菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

アニメ感想)人間VS他種族のファンタジーアニメが面白い…Netflixアニメドラゴン王子シーズン1

    

人間VS他種族のファンタジーアニメが面白い…Netflixアニメドラゴン王子シーズン1

 

ドラゴン王子シーズン1

ドラゴン王子シーズン1

Netflixアニメのドラゴン王子シーズン1の作品情報より引用

©ガード2018 Netflix The Dragon Prince Wonderstorm Inc. All rights reserved

ファンタジーの世界観が結構好きな自分。

それ以上に国VS国の戦争だったり、人間VS他種族のような大規模な戦争系はもっと好き。

映画のナルニア国物語とか大好きだ。

この映画は、ファンタジーの世界観に加え、その人間VS他種族が長年にわたって戦争をしているという話。

大好きな要素が2つも入っている最高のアニメ。

キッズ向けだから、グロとかエロとかは一切ないので、子供とも一緒に観れるんです。

期待通りの面白さだったドラゴン王子のシーズン1の見所と面白かった理由に加え、感想をどうぞ。

目次

 

 

( こんなことが分かります)

✔ ドラゴン王子の面白い理由

✔ ドラゴン王子の見所

✔ ドラゴン王子の感想

 

ドラゴン王子が面白かった理由

ハーロー王

ハーロー王

Netflixアニメのドラゴン王子シーズン1の作品情報より引用

©ガード2018 Netflix The Dragon Prince Wonderstorm Inc. All rights reserved

 

 シーズン1を観終わった感想は、素直に面白かった。

キッズ向けと書いているが、十分大人も楽しめる作品になっているんです。  

ドラゴン王子が面白かった理由)

  1.  魔法やエルフ、ドラゴンと言ったファンタジー世界
  2.  人間VS他種族の大規模戦争要素
  3. 冒険&アクションありで、見ごたえ抜群

 

魔法やエルフにドラゴンとファンタジーの世界観にどっぷり浸かれるのは、ファンタジー好きにとっては、最高に良い。

イメージとしては、ナルニアとかロードオブザリングとかその辺なんだろうね。

指輪とか現実世界からファンタジーの世界に行くとかそういう要素はないものの。

ドラゴンの王子…卵を巡ってのお話がメイン。

その中でエルフの種族が出てきたり、人間の国があったりそこでちょっとしたハプニングから冒険に繰り出す感じとか…

ファンタジー好きには溜まらない展開。

 

冒頭のあらすじで紹介されることだが、人間がドラゴンを殺し、ドラゴンの卵を廃棄してしまう。

そこで、怒り狂った他種族が戦争を仕掛け…人間は新たに闇の魔法の力を手にいれて対抗するというファンタジーとしては、結構ありきたりな話。

そのありきたりなファンタジー設定に人間VS他種族連合の戦争ってだけでもドストライクに好きな人はたくさんいる。

自分もその一人で、ドラゴンとかも出てくるであろうから、もうドキドキワクワクが取らまらない。

 

この作品は、冒険をするし、それなりに高いクオリティのアクションも用意されているので、大人でも十分楽しめる仕様になっている。

アクション自体は、少な目でどちらかというと冒険系が多いかな。

今後のシリーズはどうかはわからないけど、どちらにせよその冒険&アクションの見ごたえ抜群で、とても楽しめたのは事実。

  目次へ戻る

ドラゴン王子シーズン1の見所

クローヒキガエルのベイト

クローヒキガエルのベイト

Netflixアニメのドラゴン王子シーズン1の作品情報より引用

©ガード2018 Netflix The Dragon Prince Wonderstorm Inc. All rights reserved

シーズン1を見ての見所3つをご紹介します。

 

・ドラゴン王子の見所1)王子たちの個性豊かな冒険パーティ。

王子2人とダークシャドウエルフとカエルの3人と1匹コンビ。

王子2人は、戦力とはなりえなく、カエルもそう。

唯一まともに戦力になりそうなのが、エルフっていう戦闘向きじゃないパーティ。

デコボコパーティで、つい応援したくなりそうな…それでいて、ピンチを乗り越える感じが見所だ。

主に笑い中心で、所々和気あいあいとした会話を挟みつつ、個性を生かした冒険でピンチを乗り越えていく。

笑いについては、海外向けであんまり笑える部分はないにしろ、冒険してる感はかなりあり、観ていてワクワクしちゃうぞ。

  目次へ戻る

・ドラゴン王子の見所2)ファンタジーとアドベンチャーの程よい調和。

元々の世界観…土台部分がファンタジーで、その世界の中で冒険…アドベンチャーをする。

無駄に色んな要素を詰め込まず、この2つに振り切っている感じも中途半端感がなくて良い。

基本1、2話以降からずっと冒険している感じで、アドベンチャー好きには特にオススメだ。

敵キャラもキッズアニメだからなのか、どこか抜けてる感じもあり、シリアス少な目な印象。

  目次へ戻る

・ドラゴン王子の見所3)たまにあるアクションが意外と良かったりするんです。

たま~に見ごたえのあるアクションが挟まれることがあるこの作品。

3Dならではの良く動くアクションは、さすが海外…良い感じのアクションである。

特にエルフの武器がカッコいいね。

あの登山にも使えて、戦闘でも使える感じは、素直にカッコいいと思えるよ。

 

