菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の違い…2作品の関連性は??

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の違い

 

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の違い…2作品の関連性は??

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の違い…2作品の関連性は??

 働く細胞は、無印の方が2期と働く細胞blackとして同時並行で2作品来ている。

 この2作品の関連性と違いは、初見にはよくわからないもの。

なにより働く細胞は、2シーズン目に突入しているので、

「働く細胞blackを観る前に無印の方予習した方がいいのかな??」

なんて疑問も出てくるだろう。

その疑問と働く細胞と働く細胞blackの違いについて解説していくぞ。

 

 

  • 漫画は約21万冊。
  • 約9000作品が無料で読める読み放題コーナーもある!

もちろんはたらく細胞とスピンオフ作品もあります。

 

はたらく細胞(完結)  (無料あり)

はたらく細胞BLACK  (無料あり)

 

漫画を「背表紙表示」で管理が出来る。

まるで本を管理してる気分。

これで、場所を取らずに背表紙のデザインも堪能できるので、電子書籍なのにコレクションしている気分にさせてくれる。

 

( こんなことが分かります)

✔ 働く細胞と働く細胞blackの違い、関連性について

  

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の関連性

 


【公式】TVアニメ『はたらく細胞』第2弾PV | 2018.7.7(土)放送開始!!

 

結論から言うと、関連性はない。

なので、はたらく細胞(無印)を観てないからと言って、BLACKの内容が分からないとはならない。

イメージスピンオフで、舞台となっている身体自体違う。

無印で起こったことは、BLACKでは一切触れられていないぞ。

 

どっちから観たらいい??

BLACKは、結構重たいので、無印の方から入ってった方が良い。

BLACKは、労働環境がBLACKなので、観ていてただただ辛い笑。

 

なので、まず無印で慣れてから、BLACKを観る。

若しくは、観ない!

ブラック会社出身だとこう、トラウマとか呼び起こされるから、観たくない人は無理に見なくても良い。

 

はたらく細胞

   ↓

働く細胞!!(2期)

   ↓

働く細胞BLACK

 

の順で見ると、より楽しめるであろう。

 

 

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」の特徴


TVアニメ第2期「はたらく細胞!!」第2弾PV/2021年1月9日放送開始!

 

違いを解説する前に簡単に2作品の特徴について説明するぞ。

これがその特徴をまとめた表となっている。 

 

要素

 働く細胞  

働く細胞black

身体環境
良い
最悪
下ネタ要素
なし
あり
グロ要素
あり
かなりあり
うつ展開
なし
あり

 

おっきな特徴は、身体環境だね。

名前の通りBLACKの方は、劣悪な環境となっている。

BLACKもブラック会社から取られているようで、鬱展開があったり、グロもかなり多い印象だ。

 

それに加え、下ネタ要素も含まれている。

度直球の下ネタすぎて、かなり笑えてしまうほど。

 

 目次へ戻る

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」一番の違い


「はたらく細胞BLACK」第1弾PV│2021年1月放送開始

 

2作品間の一番の違いは、身体の環境となっている。

 

※普通の方を無印と表記します。  

働く細胞(無印)

  • 健康体で、ほとんど病気はしない。
  • しても風邪やインフルエンザなど。

 

BLACK

  • 睡眠不足、過度なストレス、暴飲暴食、喫煙、乱れた性事情など身体に悪い事の詰め合わせパック状態。

 

こう比較すると天と地の差だ。

無印の方は、健康体そのもので、不摂生をしている風は一切ない。

たまにたんこぶとか風邪などを引いてしまう程度の一般人ならよくあるものばかり。

 

BLACKの方は、まさにブラック会社勤めといった感じ。

アニメ内では、本体のことについて、特に描写があるわけではないが、体内状況から嫌というほど分かる。

 

このように根本の身体が置かれている環境が天と地の差となっている。

 

 目次へ戻る

アニメ「働く細胞」と「働く細胞black」ちょっとした違い

最後にここでは、働く細胞の細かな違いについて解説していく。

 

・色んな性別(白血球、赤血球、ナレーションの性別)

 体内で出てくる細胞達の性別から舞台である、身体の性別をここでは解説していく。

まずは、体内に出てくる細胞たちの性別からだ。

 

働く細胞(無印)

  • 白血球が男、赤血球が女

  • ナレーションは能登麻美さん

 

BLACK

  • 白血球が女、赤血球が男

  • ナレーションは津田 健次郎さん

 

2作品で白血球と赤血球、ナレーションに至るまで性別が真逆となっている。

無印の方、BLACKの方でも赤血球が主人公なのだが、無印の方が白血球の活躍が目立つ。

BLACKの方はというと、他の細胞や外的な治療が救世主的な役割を果たしているため、あんまり白血球が目立たなくなってしまっているね。

 

流石BLACKといったところ…健康体になろうってしみじみ思う。

 次に身体自体の性別の解説に移ろう。

 

働く細胞(無印)

  • 不明

 

BLACK

 

無印の方は、どちらの性別か判断する材料がなかったので、不明にしておいている。

BLACKの方は、完全に男。

男の大事な部分が舞台の話があるのが理由。

女性にはついていない男だけのあれだ。

なかなかドストライクな下ネタ回なので、おすすめだぞ。

 

 目次へ戻る

・血小板ちゃんが親方気質!?

無印だとすごいおっとりした優しい雰囲気を醸し出している血小板ちゃん。

Twitterでも大人気なようで、癒しなんて囁かれるほど。

 

だが、BLACKの血小板ちゃんは、束ねるリーダーがなんと親方気質。

イメージ的には、パワハラ体質?笑。

過酷な労働環境を仲間の血小板ちゃんに強要しているんだ。

観ていて辛いものがあるね…

 

 

・登場する臓器も違う

実は、無印とBLACKの方で登場する臓器も違ってきている。

 

働く細胞(無印)

  • 肺など

 

BLACK

  • 肝臓や心臓や胃、腎臓、男の大事な部分など

 

共有して通る部分や紹介される部分があり、腸あたりは両方とも出てきている。

だが、それぞれにしか出てこない臓器もある。

イメージ的には、BLACKの方が色んな臓器の紹介があるイメージ。

特に肝臓や胃、男の大事な部分など無印では、あまり行く機会のない場所もしっかりと紹介されているんだ。 

 

そりゃ、労働環境がブラックなせいで、色んな臓器を行き来しなきゃらなないからな。

 

 

・ラスボスが出てくる原因が違う

無印の場合は、誰しもが恐れる病気であり、死因トップクラスのあいつだ

かなり手強く、ラスボスに相応しい強さとなっている。

 

BLACKの方は、こいつってのがいないのが特徴。

主に身体の不摂生が原因で、色んな病気を引き起こして、ピンチに追いやっている。

もしかしたら、ラスボスは、身体自身なのかもしれない…

 

 

 

  • 漫画は約21万冊。
  • 約9000作品が無料で読める読み放題コーナーもある!

 

漫画を「背表紙表示」で管理が出来る。

まるで本を管理してる気分。

これで、場所を取らずに背表紙のデザインも堪能できるので、電子書籍なのにコレクションしている気分にさせてくれる。

 

もちろんはたらく細胞とスピンオフ作品もあります。

 

はたらく細胞(完結)  (無料あり)

はたらく細胞BLACK  (無料あり)

 

漫画を「背表紙表示」で管理が出来る。

まるで本を管理してる気分。

これで、場所を取らずに背表紙のデザインも堪能できるので、電子書籍なのにコレクションしている気分にさせてくれる。

 

 目次へ戻る