菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)あんなロボット欲しいなって思わせる、アクション凄い映画…Netflix映画ネクストロボ(感想、結末)

    

あんなロボット欲しいなって思わせる、アクション凄い映画…Netflix映画ネクストロボ(感想、結末)

 

ネクストロボ

ネクストロボ

ネットフリックス公式サイトのネクストロボの作品情報より引用

 (C)2018 Next Gen Netflix.All Rights Reserved

キャラクターのデザインとロボットと人とペット(犬)のコンビという偶然にも自分の好きな組み合わせだったので、視聴。

思いのほか、アクションの出来が良く、3Dのクオリティも高かった。

中国、アメリカ、カナダ合作のこの作品、原作があり、7723というコミックらしい。

原作未読ではあるが、このネクストロボは、十分楽しめたぞ。

 

 

キャスト

メイ…シャーリーン・イー(CV山根舞)


7723…ジョン・クラシンスキー(CV鈴木達央

 

ジャスティン・ピン…ジェイソン・サダイキス(CV藤原啓治

 

タナー・ライス博士…デヴィッド・クロス(CV森久保祥太郎

 

モモ…マイケル・ペーニャ(CV劇団ひとり

あらすじ~

 いつも独りのメイは、ぐうぜん見つけた秘密のロボットを起動してしまう。

友だちになった2人はいっしょにいじめっ子をげき退! そしてなんと世界一の悪党まで。

 

ネットフリックス公式サイトのネクストロボ作品紹介、解説欄より引用

 

解説

孤独な少女と勇敢でピュアな戦闘用ロボットが繰り広げる大冒険を描いたNetflixオリジナルのアニメ映画。

日本語版では、お笑いタレントの劇団ひとりがメイの愛犬モモの声を担当。Netflixで2018年9月7日から配信。

 

映画.comのネクストロボ解説欄より引用

 

   

原題、Next Gen

上映時間、105分

監督、脚本
ケヴィン・R・アダムズ

ジョー・クサンダー

原作、原案

王尼瑪『7723』
製作
ジェフ・ベル
パトリシア・ヒックス
シャーリーン・ローガン・ケリー
ルー・ヤンビン
ジョン・モーチ
ケン・ゾーニアック

製作総指揮
オリヴィア・ハオ

ホン・オウナン

フェイス・フー

フィリス・レイング

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…8/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…8/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

7723と主人公のメイ

7723と主人公のメイ

ネットフリックス公式サイトのネクストロボの作品情報より引用

 (C)2018 Next Gen Netflix.All Rights Reserved

人によっては、ストーリーが酷いと言う人もいるかも…面白い映画。

 まずは、この作品が面白かったことを伝えとく。

アクションも予想以上に手込んでたし、3Dのクオリティも良かった。

ラストも人によっては感動するんじゃなかろうか。

そう、人によっては…

 

そう書いたのは、実は脚本的な部分が微妙だったからだ。

悪いわけじゃないんだ、でも似た作品の集合体な気がしてしまうし、何せ主人公の設定とかが感動を妨げてる。

特にお母さんの感じが違和感と嫌悪感があるぞ。

 

強いて言えば、脚本的な問題だ。

ネクストロボの短所、残念な所をあげよと言われたら、脚本の部分だと答えるね。

主人公とその家庭環境もなんだかモヤモヤするなど気になる箇所が多い。

 

3Dのクオリティ、戦闘シーンの出来はピカイチだ。

街並みの作りは、イメージ的にアイロボットっぽい。

特に戦闘時の壮大さと迫力あるシーンは、かなり良かったぞ。

 

ロボットが便利な部分もあるが、嫌な部分もある。

良くも悪くも愛嬌があったり、トイレが喋ったりと良い部分と悪い部分があるね。

 

 

ロボットと人間の絆系の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.3

映画.com 3.0

 大体ダメ出しをするのなら、脚本という人が多数。

面白くてもそこまで評価を高くしていなかったりしており、たまにロボットの可愛さや上手く感情移入した人が4越えの評価をしている。

ベイマックスやウォーリーが好きな人にはハマると言っている人もおり、素直にそうだなって思ったぞ。

 

高評価の意見としては…

 アクション派手め、ロボット可愛い

低評価の意見としては…

 好き嫌いが分かれる、脚本が酷い、

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

強いて言えば、脚本的な問題だ。

ネクストロボの短所、残念な所をあげよと言われたら、脚本の部分だと答えるね。

 

この映画、アイロボットとターミネーターとウォーリーが合わさった感じなんです。

最後まで観てもらえればわかるが、自分はそう思ったね。

ただ、似ているってだけなんだがね、人によってはパクリだと思い、駄作と決めつける人もいる。

それに展開が読みやすくなってしまったりするんだよね。

 

他にも、主人公とその家庭環境もなんだかモヤモヤする。

デザイン的に感動系に持ってきたいんだろうなって事は察する事が出来る。

でも、主人公のメイが母親の離婚を気に捻くれてしまったり…

母親が半ば育児放棄気味になっていたりするのは、頂けないんじゃなかろうか。

その母親の心変わりの速さも違和感を感じる。

しかも、メイのロボット嫌いの説明も不親切だし、両親の離婚の事もあまりふれられてない。

結果、説明不足に加え、共感も出来ない。

 

結果、メイの環境や性格とこのストーリーがマッチしておらず、感情移入しづらい感じに仕上がってしまった。

       

     

 

