菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)2000万ドルと記憶喪失した強盗犯…バックトレース(感想、結末、裏話)

    

2000万ドルと記憶喪失した強盗犯…バックトレース(感想、結末、裏話)

 

f:id:mt594322mt:20190913180618j:plain

映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

 

 

 

キャスト

 

サイクス

シルヴェスター・スタローン

 

 

マクドナルド

マシュー・モディーン

 

 

ルーカス

…ライアン・グスマン

 

 

エリン

…メドウ・ウィリアムズ

 

 

フランクス

…クリストファー・マクドナルド

 

 

ファレン

…タイラー・ジョン・オルソン

 

 

あらすじ~

 医療施設に収容されている銀行強盗犯マクドナルド。

彼は7年前に負った頭の怪我が原因で収容される以前の記憶を失っていた。

記憶を失くす前に銀行から盗んだ大金を隠したと噂される彼を、ルーカスとその仲間は施設から連れ出し、危険な薬物を使い記憶を蘇らせようとする。

一方、マクドナルドの事件を長年追っていた刑事のサイクスは、FBIと協力して姿を消した彼の行方を追っていたのだった…

 

 

 


 

 個人的評価…6/10

 

 

      

     

 

f:id:mt594322mt:20190913180643j:plain

記憶喪失のマクドナルドことマシュー



映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

一文感想 ↓

マシューを楽しみながら、懐かしいスタローンの姿が見られる。

 まず一言、大脱出2に続き今回もシルベスター・スタローンはあまり活躍しません。

というより、大脱出2以上に活躍しないですね…

どちらかと言えば、マシューモディーンがメインですね。

マシューが裏切られて、ボロボロになっては、ムショにぶち込まれて、挙句記憶喪失になってしまって…

ムショには7年もぶち込まれるという災難…(いや、犯罪冒してるから、当然といえば当然なんだが)

そんな様々なマシューの姿が見られます!

 

懐かしい刑事スタイルのスタローンの姿も!

いやはや老いたなぁと思わざるおえなかったですね……

そりゃもう73歳ですからね、そうそう激しいアクションなんてできないと思われますし。(ただ、73歳の体付きではないことは確か…)

 

と後半は、ちょっと驚きの展開が待っています。

あ、そういう関係性だったんだぁと思っちゃいましたね。

 

 

 

 

マシューモディーン、スタローンが好きという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

 

f:id:mt594322mt:20190913180725j:plain

異様に大きいバッチをぶら下げたスタローン刑事

映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

2000万ドルの行方は…!?

今回は、マシュー演じるマクドナルドたちがお金を盗んで、そのお金の在処が分からない まま唯一の生存者のマシューが記憶喪失というちょっと面白い設定。

警察やら当時の裏の協力者やらに狙われるマクドナルドが最終的にどうなってしまうのかというのが気になるところですね。

 

 

 

 

 

 

        

     

 

f:id:mt594322mt:20190913180815j:plain

主に警察署での指示だしがメインサイクス

映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

スタローンの立ち位置が微妙…

スタローンことサイクスは、マクドナルドの事件をずっと追いかけていた刑事。

しかも結構偉い立場なので、あまり現場には赴かないんですよね。

当然、現場に来ないということは、アクションも期待できない…

自分は、スタローンのアクションを期待していた節があるので、残念でしたね。

ですが、なんだかんだ最後はいいところを持って行ってくれます笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 余談、裏話…

         

 

f:id:mt594322mt:20190913180859j:plain

シルベスター・スタローン

映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

 日本では、ヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち2019」での公開のみみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末~

 

f:id:mt594322mt:20190913180922j:plain

ルーカスとエリンとマクドナルドの家族風景

映画.comバックトレースの作品情報より引用
(C)2018 GEORGIA FILM FUND 64, LLC

 

 記憶喪失のマクドナルドを刑務所から脱走させたのは、息子たちと奥さんだった!

脱走したマクドナルドは、エリン(奥さん)とファレン(警備員の格好してた人、息子)とルーカス(刑務所内にいた人でマクドナルドと接触してた、息子)に勧められて認可したばかりの記憶を取り戻す薬を摂取することとなる。

その薬は、8割の確率で記憶の40パーセントが戻るが、残り2割の確率で死んでしまう危険な薬…しかも、脳脊髄に直接注射しなきゃならない上、酷い頭痛や幻覚を見るという過酷なものだった。

 

その薬を飲んで徐々に記憶が取り戻していき、やってきたのが、前働いていた工場。

そこで等々お金の在処を思い出す(工場の四角いダクトの中に詰まってた)とともに自分に協力していたエリン達が自分の親族だということも思い出していく。

 

だが、そこで最初警察官が来て見つかってしまい、尋問中に当時裏切ったやつら(FBI捜査官ら)がその工場に来てしまい、マクドナルドたちを発見してしまう。

その時、警官は撃たれてしまう。

裏切者のFBIらに逃げていてファレンがそいつらと撃ち合いになりかなりの玉を被弾してしまう。

マクドナルドは、ファレンに近づき「思い出したぞ」と泣きながら言い、ファレンは絶命してしまう。

 

FBIらがしつこく追ってきて、発砲。

ルーカスが被弾したため、ファレンの死体を置いて逃げていくがファレンとエリンは捕まってしまう。

そこに急いで駆け付けていたサイクスが到着し、FBIを撃ち殺し始める。

撃たれた警官は、サイクスと電話中でFBIマクドナルドの会話は筒抜けであり、FBIが裏切者だと知られてしまっていたのだ。

 

マクドナルドは、奥さんと息子を助けるべく金の入っていた袋に鉄くずをつめ、前にしょい込み、銃を連発しながら突進。

だが、押し返されてしまう。

そこにサイクスが登場!FBIの黒幕であり、親玉のフランクスを撃ち殺した。

 

マクドナルドは、罪を償うと言ったが、サイクスは十分もう罪は償ったと言って、金を持って逃げろという。

だが、マクドナルドはもう誰かに怯えて暮らすのは嫌だと言い始める為、サイクスはちゃんと偽装しといてやると言う。

そうして、マクドナルドは金をもって、息子のルーカスと妻のエリンと共にどこかへ逃亡していたのだった…

 

 

FBIのフランクスら数名は、死亡

ファレン(息子で警備員に成りすましていた人)も死亡

終盤、マクドナルドたちを発見した警官も恐らく死亡