菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

ワイルドスピード ICE BREAKで登場したランボルギーニってどんな車?種類や性能について解説

    

ワイルドスピード ICE BREAKで登場したランボルギーニってどんな車?種類や性能について解説

 

ワイルドスピード ICE BREAKで登場したランボルギーニってどんな車?種類や性能について解説

ワイルドスピード ICE BREAKで登場したランボルギーニってどんな車?種類や性能について解説

ワイルドスピードアイスブレイクでかなり大きな音を立てながら走っていたオレンジのカッコいいスポースカーを観たことがあるとおもいます。

あれ、ランボルギーニっていう車なんです。

ですが…ランボルギーニのどんな種類かまで知っていますか?

その種類や性能…忘れている方の為にランボルギーニが出てきた時のシーンの紹介からランボルギーニ社について軽い説明までしていきます。
 

 

( こんなことが分かります)

✔ ワイルドスピードICEBREAKに出てきたランボルギーニについて(種類や性能)

 

 

ランボルギーニってどんな車?

f:id:mt594322mt:20200219155449j:plain

ランボルギーニ

ランボルギーニと言っても種類は一杯あります。

その中で、 ワイルドスピード ICE BREAKに出てきた車をご紹介します。

 

 

ワイルドスピード ICE BREAKに出てきたランボルギーニの説明。  

 ワイルドスピードアイスブレイクで、出てきたあの凄い音を吹かしながら、雪上を走っていた車…ランボルギーニについて説明していきます。

 

ランボルギーニ・ムルシエラゴ

f:id:mt594322mt:20200219155607j:plain

ランボルギーニ・ムルシエラゴ
  • 新車お値段…3,929 .8 万円 ~ 4,039 .8 万円
  •  最大出力(CV)…740CV
  • 最大出力(kw)…544kW
  • 最高速度…350km/h
  • 0-100km/h…2.9s
  • 0-200km/h…8.8s
  • 0-300km/h…24.2s

日本で家と土地込みで買えますね。

 運転は、怖くてしたくないですけど、車内には1回くらいは乗ってみたいですね。

運転は…ぶつけたら怖いのとただ単に加速の仕方が異常だと思われるんで、怖くてのれませんね…

だって、時速100km/hに到達するまで3秒きってるんですよ?

想像できない…

 

 目次へ戻る

  • ムルシエラゴってどんな意味?

ムルシエラゴは、スペイン語でコウモリって意味のようです。

イタリア語での発音は、ムルチェラゴって言うらしいですね。

 

  •  説明

ムルシエラゴは、ランボルギーニという会社がアウディ参加に入った後に最初に発表された新車種。

2001年~2010年にかけて製造されたスーパーカーで、ランボルギーニ ディアブロの後継車種となります。

   

ムルシエラゴとディアブロの比較

  • ディアブロよりも全長が若干のばした(100mm)
  • ディアブロは後輪駆動と四輪駆動の両系統だが、ムルシエラゴは、四輪駆動のみ
  • ディアブロより乗降性に優れている。

因みにアメリ環境保護局とエネルギー省が燃費ワーストランキング2010年では、

MT仕様が市街地燃費3.4km/L、高速燃費5.53km/Lとワースト1位らしいですね。

オートマ仕様も3位に選ばれており、ランボルギーニは4年連続1位らしいです。

実は…街中で1回ランボルギーニを見たことがあるんですが、物凄い音を出しながら凄い加速を見せていましたね。

ただ…日本の街中で走る車ではないような気がが笑

 

 目次へ戻る

ランボルギーニ社について

f:id:mt594322mt:20200219155632j:plain

ランボルギーニたち

イタリアの自動車メーカーで、正式名称がヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpAとかなり長い名前になっています。

ランボルギーニ社は、1999年以降、フォルクスワーゲングループに所属しています。

   

