菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)やっぱデカいスクリーンといい音響で観る爆裂魔法は最高だぜ!…この素晴らしい世界に祝福を 紅伝説(ネタバレあり)

    

映画感想)やっぱデカいスクリーンといい音響で観る爆裂魔法は最高だぜ!…この素晴らしい世界に祝福を 紅伝説(ネタバレあり)

 

f:id:mt594322mt:20191008200231j:plain

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

 

 

 

キャスト

 

監督

金崎貴臣

 

アニメーション制作
J.C.STAFF


カズマ
福島潤


アクア
雨宮天


めぐみん
高橋李依


ダクネス
茅野愛衣

 

ゆんゆん
豊崎愛生

 

ウィズ
堀江由衣

 

バニル
…西田雅一

 

ルナ
原紗友里

 

荒くれ者
稲田徹

 

こめっこ
長縄まりあ

 

ひょいざぶろー
高橋広樹

 

ゆいゆい
能登麻美子

 

あるえ
名塚佳織

 

ふにふら
富田美憂

 

どどんこ
鈴代紗弓

 

ぶっころりー
中島ヨシキ

 

そけっと
…長谷美希

 

族長
最上嗣生

 

シルビア
渡辺明乃

 

 

あらすじ~

交通事故(!?)によりあっけなく人生の幕を閉じるはずだった
ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、
ひょんなことから、女神・アクアを道ずれに異世界転生することに。

RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」

と舞い上がったのも束の間、転生したカズマには厄介なことばかり降りかかる。

トラブルメーカーの駄女神・アクア、
中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん
妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、
能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになったり、
借金で首が回らなくなったり、国家転覆罪の容疑で裁判にかけられたり、
魔王軍の幹部を討伐したり、たまに死んだり……。

そんなある日、駆け込んできた紅魔族の少女・ゆんゆんの爆弾発言にカズマたちは凍りつく。

「私、カズマさんの子供が欲しい!」

事情を聞けば、めぐみんとゆんゆんの生まれ故郷「紅魔の里」が、
滅亡の危機に瀕しているという。
里を救うために旅立ったゆんゆんを追いかけて、紅魔の里へ向かうカズマたちだが――!?

カズマたちパーティを襲う最大の危機!
平凡な冒険者カズマが過ごす、異世界ライフの未来はどっち!?

この素晴らしい世界に祝福を 紅伝説公式サイトのあらすじより参照

参考URL

http://konosuba.com/story/?mode=story

 

 


 

 個人的評価…10/10

 

 

      

     

f:id:mt594322mt:20191008200331j:plain

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

一文感想 ↓

やっぱデカいスクリーンといい音響で観る爆裂魔法は最高だぜ!

今作の主役は、なんといっても爆裂っ子のメグミン。

あまり語られてこなかったメグミンの様々な秘密が明らかになるんですよね。

メグミンの生まれの里 「紅魔の里」に向かい、家族や学校など様々な事が分かってくる今作、このすばファンだつい興奮してしまいますね!

 

そして、今作は映画館で視聴した最大の理由なんですが…

「爆裂魔法を大音響とデカいスクリーンで体験したかった笑」

結果は…

最高でした!!!!

 

スクリーンもデカいですから…なんだかいつもの爆裂魔法より迫力満点!!

それに音響もいい感じで響くこと笑

滑り込みで観れたのは、ほんと運が良かった笑

 

他にも…

いつも通り基本笑い攻めとクズマことカズマさんのハレンチな行動も見逃せない笑

このすばらしからぬちょっとシリアスな場面もありつつもラストは、なかなか胸熱な展開でテンションも上がりました!

90分でしたがなんなら2時間とかやっても良かったんだよ??と言いたいくらい良かったですね!

 

 

 

このすばが好きという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

     

     

f:id:mt594322mt:20191008200354j:plain

クズマだのカスマだの言われているカズマさん

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

超カズマのモテ期到来!?クズマ本領発揮。

クズマとして通っている主人公カズマ、しかも初対面の人以外は大体ごみを見る目で見られているというモテ期とは程遠いはずのカズマがまさかの映画でモテ期が到来!

ただ…ただのモテ期ではない笑

屈強なモンスターに好かれちゃったり…魔王軍の幹部に好かれちゃったりと…

悲しきモテ期…

しかもこれが伏線ときているのだから面白い!

観てて、結構ストーリーしっかりしているなぁと感じましたね。(原作小説はまだ未読)

 モテる…好き……隙……

うん、ちょっと観てて「あ~、そういう事か!」と時間差で分かりましたね。

ちょっと上手いなと思った自分…

 

他にもメグミンとカズマの絡みも面白かった。

分かってはいたけど、こうちょっといい感じになって…お?お!?っとなったんですけど、それは、このすば…しっかりそっちのフラグも回収していってますね笑

フラグ収集家こと駄女神アクアもしっかりフラグを乱立しまくってましたね!

