菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

アニメ感想)絶対観た方が良い!ネトフリアニメで1,2を争う面白さ…Netflixアーケイン

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

絶対観た方が良い!ネトフリアニメで1,2を争う面白さ…Netflixアーケイン

 

アニメ感想)絶対観た方が良い!ネトフリアニメで1,2を争う面白さ…Netflixアーケイン

アニメ感想)絶対観た方が良い!ネトフリアニメで1,2を争う面白さ…Netflixアーケイン

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

個人的な評価は、満点なこのアニメ。

3DCGのクオリティ、ストーリー、アクションともに文句なしな上、声優も超豪華。

ゲームのリーグ・オブ・レジェンドが原作でヴァイやジンクスが主人公のアニメ。

 

マジ、観た方がいいと心から思ったアニメ作品だ。

 

目次

 

 

( こんなことが分かります)

✔ アーケインがあまり面白い理由、原作について

✔ アーケインの感想、世界観、デザイン、アニメーション、Twitter上での反応

 

「アーケイン」が面白い理由

 

ジンクス

ジンクス

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

アーケインの面白さを具体的に書くと以下の4つとなる。

 

面白い理由)

  • 王道じゃない悪にも正義にもなりうる主人公たち。
  • 3DCGクオリティが段違いで良い。
  • 武器のデザイン、アクションがカッコ良すぎる。
  • 魅力溢れる世界観。

 

 

・「アーケイン」が面白い理由1)王道じゃない悪にも正義にもなりうる主人公たち。

主人公が悪と戦う単純な物語ではない。

地上の裕福な都市(ピルトーヴァー)と地下の貧困溢れる都市(ゾウン)が対立。

麻薬のような薬(シマー)がゾウンにはあり、肉体の限界を超えた力を手に入れれる。

対して、ビルトーヴァーには、科学の力で魔法を使えるようにして対抗しようとする。

それぞれの都市に主人公がおり、それぞれの想いが複雑に絡み合っていく。

 

その中でも、ヴァイとジンクスの姉妹の心情と境遇がとっても面白い。

壮大な世界観の中に色んな視点での主人公、悪と正義が絡み合う姿は、作品にはない面白さだ。

 

 

・「アーケイン」が面白い理由2)3DCGクオリティが段違いで良い。

3DCGのデザインのクオリティが一流の映画レベルのクオリティで、動きも違和感皆無。

このアニメシリーズの世界観に合わさったデザインになっており、観ていて驚かされるばかりであった。

 

ネトフリオリジナルアニメだと、全く動かないだとか3Dがカクカクでショボいとたくさん言われる中、このクオリティは、正直ビックリした。

 

一応、原作(ゲーム)の「リーグ・オブ・レジェンド」製作スタッフが手掛けただけあって、原作っぽいデザイン。

 

特に煙や炎の演出が面白い。

2Dっぽい煙の演出なんだが、2Dではない。

3Dだなって分かるようなデザインで、なかなか面白い。

最近の海外の3D作品では、結構こういう煙の描き方をしているんだよね。

 

3DCGのクオリティの高さと原作に上手く寄せたデザインは、このアニメシリーズの面白さ、評価をグッと上げた。

 

 

・「アーケイン」が面白い理由3)武器のデザイン、アクションがカッコ良すぎる。

アニメでは終盤に登場するヴァイやジェイスの武器。

これがクッソカッコいい。

 

ヴァイは、ガントレッドのような武器で、ロボアニメのような仕様。

ヘクステック・ジェムストーンだかの力を借りて、凄い出力で攻撃を繰り出す。

ゼロ距離パンチのようなイメージ。

これが、ロボアニメ好きはテンションぶち上がった。

 

ジェイスのハンマーのような武器。

基本ハンマーなんだが、バリアもはれたり、ビームみたいのも撃てる!

ギミックだけでもカッコいいのにビームも撃てるとか胸熱であった。

 

全体的にスチームパンクっぽいデザイン、ギミックでその手のデザインが好きな人は、ガッツリハマること間違いなし。

 

 

・「アーケイン」が面白い理由4)魅力溢れる世界観。

まだシーズン1で、1つの国がメインでの話。

原作の方では,色んな国があり、色んなキャラクターがいる。

ぱっと見原作では、100体ほど登場しているんじゃなかろうか。

それ程の量なので、今後色んな原作キャラが登場するだろうね。

 

魔法やルーンといったファンタジーの力がある一方で、スチームパンクチックなデザインの気球船や銃といった化学の力も存在する。

人もこの世界オリジナルの種族で構成されているのも面白い。

 