ランボルギーニ社の始まり~
  • 創業者、フェルッチオ・ランボルギーニは、第二次世界大戦後にイタリアでトラック不足に目をつけ軍用のトラックを民間向けに改造して売ったのが始まり。
  • ラクターの開発にも取り組む。
  • ボイラー、エアコンの製造販売も取り組む。

 

最初は、トラックとかトラクターが始まりだったんですね。

他にもボイラーやエアコンと自動車のパーツ部分の製造販売に手を付けていた意外な一面が見えてきましたね。

 

   

ランボルギーニ社が自動車業に手を出すきっかけ

 

金持ちになったフェルッチオは、スーパーカー収集家になり、フェラーリを修理しようとしてみたら、内部パーツに自社製品が使われていた。

スーパーカーに不満を持っていたフェルッチオは、自分で改造したところ公道でフェラーリをカモに出来る程速い車になった。

「あれ?これを売れば、儲かるんじゃないか?」と考えたフェルッチオは、自動車ビジネスに手を出す。

 フェルッチオ自体、優秀な技術者だったみたいです。

ここから、色んなスーパーカーランボルギーニミウラ、ランボルギーニカウンタックなどを生み出し、一躍有名になっていったようです。

  目次へ戻る

 

 

ランボルギーニの公式サイトが凄い!

f:id:mt594322mt:20200219155750j:plain

ランボルギーニのロゴ

下記ランボルギーニ公式サイト)

www.lamborghini.com

ランボルギーニ Aventador S | Lamborghini.com

 

ランボルギーニ公式サイトでは、でも映像を見られたりします。

ただ…これだと普通の自動車会社の公式サイトと一緒ですよね?

なんと、ランボルギーニ公式サイトでは、3Dモデルがあり、車体の色の選択、ホイールリムの選択、キャリパーの選択と背景を変えることができ、それによってランボルギーニの車体の反射まで再現されているんです。

自分は見てて驚きましたね。

ついついほしくなっちゃう…

ま、買えませんけどね笑 

 

 

 

  目次へ戻る

ランボルギーニってどのシーンで出てきたっけなぁ

f:id:mt594322mt:20200219155311j:plain

ワイルドスピードアイスブレイク

映画.comワイルドスピードアイスブレイクの作品情報より引用

(C)Universal Pictures

ワイルドスピード ICE BREAKの終盤でドムを追いかけるべく、ファミリーが向かった先のウラドビン(北極近くのところ)でローマン・ピアースが乗っていたオレンジの車ですね。

初登場は、ウラドビンに行くとなった時、車を選べと言われたバカでかい車庫内で…ローマンピアースがこれが良いと一目惚れしたのが、ランボルギーニムルシエラゴ。

最初は、リトルノーバディにダメって言われていたんですが、何か吹っ切れて、了承。

そして、ローマンピアースがランボルギーニのムルシエラゴに乗れることに。

 

 ローマン・ピアースは、凄い音を出しながら走っていたので、良い感じに追手に狙われており、色もオレンジ色とド派手な色だったので…

最終的には、ランボルギーニが氷の中に沈んでいってしまいましたね笑

テズにドア部分だけ引っ張り上げられて、残ったのは、ドア部分だけ…

本体は、海の底に沈んでいったんです。

観てて…あぁぁ~!!ってなってしまいました笑

 

 目次へ戻る

ランボルギーニってどんな車?のまとめ

f:id:mt594322mt:20200219161239j:plain

ランボルギーニムルシエラゴ

ワイルドスピードアイスブレイクで出てきたのは、ランボルギーニのムルシエラゴという種類。

  • 新車お値段…3,929 .8 万円 ~ 4,039 .8 万円
  • 最高速度…350km/h
  • 0-100km/h…2.9s

値段、最高速度ともに化け物クラス。

 

 

ワイルドスピードアイスブレイクでのランボルギーニのシーンについて

  • ワイルドスピードアイスブレイクでは、終盤の氷の上で、ローマンピアースが乗っていた。
  • 最後は、敵みんなに狙われ、ドアを残して、全ては水の底へ…

 

 

 目次へ戻る