菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ感想)おや?見所がないぞ笑…Netflixアニメセイスマノス

    

アニメ感想)おや?見所がないぞ笑…Netflixアニメセイスマノス

 

 

セイスマノス

Netflixアニメのセイスマノスシーズン1の作品情報より引用

©ガード2019 Netflix seis manos Inc. All rights reserved

 意外と自分は、表紙で見るかどうかを決めるタイプの人です。

この作品も予告編なんて見ずに「なんか面白そう…」と表紙で判断した結果…

かなり微妙でした…

まだシーズン1のみで今後もしかしたらシーズン2も公開…シーズン2がめっちゃ面白いとなるように期待しますね。

その理由や感想、キャラクターの簡単な紹介に概要を紹介していきます。

 

( こんなことが分かります)

✔ セイスマノスがあまり面白くなかった理由

✔ セイスマノスの感想

 

あんまりオススメできない理由

セイスマノス、元凶の魔女

セイスマノス、元凶の魔女

Netflixアニメのセイスマノスシーズン1の作品情報より引用

©ガード2019 Netflix seis manos Inc. All rights reserved

ネットフリックスアニメで、かなり期待外れでした。

その理由が下の通りになっています。

   

期待外れの理由)

  1. 色んな要素がごちゃ混ぜになっており、中途半端。
  2. 主人公格が弱すぎる。
  3. アクションの見所があんまりない。
  4. ツッコミどころが多い。
  5. 各話ごとにカット番号みたいなのが記載されっぱなし。

 

  • 魔術要素。
  • 謎の化け物。
  • メキシコが舞台。
  • カンフーアクション。

 

と色んな要素を入れるのはいいんだが、どれも中途半端になってしまっている。

カンフーアクションも特に見所という見所がない。

戦ってはいるが、相手は化け物じみた相手だったり、犬だったりとあんまりカンフーアクションを活かせていない気がした。

カンフーVSカンフーの戦いやカンフーVS異種格闘技だったら、かなり見所があったんだけども…

 

主人公格が弱すぎるんですよね…

そのせいでアクションが見ていて面白く感じなかった。

多分、パニック映画等を参考にしているんだろうなと感じられるようなストーリー展開とオチが気になりましたね。

 

  目次へ戻る

とにかくツッコミどころが多い。

そもそもあの敵組織に対抗していた人達絶対対抗できないだろw

相手は、ほぼ不死身の化け物相手なのに、どうやって対抗していたのか…

などなど上げればキリがないほど色んなところで突っ込みどころが多かったです。

 

あれは、カット番号だよな?

左上にデカデカと印がついている。

わざとなのだろうかと思う程ついていて、完全に消し忘れました感が出ている。

それも1話だけとかじゃない…半分以上の話にそういうカットがあり、明らかにチェック不足では??と思ってしまった。

 

  目次へ戻る

意外と見所は存在するんです。

 

それは、声優ですね。

英語圏の声優には、ニートレホがいます。

黒人の警察官の日本語声優が菅原正志なんです。

映画だと基本ウェズリースナイプスの日本語吹替えをやっています。

アニメだとマクロス7のレイ・ラブロック役をやったりしている声優さんです。

自分は日本語吹替えで観たんですが、まぁ、この声を聴くために観てたようなもんでした笑

黒人の警察官が完全にウェズリースナイプスに見えてきて…違った楽しみ方をしていたのかもしれませんね。

 

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

セイスマノス、シレンシオ

セイスマノス、シレンシオ

Netflixアニメのセイスマノスシーズン1の作品情報より引用

©ガード2019 Netflix seis manos Inc. All rights reserved

ここでは、セイスマノスの作品の概要と主要キャラクターの簡単な説明をしていきます。

・作品概要  

セイスマノスの概要)

原題、セオスマノス

原作・制作

ブラッド・グレーバー、アルバロ・ロドリゲス

アニメーション製作

Powerhouse Animation

VIZ Media

の共同製作

Powerhouse Animationは、悪魔城ドラキュラ-キャッスルヴァニラ-を手掛けている会社で、アクション自体のクオリティや技術的な部分はかなりある会社です。

VIZ Mediaは、ナルトやドラゴンボールを北米を中心にライセンスを取り、放送している企業です。

 

・キャスト

イザベラ

チウ師匠の弟子で、心優しき女性。

面倒見が良く、ヘススやシレンシオをいつも気に掛けている。

 

ヘスス

酔拳を恐らく使えるであろうチウ師匠の弟子。

お腹が出ているが、意外と動きは機敏で、力自慢である。

 

シレンシオ

チウ師匠の弟子で、怒りを抑えることが出来ないでいる。

幼少期に両親を殺され、殺人者に舌を切り落とされてから、しゃべることのできなくなった。

 

ロー

チウの兄で、チウに会う為にやってきた。

 

チウ

イザベラ、ヘスス、シレンシオの師匠で中国人。

道場で、3人の弟子に武術を教えている。

 

感想

 

・あらすじ

1970年代のメキシコで、武術の達人に育てられた3人の孤児たちが、麻薬組織や魔術、怪物、血塗られた古代儀式が複雑に絡み合う不気味な謎に巻き込まれていく。

 

ネットフリックス公式サイトのセイスマノスより引用

引用元:https://www.netflix.com/jp/title/80217066

  

「セイスマノス」

話数)

シーズン1 8話

 

評価)

ストーリー…5/10

デザイン、作画…5/10

個人総合評価…4/10

 

・総評)アクションくらいは楽しみたかった…

このアニメの表紙からアクションが最大の見所のはずだが、残念な結果に終わってしまった。

だが、残念ながらあんまり良いアクションだとは感じなかったんですよね。

その理由が、面白くない理由でも話しましたが、化け物VSカンフーという戦いだからだ。

これがもし人間同士の戦い…カンフーVSカンフーだったり、VS異種格闘技とかだと面白かったと感じたのかもしれない。

 

その他にも主人公格が弱すぎる。

確かに映画とかだと強敵相手に数人で立ち向かうというのが定番だ。

だが、あまりにも弱すぎるんです。

どのくらいかっていうと、手も足も出ないレベル。

もうちょっと強くてもいいんじゃなかろうか…

 

 

・意外とグロ要素が強いので、注意…笑えるシーンが多々あり。

頭が吹っ飛んだり、血が出たり、腕などを切り落としたりと結構グロい。

他にも血がドバドバ出てくるので、子供等には見せられないアニメだ。

なんでかアクションアニメなのに笑えるシーンの方が多々あった。

後半の警察官が魔術を行使するシーン。

いや、それ危ない薬をやってる時の感じだろwww

なんか簡単にそんなヤバい感じになるので、見てるこっちは笑ってしまう。

こんな感じで笑えるシーンが多々あるのは、ある意味いいことだ笑

 

 

・シーズン2作る前提の終わり方をしている。

そもそもの大本の謎が謎のまま終わっており、終わり方もシーズン2ありますよ!っていう終わり方だ。

ただ、あまりにも不評だと作られない可能性もあります。

海外ではどうかはわかりませんが、日本ではあんまり評判が良くないように感じました…

 

 目次へ戻る