイメージ。

クオリティも話数のあるアニメの域を超えており、そのせいで?いや、おかげで余裕で一気見してしまった。

3Dに関しては、違う項目で話したから、割愛するが、満点つけても問題ないレベルの面白さだ。

攻殻機動隊を知らない人でも…各キャラクターについてのことを簡単に予習、電脳等専門用語も予習する程度で十分楽しく観られるぞ。 

 

  目次へ戻る

・所々近未来の予言めいたところがあって、面白い。

特に日本の現状がそうだ。

今の日本の数十年後…こうなってしまうのでなかろうかという予言めいたシーンが多数あり、ある種恐怖すら感じたよ。

こういうところも攻殻機動隊の面白いところだよね。

 ただ…今後の日本がほんとにこうなってしまうのでは…と心配になってしまう。

 

 

・シーズン1だけじゃ終わらない…速く続きが観たいぞ。

 途中からシーズン1だけじゃ終わらないだろうなと感じていたら、ホントに終わらなかった。

しかもすっごい中途半端なところで終わっているので、続きが速く気になってしまう。

特にファンでなく、初めて見るよって人は、シーズン2が出る数日前に一気にシーズン1を見て、シーズン2に繋げる形の方が続きが気になる地獄を味わなくて済むぞ笑

 

 目次へ戻る