菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)笑いのツボにドンぴちゃのブラジル産コメディ映画…Netflix映画ヤギを追跡せよ(感想)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

笑いのツボにドンぴちゃのブラジル産コメディ映画…Netflix映画ヤギを追跡せよ(感想)

 

笑いのツボにドンぴちゃのブラジル産コメディ映画…Netflix映画ヤギを追跡せよ(感想)

笑いのツボにドンぴちゃのブラジル産コメディ映画…Netflix映画ヤギを追跡せよ(感想)

ネットフリックス公式サイトのヤギを追跡せよの作品情報より引用

 (C)2021Get the Goat Netflix.All Rights Reserved

ブラジル産のバディ系、ジャンルはコメディの刑事映画。

ネトフリオリジナルは、結構バディものが不作だったが、この映画はとても面白かった。

特に笑えた。

ネトフリオリジナルのバディものでオススメできる作品だ。

 

 

キャスト

マテウス・ナシュテルゲーレ
エジミウソン・フィリオ
レチシア・リマ
レアンドロ・ラモス
エヴェリン・カストロ
ヴァレリア・ヴィトリアーノ
ヴィクトル・アレン
レナン・メデイロス
イーリオ・オオクラ
ジェシカ・タモチュナス
マルコンデス・ファルカオ
ジュリアーノ・カザヘー

あらすじ~

 町のみんなが大好きなヤギのセレスティナが連れ去られてしまう。警官2人組が捜索に乗り出すが、途中で危険な犯罪者たちに遭遇し、危機的状況に追い込まれる。

 

ネットフリックス公式サイトのヤギを追跡せよの作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 目次へ戻る

 

原題、Get the Goat

上映時間、98分

監督

 ヴィトール・ブラント

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…8/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

笑いありの良質なアクションありのバディ系…面白い映画。

王道系の笑いを使って、万人受けそうな笑いがメイン。

その中にも時折見せるガチめのアクションに驚かされる。

個人的には、結構笑える人が多いんじゃないだろうか。

自分は、とても笑えたので、

「ネトフリで笑えるバディ系映画ある?」

って言われたら、オススメできる作品。

 

90分ちょいとテンポよく見れるし、場面の移り変わりも早いので、飽きるということは少ない。

アクションシーンもあったりするので、なおさらだ。

 

ヤギのセレスティナも可愛らしく謎の癒し効果があった。

ヤギには、どつかれそうになった思い出があったが、この映画で良いイメージがついたよ笑。

 

 

久々にバディ系コメディでこんなにツボったかもしれない。

ネトフリバディ系コメディでは、隠れた名作なんじゃねぇかってくらい笑えたんだ。

意外とアクションがしっかりしてる。

血やしょぼい3Dを使う割に、アクションシーンがかなりガチ目に作られている。

変わった設定若しくは性差別についての映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

どんな映画?)片田舎の脳筋刑事と都会の弱虫刑事+ヤギのバディコメディ。

主人公グループは、2人と1匹。

 

ブラジルの片田舎でデッカい事件を追いかけたい願望を持っている刑事。

異様に武闘派で、色んな武術を嗜んでいるが、空気が読めない&無鉄砲笑。

コメディバディ系だとマーク・ウォールバーグ的な立ち位置。

要は、ボケ担当だ。

 

かたやサンダーボルト?だかいう大都市の警察の特殊部隊に所属する事務担当刑事。

中年っぱらに特にインテリってわけでもない、一般人。

 

ヤギのセレスティナ。

田舎で大人気のセレスティナは、すっごいお利口で、可愛い。

 

この2人と1匹が麻薬カルテルと対決するコメディ作品。

アクションあり、笑いありの作品で、低予算感満載。

 

久々にバディ系コメディでこんなにツボったかもしれない。

すっごい笑ったんだよ。

あの脳筋刑事の顔芸に加えて、言動がクッソ笑えた。

ネトフリバディ系コメディでは、隠れた名作なんじゃねぇかってくらい笑えたんだ。

 

低予算と笑いが意外とマッチしていた。

時折、ショボい3Dを使ってみたり、撃たれても一切血が出なかったりとなかなかな低予算。

そんな低予算のところもなんだか笑えてくる。

 

全体的な雰囲気がおバカな感じなので、逆にこの低予算感がマッチしているんだ。

これ、狙ってやったのかな笑。

 

特にツボったのは、尋問シーン。

完全なる出オチで、個人的に爆笑しつつ、コントでも見てるのかな?ってくらい所々笑える。

全体的におバカな感じが多いので、おバカ系映画が好きな人は、オススメだね。

 

意外とアクションがしっかりしてる。

血やしょぼい3Dを使う割に、アクションシーンがかなりガチ目に作られている。

脳筋刑事の最初の見せ場なんて、思わずスゲェなんて思わせるアクションが炸裂。

クライマックスには、コメディ×アクションと意外と見応えがあったんだ。

コメディだけじゃなく、アクションも楽しめます。

 

ヤギが純粋に可愛い。

意外と素直についてきてくれたり、メェ〜とか言って、助けたりと意外と活躍するセレスティナ。

名前からして、多分メス。

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

終始明るいのがこの映画の魅力。

他のコメディでもシリアス場面があったりするんだが、この映画はほとんどない。

あっても一瞬で過ぎ去るので、明るくなりたい!って時にオススメな作品。

 

最後も何故か操縦出来ないのにヘリに乗り込んで、自爆するという謎なオチ。

セレスティナが身をていして、主人を守る姿は、感動した。

でもさ…いつの間にセレスティナ、チョッキみたいの着てたんだ笑。