菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)恋愛とコメディの絶妙な調和…Netflix映画クリスマス・ナイト ~恋に落ちた騎士~(感想、結末)

    

恋愛とコメディの絶妙な調和…Netflix映画クリスマス・ナイト ~恋に落ちた騎士~(感想、結末)

 

f:id:mt594322mt:20191129035116j:plain

Netflix公式サイトのクリスマス・ナイト ~恋に落ちた騎士~の作品情報より引用

 ©ガード2019 Netflix The Knight Before Christmas Inc. All rights reserved

 

 

 

キャスト

 

 ヴァネッサ・ハジェンズ

 


ジョシュホワイトハウス

 


エマニュエル・クリキ

 


ハリー・ジャービス

 


エラ・ケニオン

 


ミミ・ギアノプロス

  

あらすじ~

 1334年イングランド、コールライオンズ卿は弟と共に街のイベントに出席していた。

コールライオンズ卿がイベントの最中森を抜けて街へ戻ろうとしたとき、老婆に出会った。

助けてくれないかという老婆にコールは快諾した。

そのお礼にと老婆が予言めいたことを言いいはなち、コールは光に包まれた。

そして、現代のアメリカにタイムトラベルしたのであった…

 

 

 

ストーリー…7/10

キャスト…6/10

 

  感動度…3/6

 

 個人的評価…7/10

 

 

      

     

一文感想 ↓

タイムトラベル要素に恋愛とコメディが絶妙に調和…面白い映画。

91分の映画で、恋愛コメディ映画のこの作品は、特に歴史の知識等がなくても楽しめるファミリー向け映画だ。

どの辺がファミリー向けかや面白かった所などを紹介していこう。

 

まず、シミジミ思った事は…

典型的な王子様がお姫様を探す王道ストーリーは、好きかもしれないということ。

中世で騎士をやっていたコールが現代のアメリカにタイムトラベルしてやってきて、当時の常識で女性に接する姿は、まさに王子様。

観てるこっちが恥ずかしくなってしまう程だ笑

 

自分は、転生とかタイムトラベルの設定に弱くこの映画もその要素が含まれている。 

タイムトラベル要素とそれに絡んだ笑いが面白かった。

万人向けの笑いなのであろう…現代の精密機械の例えだったり、店でも注文の仕方だったりと面白い要素はいっぱいだ。

笑いながら観れるし、こういう点がファミリー向けじゃないかと思う。

 

暖か過ぎる世界、悪役という悪役がいない…

 びっくりすることに悪役という悪役が存在しない。

一応それらしき人はいるけど、悪役をしていない。

なんなら、結構良い人そうなくらいだ…

 逆にそれでも楽しめたのだから、凄いとおもったくらいだった。

 

心温まるコメディを観たいという方、王子様系のラブストーリー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.4

映画.com 2.0

映画.comは書いてる人が一人とかしかいなかったですが、フィルマークスは多数いました。

フィルマークスは、平均よりは良い評価でしたね。

高評価の意見として…

クリスマスの飾りつけが参考になる、王子様のジョシュホワイトハウスがイケメン、現実逃避するにはちょうどいいという意見が多かったです。

髪の毛がくるくるはイケメンが多いという事実を知りました…

現実逃避に丁度いいという意見は笑ったw 

 

低評価の意見として…

 

内容が少し薄っぺらい 、感情移入しづらかったという意見がありました。

 

下記詳しい感想 ↓     

         

典型的な王子様がお姫様を探す王道ストーリー

タイムトラベルでやってきた中世の騎士は、王子様そのもの。

そのコールが現代にやってきて、主人公のブルックに挨拶代わりにひざまずき、手にキスする姿は、観てるこっちが恥ずかしくなる(/ω\)キヤァァァ

 

他にもちょろちょろと恥ずかしくなる箇所があり、終始観ていてニヤついてしまう。

はたから見ると気持ち悪いだろう…

特に緩急のあるストーリーでもなく、特徴的な流れでもないこの王子様と女性のラブストーリー。

こういった話好きかもしれない。

ただ単に心がほっかほっかに暖まるし、ちょっとだけ泣けそうな感じの話も入っているし、いい感じのファミリー向け映画に仕上がっている気がした。

 

 

 

 

 

        

     

タイムトラベル要素に絡んだ笑いは面白い!

恋愛模様と時折挟まれるコメディ部分の割合がちょうどいいと感じた。

恋愛要素は、王子様が何気なく接する…その接し方でブルックが何処かときめいてしまう。

まぁ、イケメンだからな!!!!