 目次へ戻る

概要とキャラクター紹介

 

ムーンシャドウエルフ

ムーンシャドウエルフ

Netflixアニメのドラゴン王子シーズン1の作品情報より引用

©ガード2018 Netflix The Dragon Prince Wonderstorm Inc. All rights reserved

 

・作品概要  

ドラゴン王子の概要)

原題、The Dragon Prince

 

アニメーション製作

 Wonderstorm

 

 目次へ戻る 

・キャスト

カラム王子

 エズランの14歳の異母兄弟、ハーロー王の義理の息子。

 

エズラン王子

カトリスの10歳の皇太子。ハーロー王の息子であり動物と話すことができる。

カラムの異父兄弟でもある。

 

レイラ

 カラムとエズランの味方である15歳のムーンシャドウエルフの暗殺者。

戦闘力は高いが優しすぎる心をもつため人を殺すことができない

 

ヴィレン卿

ハーロー王の顧問。

ダークマジックの実践者である彼は、必要な手段で人類の進歩を追求しています。

 

クラウディア

ヴィレンの娘、才能のあるダークメイジ。カラムとは幼馴染。

 

ソーレン

ヴィレンの息子で腕の立つ近衛兵。頭が少し弱くお調子者だが憎めない性格をしている。

  目次へ戻る

アニメドラゴン王子シーズン1の感想

 

レイラ

レイラ

Netflixアニメのドラゴン王子シーズン1の作品情報より引用

©ガード2018 Netflix The Dragon Prince Wonderstorm Inc. All rights reserved

・あらすじ

  人間の王子2人と、その命をねらうエルフ。おどろくべき事実を知ったかれらが手を組んだとき、そう大な物語が始まる。争う世界に平和をもたらすために。

 

ネットフリックス公式サイトのドラゴン王子より引用

  

「ドラゴン王子」

話数)

シーズン1 9話

 

評価)

ストーリー…8/10

デザイン、作画…6/10

個人総合評価…9/10

  目次へ戻る

・総評)キッズ向けとは思えない程の面白さ

 キッズ向けだから、つまんねぇだろとか思ったあなた…このアニメ、めっちゃ面白いよ。

結構しっかりしたストーリーに加え、アクションに今後の伏線まで用意されている。

特に冒険している感が観ていてワクワクして楽しい。

9話程だがあっという間に観終わった印象。

アクションは、あんまりなく、冒険7割アクション2、3割といったところだろうか。

それでもアクションも見ごたえのあるものが用意されているぞ。

現状他種族は、エルフくらいしかでてこない。

そもそもこの世界にエルフ以外いるのかよく分からないが、エルフにも色んな種類がいて、観ていて面白い。

 

 目次へ戻る 

・ファンタジー要素とアドベンチャー要素に海外独特な笑いが組み合わさってる。

 魔法、エルフなどのファンタジー要素に王子&エルフのちょっと変わった冒険は、観ていて面白いね。

ディズニーとかであるたまたま出会った人たちがとあるきっかけで旅をして、仲良くなっていく感。

そんな要素が組み合わさっている。

その辺は、キッズ向けのだからなのかね…

そこに海外の独特な笑いが組み合わさっている。

正直…自分はその辺の笑いに関しては笑えなかったね、

まぁ、その辺はしょうがないにしても冒険している感は、観ていて最高に楽しいぞ。

 

  目次へ戻る

・キッズ向けだから、グロやエロが一切なく、面白い世界観。

 全年齢対象だから、血がでたりエッチなシーンは一切ないぞ。

安心して子供に見せられるアニメです。

剣で戦うアクションがあるが、そのシーンでも血はでないです。

人によっては、それがどこか物足りないという人もいるが、このアニメはアクションというよりファンタジーの冒険アニメなので、アクションに過度な期待は厳禁だ。

 

そうそう今作3DCGアニメで、クオリティでいうと可もなく不可もなく。

動きは、少しカクツキが目立ち、顔とか動きのモーションは、海外独特のオーバーアクション気味だ。

その辺さえ気にしなければ十分観られる範囲内だ。

 目次へ戻る