菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

アニメ感想)オンラインゲーム原作のファンタジーアニメ…Netflix DOTAドラゴンの血

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

オンラインゲーム原作のファンタジーアニメ…Netflix DOTAドラゴンの血

 

オンラインゲーム原作のファンタジーアニメ…Netflix DOTAドラゴンの血

オンラインゲーム原作のファンタジーアニメ…Netflix DOTAドラゴンの血

NetflixアニメのDOTAドラゴンの血の作品情報より引用

©ガード20121 Netflix Dota: Dragon's Blood Valve Corporation Inc. All rights reserved

オンラインゲーム原作の本作は、ゲームをやったことない人でもある程度は楽しめる構成。

Twitter上でも色々と話題となっているようで、色んな意見が出ている模様。

しかもゲームと連動して新規プレイヤー向けアップデート情報まで…

このアニメの見所や世界観、Twitter上での反応の他、原作について簡単に説明。

個人的な感想も紹介していくぞ。

 

( こんなことが分かります)

✔ DOTAドラゴンの血の見所と世界観、Twitter上での反応

✔ DOTAドラゴンの血の感想、原作について

 

DOTAドラゴンの血の見所

www.youtube.com

アメリカのオンラインゲームが原作のこのアニメ。

ファンタジー要素がふんだんにあるこのアニメの見所は…

DOTAドラゴンの血の見所)

  1. 主人公が半ドラゴン化しちゃう!?
  2. 賢者、エルフ、神にドラゴンとファンタジー要素満載。

 この2つ。

シーズン1では、話半ばだが、賢者や神、悪魔などファンタジーや神話要素も加味されている。

 

・見所1)主人公が半ドラゴン化しちゃう!? 

シーズン1の2話あたりで、サクッと半ドラゴン化してしまう。

1話目ではその原因となる出来事も…

主人公が特殊な力を手に入れた系のアニメが好きな人は、期待できる出だし。

3話目あたりで、その力を発揮している。

 

だが、現状シーズン1で大きな活躍を見せないのが難点。

かなり話が中途半端だから、今後大きな活躍をするであろう主人公には期待大というところ。

 

・見所2)賢者、エルフ、神にドラゴンとファンタジー要素満載…神と賢者と悪魔の勢力図に注目。

ドラゴンが空を駆け回り、森にはエルフがたくさんいる世界。

言わば、ファンタジー感がとても強い世界といえる。

その中で、神話要素も含んでおり、神だったり、賢者、悪魔の存在もシーズン1から登場。

その3つの勢力(神、悪魔、賢者)の力関係と争いは、今後面白くなる大きなポイントとなるだろうね。

 

 

  目次へ戻る

世界観とデザインとアニメーション

エルフ族の救世主

エルフ族の救世主

NetflixアニメのDOTAドラゴンの血の作品情報より引用

©ガード20121 Netflix Dota: Dragon's Blood Valve Corporation Inc. All rights reserved

原作国がアメリカだけあって、デザインがどこかアメリカチックなこの作品。

ここでは、世界観とデザイン、アニメーションについて解説する。 

 

世界観

ドラゴンが人間達を襲う世界。

その中で、ドラゴン狩りを専門としているドラゴンスレイヤーなるものが存在する。

他には、色んな種族のエルフがいるくらいで、ドワーフなどの他のファンタジーの生き物は、確認されていない。

悪魔やエルフ族の賢者、神の存在がおり、この3つがこの世界の鍵となっている。

 

装備については、銃等はなく、弓若しくは、刀。

その他に魔法の存在もあるのが特徴。

 

要するにガッツリファンタジーの世界といったところだ。

 

デザイン

アメリカ原産だけあって、顔の影や線の描き方は、とてもアメリカっぽい。

リアルよりのデザインで、基本は2Dだが蓮の花やドラゴンは、3DCGとなっている。

 

アニメーション

3Dだけじゃなく、一部2Dもぬるっと感があるが、作画に厳しい人じゃない限りそんなに気にならないレベル。

流石に3Dの箇所は、3D感がまるわかりだったのが少々残念。

 

 目次へ戻る

「DOTAドラゴンの血」の原作情報

ミラナ姫

ミラナ姫

NetflixアニメのDOTAドラゴンの血の作品情報より引用

©ガード20121 Netflix Dota: Dragon's Blood Valve Corporation Inc. All rights reserved

このアニメは、DOTA2というオンラインゲームが原作となっている。 

ValveCorporationが開発会社で、96年創立でアメリカで一人当たりの収益性がとても高い会社として有名らしい。

 

リリースされたのが2013年。

このゲーム自体のジャンルとルールは、アクションRPGで、2つのチームの陣取りゲーム。

 