3Dのクオリティ、戦闘シーンの出来はピカイチだ

 街並みの作りは、イメージ的にアイロボットっぽい。

近未来感がある。

ロボット自体は、人形ではないけど、作りはどこか似てるし、かなりの作り込みだ。

動きも違和感ない。

恐らくモーションキャプチャでとってるのだろうな。

 

特にメインキャラの戦闘は、かなりのクオリティ。

3Dの利点である、カメラを様々な角度で動かすシーンも多用されている。

それに、戦闘時の壮大さと迫力あるシーンは、かなり良かった。

特に7723のレーザーを出すギミックとか付属品が菊飛的な琴線に触れまくってます。

まじ、カッケェ…

こんなにも戦闘シーンに力を入れているとは…

 

終盤の戦闘シーンは、ネクストロボの最大の見所なんじゃないだろうか。 

        

 

カップ麺ロボットとメイ

カップ麺ロボットとメイ

ネットフリックス公式サイトのネクストロボの作品情報より引用

 (C)2018 Next Gen Netflix.All Rights Reserved

ロボットが便利な部分もあるが、嫌な部分もある。

 気になったのは、メインのロボットの事だ。

便利な部分や不便な部分が存在する。

 

便利若くは良かった点

  1. 自動で絆創膏でる。
  2. 武器の感じは、メッチャカッコいい。
  3. ロボットに愛嬌があり、可愛い。


不便もしくは悪かった点

  1. いじめに使う。
  2. トイレが喋る。
  3. 使い捨てにも愛嬌ある。

 

自動で絆創膏がシュッとでるのちょっと便利かもしれない。

他にもお手伝いロボットや警察もロボットっぽいから、人の事故による死亡率かなり低いんだろうななんて、ストーリーと関係ない事妄想しちゃう笑

 

実はこの映画、戦闘シーンが結構ある。

その武器を出すギミックがなかなかカッコいい。

自分は観ててテンション上がった。

 

ロボットが便利な反面、悪用されることもある。

それは、いじめに使うこと。

ネクストロボでは、いじめに使っており、その光景は、見ていて複雑な心境…

リアルな未来予知を観ている感じだ。

 

あとね、トイレが喋るのダメだよ。

絶対ようをたせないよ?

踏ん張ってる最中に応援されてみ?

引っ込むからww

どうか、トイレは今のまんまでいて欲しいです。。

 

愛嬌があると言うのは良い面と悪い面がある。

良い面は、メイと出会ったキーロボットの7723というロボット。

まるで人間みたいに愛嬌がありとても可愛らしくて、ついつい顔がにやける。

 

こういう人とロボットの友情系にありがちなのが、ロボットの純粋さを全面に押し出す感じだ。

 

あ、悪いって言ってるんじゃないんだよ?良い面として言ってるんだ。

ロボットの純粋なところは、個人的に好きで、これ目当てな部分もあるしね。

 

じゃあ逆に悪い部分は?となると…

使い捨ての容器にも愛嬌があること。

あれじゃ、捨てれねぇじゃねぇか!

カップ麺の容器がニコッと笑い掛けられたら、ゴミ箱に捨てるたびに罪悪感に襲われるよ。

主人公のメイは、ゴミのように処分してたが…

 

 

個人的に日本の声優チョイスが最高

個人的には、日本語吹き替えで見ることを勧めするぞ。

 

その理由が…

  1. ジャスティンビンの日本語声優が藤原啓治さん。
  2. タナー博士が森久保祥太郎さん。

 

アニメ好きならこれを聞いただけでテンション上がるんじゃないだろうか。

個人的にここまで高評価な理由は、声優チョイスも絡んでます。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

記憶が無くなる事は、壊れる事よりも酷い事実。

7723は、最終的には壊れない。

だけど、武器を使う為に初期化しないとならない。

記憶が全て失ってしまうということ。

そこまで発展したなら、記憶くらいなんとかなりそうなもんだけども…

まぁ、それは置いておいて…記憶がなくなってしまった7723は、ある種一度死んだ同然。

それまでの思い出を共有できないのってホント辛いよね…

そんな事を伝えようとした映画だった。

 

7723自我が芽生えてるよね?

7723がメイを大切に思う気持ちとかもう既に自我芽生えてますよね??

どんな凄い武器を搭載したロボットというより、そっちの方がメッチャ凄いと思うんだけど…

オリジナルやで!

マジで欲しいって思うわ。 

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

 メイ(主人公)

7723(主人公が出会った優しきロボット)

ジャスティンビン(実はサイボーグで、人類を滅ぼそうとしてる)

 

ビンを倒すが、7723の初期化してしまう。

たまたま出会った7723は、人類を守る鍵となるロボットだった。

ビンが機械に殺され、サイボーグになったのを知ったタナー博士は、機械たちに対抗すべく7723を製作。

そして、7723はメイと出会い、色んな思い出を作るが、ビンに発見されてしまう。

助けようともメイの為に武器のプログラミングを壊してしまった7723は、メイ達を助ける事が出来ず誤解される。

 

メイがビンの本拠地に乗り込んだとき、付いてきて和解。

7723とビンの闘いの末、7723は初期化することにより武器をゲットし、倒す寸前まで持っていく。

(7723は、メモリーを確保する為武器のプログラミングを削除。復活させる為には初期化が必要で、初期化には時間がかかる。 初期化している最中は、武器が使える)

最後は、メイがトドメを刺して、記憶を失った7723を回収して友達として、新たに起動、一緒に生活するのであった。

 


 目次へ戻る