 

 

 

        

     

f:id:mt594322mt:20191008200444j:plain

ゆんゆん

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

メグミン&ゆんゆん大活躍!

 この映画の主人公というべき2人。

メグミンたちの里紅魔の里を舞台にしているので、他の紅魔の人達の姿や独特な名前に笑いつつ、所々鋭いカズマのツッコミにも笑いつつ…我ながら映画館で声を出さずに笑わなかったのは偉いと思った。

ただ、終始顔はニヤついていました笑

はたから見たら、ヤバい奴です…

 

特にメグミンの父母のキャラが濃すぎる。

家もインパクトもあったし、母親の子供を作らせたい感がもう笑

カズマもまんざらでもないのは笑った。

 

他にも…メグミンとゆんゆんの関係性やゆんゆんの優しき一面も観れたので、とても満足だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

    

     

f:id:mt594322mt:20191008200503j:plain

燃える紅魔の里

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

魔王軍の幹部…まさかの最強の敵!?

 今作も魔王軍の幹部が出てきますが、最初は不遇過ぎて不遇すぎて可哀そうになるレベルなんですよね…

紅魔の里を落とそうとしても、元々魔術のエキスパートしかいない村なんで、歯が立たない笑

そんな時カズマの私利私欲…というより脅されて…天敵の封印を解いて形勢逆転!

そもそも…あの幹部がまさかついているとは笑

 

そして、クライマックスにはアニメシリーズで出てきた懐かしの幹部達の姿も出てきます笑

なんだかんだで、今後まだまだでてきそう。

敵幹部も良いキャラしていたし、とても良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

クライマックスのメグミンとゆんゆんの合体魔法は最高の胸熱展開!

まさかの紅魔の里が魔王幹部の手によって壊滅させられてしまいます…

ですが、なぜか紅魔の里の人たちは落ち込むどころかこっから叩きのめす展開は好きだぜYEAAA!!的なノリでテンションMax笑

うん、このすばらしい作品ですね。

ただ…魔王幹部もなかなか手ごわく、 たまたま仕事できたバニルとウィズの2人の魔王幹部が加わって戦っても押されている状況。

ここで、かなりの苦戦を強いられるっていう展開は、なんだか今までのこのすばっぽくないですけど、これはこれで好きでしたね。

こう初めて本格的な戦闘っていう戦闘をしたので笑

 

ラストは、紅魔の里の人たちの魔力を使い、ゆんゆんの上級魔法のライトオブセイバーとメグミンの爆裂魔法のエクスプロージョンの合体魔法で打ち取る!

ここ、最高にテンションが上がりましたね!

メグミンとゆんゆんカッコいい!!って思っちゃいました。

映画館で観たので、まぁ凄い轟音を轟かせてたのもありますが笑

 

それに…

 

「我が名はゆんゆん、紅魔族随一にして「最高」の魔法使い!」

「我が名はめぐみん、紅魔族随一にして「最強」の魔法使い!」

 

って言っているシーンを大画面でしかもいい音響で聞けて…良かった笑

しかも、このセリフを上で書いた合体魔法の時に言うから、こんな恥ずかしいセリフなはずなのに鳥肌立った…

うん、シチュエーションって大事ですね。

 

全ての戦いあ終わって帰ってきたあとも、なんかちょっと感動させる話がのこってます笑

このすばっぽくないぜ。

でもとても良かったです笑

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に…

f:id:mt594322mt:20191008200614j:plain

悶えるララティーナお嬢様

映画.comこの素晴らしい世界に祝福を 紅伝説の作品情報より引用

(C)暁なつめ三嶋くろねKADOKAWA/映画このすば製作委員会

  このすばらしさを出しつつもクライマックスには胸熱な展開で、ちょっとした感動もあり、それでもこのすばらしさが失われていなかったです。

久々に楽しく笑いながら(劇場だから声が出ないように堪えてた)観ていられた。

個人的には90分ではなく120分でもいいくらいでしたね。

 

とある映画レビューサイトでも評価5段階中4.2という高評価をたたき出していたので、このすばファン、まだこのすばを観てない人でも楽しめる作品です。

※このすばアニメ未読の場合、アニメシリーズは先に見た方がいいですね笑

 

メグミンとゆんゆんの大活躍していた姿も観れたし、大スクリーンと良き音響で爆裂魔法…しかも爆裂魔法と上級魔法の合体魔法も観られたのは、ホント良かった。

心底劇場で観て良かったなぁと思えましたね。