菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ロンドン復興の兆しがぁ!?…28週後…

 

   

    f:id:mt594322mt:20190805213017j:plain   

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

 

 

キャスト

 

ドナルド・ハリス         … ロバート・カーライル

 

ドン       

 

タミー・ハリス         …イモージェン・プーツ

 

アンディ・ハリス        …マッキントッシュ・マグルトン

 

 

 ドイル軍曹           …ジェレミー・レナー

 

スカーレット・ロス少佐     …ローズ・バーン

 

あらすじ~

 

ドンと妻のアリスは、郊外のある老夫婦の家に他の生存者2名と隠れて生活していた。そんな時、一人の子供がドン達が避難している家に逃げ込んでくる。

ドン達生存者は子供を保護するが、追ってきた感染者が家の中に侵入してしまう。

ドンは感染者に襲われつつあるアリスと子供を見捨てて一人で家から逃げ出してしまう。そして、ボートでただ一人感染者達から無事に逃れるのだった。

 

ウイルスの発生から15日後、英国本土の隔離措置が取られる。28日後、英国本土は壊滅し生き残った英国民は集団脱出。

5週後、感染者が飢餓で死に絶える。11週後、米軍主導の元NATO軍がロンドンへ。

18週後、英国で感染の恐れがない事を確認。24週後、復興が始まる。

そして28週後、安全宣言が出されたロンドンでは米軍を主導としたNATO軍の保護下で封鎖された保護区域内の都市の復興が進んでいた。

 

 

 

↓ ↓ 28日後…の感想は ↓ ↓

kikuhiroom.hatenablog.com

 

 

 

 個人的評価…6/10

 

 

          

        f:id:mt594322mt:20190805213727j:plain

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

 一文感想↓

 ゾンビ映画なのに前回以上にゾンビがでなく、なぜか大人の傲慢な部分を表現しようとしてる映画。

 

 今作は、あらすじからわかるように感染者が収まりつつありますね。

収まりつつあるため最初の方は全くといっていいほどゾンビがでないので、ゾンビ映画特有のドキドキ感は、前作ほど感じられないんです。

 

そこで、冒頭のシーンがこの作品の伏線的なものになっているんですが…

ゾンビ映画というより大人の傲慢さに振り回される子供のヒューマンドラマ映画になっています。

 

前半はゾンビは出てきませんが、後半はそれなりにゾンビが出てきています。

ただ、ゾンビ映画としての面白さは前作の方が面白いと個人的には感じた今作ですね。 

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190805214718j:plain

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

前回以上にゾンビ要素少な目

前回は最初からゾンビ映画していたんですが、今作は前半ゾンビというゾンビはでてこない…

冒頭の過去のシーンでちょっとでてくるくらいなんですよね。

確かにずっとゾンビに追いかけられて、ストーリーおろそかにするのはよくないとは思いますが、あまりにもゾンビがでてこない…

こちらとしては、前回のような爆走するゾンビを観て、ハラハラドキドキ感を特に期待していた部分があるので、これはとても残念なポイントでしたね…

 

でも、ご安心あれ後半にはちゃんとゾンビはでてきます。

前作程のゾンビのハラハラ感はなく、どちらかというと違う方向の映画になってしまってますが…

 

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190805214037j:plain

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

 

イギリスが復興の兆しが見え始めたが…?

前回から約28週後を舞台とした映画で、今のところイギリス内でしか感染が広まっていませんね。

そこで、アメリカ軍が介入して、イギリスの復興をし始めているんです。

イギリス国民が逃げて、今作ではイギリスに戻ってきており、少しずつ復興…

ですが、まだまだ死体とかが転がり、進入禁止エリア等ある状態でなかなか元通り…というわけにはいきません…

 

さぁ、ここから平和に復興…となるんでしょうかねぇ笑

ゾンビ映画です。

      

 

 

 

 

保菌者が発見される

 ゾンビ映画あるあるですね。

ゾンビになる菌を摂取してもゾンビ化しないというパターンですね。

大体その人がキーになって平和が訪れるパターンが多いんです。

この作品はどうかというとその辺は他のゾンビ映画とは違っています。

平和というより伏線的な役割を果たしていますね。

さぁ、この特異体質の人がどう関与するか…

 

 

 

 

 

 

        f:id:mt594322mt:20190805214427j:plain

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

父親の傲慢すぎる…

 冒頭のシーン…あれは個人的に衝撃的でしたね…

人間あれだけ追い込まれたらそうなっちゃうのかなと思うし、父親が家の窓を振り向いて、そこから覗く絶望した母親の顔がもう…

 

 

 

 

 

トラウマレベル…

 

        f:id:mt594322mt:20190805214918j:plain

映画.comの28週後…作品情報より

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

この父親がこの映画のストーリー上キーマン的な役割を果たしています…

ですが、個人的にん?なんでそうなった??ていう箇所は多数あるんですよね…

母親が許しちゃうとかストーリー後半、あれは意識があったのかどうなのか…どういう解釈なのかがちょっとわかりづらいと…

ここも残念なポイントですね

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に目を潰す表現は苦手だ

 前作同様目を潰す表現があります。

個人的には内蔵を食い散らかすより目を潰す表現の方が苦手ですね…

一瞬にして視界が真っ暗になるのって死ぬより怖いと思いませんか??

 

僕は、それが滅茶滅茶怖いんですよね…

だから、苦手なのかもしれないです。

さぁ、みんなは内蔵を食い散らかすのと目を潰すのどちらが苦手ですかね??