キャラクター数100体以上の他多数のアイテムなど世界のユーザーは、史上最高のオンラインゲームっていう人も多数いるようだ。

Eスポーツとしてあるみたい。

 

昨今リアルよりでパソコンのスペックを必要とする時代にこのゲームは、比較的低スペックでゲームが出来るのも特徴。

プロセッサーDual core、メモリーが4GBに加え、グラボがnVidia GeForce 8600/9600GTとかなり低スペック。

 

日本にもたくさんユーザーがいたり、世界ならず日本にもゲーマーの間では、知らない人はいないオンラインゲームとなっている。

 

 

 目次へ戻る

Twitter上での反応

 そこまで多くないツイート数。

だが、少ないもないといった印象。

その中で印象的なツイートを紹介するぞ。

 

 

こちらは、ゲームのDOTA2の新規プレイヤーが入ると見越したアップデート情報だね。

ネトフリユーザーがこのアニメをきっかけにゲームに興味を持つことは大いにあり得る。 

 

シーズン1だからか、はなから知ってる前提で進んでいくのか…

まだ、細かい事は一切分からない。

もしかしたら、後のシーズンの伏線として色々使うのかな?? 

 

 こちらは、高評価のツイート。

主人公が早々に覚醒する展開は、好きな人は多いはず。

 

IMDb 8.9/10(2021年3月26日現在)

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

賢者

賢者

NetflixアニメのDOTAドラゴンの血の作品情報より引用

©ガード20121 Netflix Dota: Dragon's Blood Valve Corporation Inc. All rights reserved

 

・作品概要  

DOTAドラゴンの血の概要)

原題、Dota: Dragon's Blood

原作・制作

 オンラインゲームのDOTA2

アニメーション製作

  Production Reve、スタジオミール株式会社

 脚本家は、「マイティ・ソー」や「X-MENファースト・ジェネレーション」を手掛けたアシュリーエドワードミラーさん。

 スタジオミール株式会社は、キポとワンダービストやネトフリドラマのウィッチャーを手掛けた韓国の会社だ。

他には、ValveCorporationというオンラインゲームのDOTA2の開発会社もこのアニメに関わっている。

・キャスト

ダヴィオン

 このアニメの主人公で、ドラゴンスレイヤー

とある理由で、自らの中にドラゴンを宿すこととなる。

 

ミラナ姫

とある姫君。

ダヴィオンと一緒に旅をすることとなる。

 目次へ戻る

 

 

感想

www.youtube.com

・あらすじ

 悪を止めるため危険な旅に出た勇敢なドラゴン・ナイト。内に眠るドラゴンが目覚める時、壮大な冒険が始まる。人気オンラインゲーム原作のファンタジーアニメ。

 

 ネットフリックス公式サイトの DOTAドラゴンの血より引用

  

「DOTAドラゴンの血」

話数)

シーズン1 8話(1話あたり、約24~28分)

 

評価)

ストーリー…5/10

デザイン、作画…5/10

個人総合評価…6/10

 

・総評)外野が強い?主人公があまり活躍しないのが難点。

 シーズン1で8話しかないのだが、序章…という感じでもない進み具合。

ただ、主人公があんまり活躍してる感がしない。

誰か強敵を倒したとかそういうのはなく、成り行きに任せてついていき、結果捕らえられたりしてしまうオチ。

序盤は、凄い活躍します感がでていたのに、ちょっと残念でならない。

出るとしたら、シーズン2に期待したいところだね。

 

賢者と神様の存在感が凄い。

この2人が主人公なんじゃねぇかってくらいの存在感。

賢者が主人公で、神様がボス的な雰囲気をだしているが、シーズン1の8話を見る限り、その拮抗も崩れたように思える。

シーズン2ではどう展開していくのか楽しみだ。

 

因みにゲームを知らなくてもある程度は楽しめる構成となっている。

 

・シーズン1感想)イメージ的に駆け足な気ががする。

 8話程しかないのにトントン拍子で話は進んでいく。

主人公の特殊な力を手に入れる成り行きやら仲間との出会い。

他では、エルフ族の救世主?的な目線からのもう一人の仲間。

8話には大きな戦争で…

凄い中途半端…というより、先が気になる終わり方をしている。

もっとじっくりやっても良かったんじゃないかな?ってのが観終わった率直な感想。

 

その中で、色々と分からない事が多々ある。

ドラゴンスレイヤーの8つのドラゴンってのも特に説明もない。

世界観も一切ない。

などなど色々と分からない事が多い。

まぁ、それはシーズン1ってこともあるが…

 

シーズン1では、エルフと人間くらいしか出てきていなく、あとドラゴンか。

ドワーフとかホビットとかファンタジーのお約束の種族は出てくるのかが謎。

その辺は、ゲームにヒントがありそうだが…

シーズン1を見る限り、そういった類が出てくる雰囲気がないね。