一見、1国の内戦のように思えるが、色んな伏線からわかる深い世界観がうかがえる。

建国前の大戦?のような戦い、魔法を操る謎の魔法使いに議員の一人の一族の存在とまだまだたくさんの面白い要素を含んでいた。

 

見れば見るほど、色んな技術と種族と他国の存在などが複雑に広がっており、世界観が魅力の塊だ。

 

 

世界観とデザインとアニメーション

 

アーケインの世界観

アーケインの世界観

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

簡単に世界観、デザイン、アニメーションを解説していくぞ。

 

世界観

架空の世界で、科学や魔法の力が混在する。

銃や爆弾もあるが、戦闘機や戦車のようなものはまだない。

車とかもないが、気球船みたいのはある。

 

人種も人類の他に謎の毛むくじゃらの生物もいるし、オーガっぽい生物も…

シーズン1では、科学の国ピルトーヴァーがメインとなっている。

 

 

 

デザイン

フル3DCGだが、アメリカの2Dっぽいデザインにしている。

煙や炎のエフェクトも2Dっぽくする徹底っぷり。

この辺は、原作の「リーグ・オブ・レジェンド」に寄せてきているようだ。

調べたところ、手描きと3DCGを組み合わせて作っているらしい。

 

 

アニメーション

おそらくモーションキャプチャだろうって思うほど滑らかかつ違和感が皆無な動き。

戦闘シーンの見応えは、びっくりするほどだ。

 

 

原作は「リーグ・オブ・レジェンド

 

リーグ・オブ・レジェンド

リーグ・オブ・レジェンド

©Riot Gomes Inc. All rights reserved

 

2009年に作られたマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナゲーム。

無料でプレイでき、キャラクターのカスタマイズ等は課金制となっている。

世界大会も行われているほどで、2019年の世界大会では、4000万人の視聴者がいたほどの人気だ。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

・「アーケイン」の用語解説

 

ピルトーヴァー

地上の裕福な都市。

政府のような組織の評議会がある。

トップの人間が複数おり、重要なことは多数決で決められる。

警官や自衛隊のような役割をしている執行官という組織もある。

 

 

ゾウン

地下の貧困溢れる都市。

元々は、名前は無かったが、シルコがトップになってから、ゾウンという名前の都市となった。

ケミ長者という評議会のようなものが存在しているが、実質シルコの独裁だ。

 

 

シマー

超人的な力と回復力が発揮される紫色の液体。

中毒性があり、取りすぎると人に戻れなくなる。

一気にたくさん取ると、化け物に変身できる。

シルコが言うには、内なる化け物を呼び出しただけらしい。

 

 

ファイアーライト

シマーを潰すために活動している集団。

ホバーボートに乗って、襲ってくる。

 

 

ヘクステック

魔法を科学の力で使えるようにしたもの。

この時は、外部からの振動に弱く、すぐ暴走&爆破してしまう。

 

 

ヘクステック・ジェムストーン

外部の振動に強くしたのがヘクステック・ジェムストーン。

ヘクステックの上位互換のようなもの。

 

 

ヘクステック・コア

へクステックの技術を使って生み出された物で、コアのような形だからこう名付けられた。

知能があり、日々学習するぞ。

 

 

ヘクスゲート

へクステックの技術を使った空港のようなもの。

空の物流を可能にしており、どういう構造かは語られていないので、よく分からない。

 

 

アトラス・ガントレット

ヘクステック・ジェムストーンを力を使ったガントレット

強力な握力やパンチを繰り出すことが出来る。

最初は、採掘作業を効率的かつ安全に行うために作られた。

 

 

ヘクスクロウ

カニカルアームで、強力な光線を出すことができる。

工芸系など色んな職人に役立てるために作られた。

 

 

 

リーグ・オブ・レジェンドにも登場しているアーケインのキャラクター

 

ヴァイ

ヴァイ

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

 

エコー

初登場は、ヴァイたちが幼少期だったころ、鍛冶の見習いをしていたときだ。

ヴァイの弟分みたいな感じだったね。

時が経って、大きくなった時にこの姿に近い形でヴァイの前に現れた。

 

その時は、とある組織のリーダーになっていた。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ヴァイ

このアニメの主人公というべき存在。

手のガンドレッドは、物語終盤で登場し、かなりテンションがあがること間違いなしだ。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ハイマーディンガー

最初の方から登場していたこのキャラクター。

ビルトーヴァーの評議会の一人で、ビルトーヴァーの設立に一役かった人物。

過去の色んな秘密をアニメでは、秘めているようだ。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ジェイス