そう、コールはイケメンだ…

主人公のブルックもなかなかな美人だし…

これは、いい感じに絵になりますわ。

 

それに絡んでたまに入れるコメディ要素は、面白い。

イケメンが真面目な顔して変なことやってるし、周りの目も面白い。

ダークタワーでもやっていたが、やはりホットドックって予備知識なかったら、温めた犬を食べると思うよな…

不覚にもこのネタは、笑ってしまった。

ダークタワーと含めて2回目も笑ってしまった…

万人向けの笑いなのであろう…現代の精密機械の例えだったり、店でも注文の仕方だったりと面白い要素はいっぱいだ。

 

笑いながら観れるし、こういう点がファミリー向けじゃないかと思う。

 

 

    

     

 

暖かすぎる世界で悪役という悪役がいない

困ったら助けるの当たり前でしょう?と言わんばかりのいい人ぞろい。

こんな街なら引越したいくらいだ。

なんなら、住民の助け合い精神にウルっときてしまうくらいだ笑

 

 でも、一応それらしき人はいるけど、悪役をしていない。

ストーリー展開的には、もっと悪役してほしかった気がするけど、結果的に自分は映画を楽しめたからそれでいい気がしてきた。

こういう映画で悪役不在でも意外と楽しめるものだなぁと感心してしまった。

 

悪役的存在と言えば、主人公ブルックの元カレ…

こういう映画では、ばったり会うというのは定番なのだが、よくばったり会う。

しみじみこの元カレストーカーか!?って思う程ばったり会うので、変な展開を予想してしまったほどだ。

結果的には、この元カレ要素いる??って程出番は少ない笑

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ネタバレ感想

 

クリスマスのみんなのサプライズに全俺が泣いた!!

(´;ω;`)

クリスマスのチャリティーパーティーで奥さんが死んでしまった家族(夫と子供4人くらい)のためにみんなで出し合って、クリスマスプレゼントを子供にプレゼントしている。

まぁ、子供達大喜びだ。

それだけでもウルっとくるのに、さらっとブルックがお金が厳しいその夫にとある封筒を渡すとそこにはお金が…

なんとみんながお金で困っているだろうということで、お金を出し合ったのだとか。

 

私涙腺崩壊(´;ω;`)ウゥゥ

 

いい話やあ…

やっぱりクリスマスの映画だから、こういう暖かい要素をてんこ盛りにして、恋愛要素ぶち込むだけでも十分楽しめるし、幸せになれる。

個人的に見て損はなかった映画だと思った。

 

 

 笑ったシーンベスト3

もしかしたら、意外と笑いのツボが浅いのではと思ってしまう程笑ってしまったので、個人的に笑えたシーンベスト3をご紹介。

3位アレクサで遊ぶ王子様

アレクサカケテを魔法の言葉かなんかと勘違いして、ずっとそういうもんだから、曲しかかかっていない。

腹を立てて、冷蔵庫送りにしたのがなんとも笑えた。

外にぶん投げないだけ可愛いか笑

 

2位鉄の馬(車)を無免許で乗り回す暴走王子様

はい、無免許で、危険運転ですね笑

なかなかな蛇行運転でよく目的の場所までつけたなって思ってしまった。

しかも特にぶつけた様子もないことから、さすがというべきか笑

ただ、なかなかダイナミックな駐車をなさること…

 

1位ホットドックを温めた犬と言い放った王子様

 店でホットドックを温めた犬だと思っていたこと。

最初スカンクかなんかを殺して食おうとしていたんだよね。

しかも人んちの庭で焚火して…

なかなか笑わせてもらいました。

なんだか好きですわ~この鉄板ネタ笑

 

あなたは、どのシーンが笑えましたか??

 

 

結末~

 

 登場人物と簡単な説明

ブルック(主人公)
マディソン(ブルックの姉)
クレア(マディソンの娘)
コールライオンズ卿(王子様)
ジェフリー(コールの弟) 

 

コールが冒険の真の目的(愛)を理解し、ブルックとキスしたところ元の世界に戻ることが出来た。

 中世の時代(1334年)の人間のコールライオンズ卿が老婆を助けようとしたら、お礼に未来の世界に飛ばされて、そこでブルックに出会う。

ブルックと親交を深めることで徐々にコールとブルックはお互い惹かれ合っていった。

 

クリスマスの日、クリスマスパーティーをやり終えて、コールは真実の愛に気づく。

コールは、ブルックとキスをすると、老婆からもらったペンダントが光り出す。

コールに頼まれて、車を出し、出会った場所に行くと、コールはブルックに別れを告げ、煙の中に消えて何処かへ行ってしまった。

ブルックは、落ち込んでしまった。

コールは、弟のジェフリーに会い旅をしてきたことを告白したと同時に好きな人が出来たという。

そして、戻りたい意思を伝えると弟は、さっさと戻った方がいいと言う

コールは、老婆に会った森へと向かい、老婆にもう一度未来の世界に戻してもらうように頼むと快諾してくれた。

時はクリスマスイブ。

ブルックは、姉のマディソンの家族と共にイブを過ごしており、コールと出会った場所に遊びに行った。

クレアがコールはもういないの??とブルックたちにきいて、しんみりしているところに、コールが現れたではないか!

コールは無事未来の世界に戻ってきたのだ。

そして、ブルックを自分の馬に乗せ、何処かへ行ってしまった。

ジェフリーが何処かへ遠征しに行くところに老婆が話かける。

助けてくれないか?と問い、ジェフリーが快諾すると、老婆が持っていたペンダントが光り出すのであった…