アニメでは、へクステックの技術を生み出した人物。

最初の方から登場しており、ヴァイと並ぶ、主人公級の人物となっている。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ケイトリン

ヴァイとコンビで中盤以降活動する。

ビルトーヴァーの執行官で、正義感溢れている。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ジンクス

ヴァイの妹で、ヴァイと並ぶもう一人の主人公。

アニメでは、色んな苦難や苦悩を秘めていた。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

ライズ

ジェイスの過去の思い出で登場したキャラクター。

幼少期に初めてあった魔法使いがこのライズとなる。

シーズン1では、ほんの数カットしか登場していないが、今後の大きな伏線となる人物に違いない。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

シンシド

シルコの専属のドクターで、シマーを作ったと思われる人物。

他にもヴィクトルの知り合い?師匠?的な人物っぽそうだ。

シーズン1で少し親しげに話していたが、どういう仲かまでは、語られていなかった。

 

www.leagueoflegends.com

 

 

「アーケイン」のTwitter上での反応

 

アーケイン

アーケイン

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

かなりのツイート数で、みんな大絶賛していた作品。

個人的に超面白くて、ネトフリアニメでベスト3にはいるんじゃ…って思うほどの作品。

 

 

 

 

 

 

 

概要とキャラクター紹介

 

ケイトリン

ケイトリン

Netflixアニメのアーケインの作品情報より引用

©ガード2021 Netflix Arcane Inc. All rights reserved

 

 

www.youtube.com

 

・作品概要  

アーケインの概要)

原題、Arcane

原作・制作・アニメーション製作

フォルティッシュプロダクション

ライアットゲームズ

 

 

 

・キャスト

ヴァイ

このアニメの主人公で、腕っぷしがめっちゃ強い姉御的存在。

ボクシングが得意。

 

ジンクス

ヴァイの妹で、不幸を呼ぶことからジンクスって呼ばれるようになった。

大きくなってからは小っちゃい頃のトラウマを抱えている。

 

ケイトリン

ビルトーヴァーの執行官で、お金持ちの娘。

ジェイスとは知り合いだ。

 

シルコ

地下の街ゾウンを設立した人で、シマーでお金を儲けている悪役。

ジンクスを保護して父親代わりに大切に育てている。

 

ジェイス

へクステック技術を生み出した人物。

色んな技術を持っており、今後の物語の大きなカギとなる人物だ。

 

 

感想

 

www.youtube.com

・あらすじ

科学、魔法、そしてぶつかり合う信念。繁栄を遂げる都市ピルトーヴァーと、その下に広がる街ゾウンを舞台に、敵同士として戦いに身を投じる姉妹の運命を描く。

 

ネットフリックス公式サイトのあらすじより引用

  

「アーケイン」

話数)

シーズン1 9話(各話約45分前後)

 

評価)

ストーリー…10/10

デザイン、作画…10/10

個人総合評価…10/10

 

 

・アーケインシーズン1の感想)戦闘シーンの見応え半端ない。

 

このアニメの見所の一つであるアクションシーン。

見応えが半端ないものだった。

 

ヴァイのボクシングアクションは、カッコ良すぎる。

基本ボクシングのヴァイは、マジモンのボクサーのような戦闘スタイル。

ボディやフック、アッパーを使い巧みに敵を倒していく。

 

見せ方も上手いが、アクションの構成もかなりのもの。

敵がシマーを使った謎装置での戦闘シーンでは、プロレス技もありつつ、膝蹴りとワンパターンを避けていた。

 

まるで、総合格闘技を見ているような興奮度だ。

 

 

アトラス・ガントレットなどの武器のギミックやアクションがカッコいい。

 

こちらは、肉弾戦でもちょっと違う。

スチームパンクっぽいデザインから稼働する威力絶大なパンチやハンマー。

迫力満点、ギミックもそそられる。

何よりゴツい!

男の子の好きな物が全て使っている感じが、とても良かった。

 

他にも銃撃戦や爆弾を使ったジンクスの戦闘と多種多様。

アクションの見応えは、ネトフリアニメトップクラスだ。

 

 

・アーケインシーズン1の感想2)世界観がかなり凝ってる。

一言では言い表せない世界観。

色んな種族とヘクステックという魔法を科学の力で使うことができる技術。

このヘクステックが元凶とも言っていい。

 

そこから地下組織や地上の評議会率いる執行官たちの戦い。

他国の存在やこの国の過去も垣間見えつつ、世界観の広さを醸し出していた。

 

シーズン2もあるようなので、色んな伏線がどう世界観を広げてくれるのか楽しみだ。