菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)刑務所みたいなヤバい学園…Netflix映画史上最悪の学園生活(感想、結末)

    

刑務所みたいなヤバい学園…Netflix映画史上最悪の学園生活(感想、結末)

 

史上最悪の学園生活

史上最悪の学園生活

IMDbのバリーの作品情報より引用

 (C)2016 Middle School: The Worst Years of My Life Netflix.All Rights Reserved

 

予想の斜め上を行った作品。

学園もののドタバタのコメディかななんて思っていたが、アニメ調と実写の融合でワクワク感のあるコメディだった。

予想以上の面白さがあった史上最悪の学園生活の感想を…グラクトン!

 

 

キャスト

グリフィン・グラック


ローレン・グレアム

 

ロブ・リグル

 

トーマス・バーバスカ

 

アンドリュー・デイリー

 

アダム・パリー

 

レタ

あらすじ~

 

漫画家志望の中学生レイフは、がんじがらめの規則で生徒を縛る校長にうんざり。

そこで、親友のレオと一緒に、独創的な方法で規則をひとつひとつ破っていくことに。

 

ネットフリックス公式サイトの史上最悪の学園生活の作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Middle School: The Worst Years of My Life

上映時間、92分

監督
ティーヴ・カー
脚本
クリス・ボウマン
ハベル・パーマー
カラ・ホールデン
原作
ジェイムズ・パタースン
クリス・テベッツ
『ザ・ワースト中学生 人生で最悪の日々』
製作
レオポルド・コウト
ビル・ロビンソン
製作総指揮
ティーヴ・ボーウェン
スーザン・カートソニス
マイケル・フリン
ロバート・ケッセル
ジェイムズ・パタースン
ジェフリー・スコール

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…8/10

キャスト…6/10

 

 個人的評価…8/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

レイフファミリー

レイフファミリー

IMDbのバリーの作品情報より引用

 (C)2016 Middle School: The Worst Years of My Life Netflix.All Rights Reserved

アニメ調と実写調の融合は、素直に面白い…面白い映画。

アニメ調と実写の融合が特に面白い。

アニメもアメリカの古く懐かしい感じのアニメ。

他にもストーリー展開も飽きない感じで、その中でもこの史上最悪の学園生活の学園が刑務所みたいで、笑える。

個人的には絶対に入りたく無い学校だ。

クライマックスには、ちょっとした感動もあり、純粋にコメディ映画を楽しめたぞ。

 

アメリカ風なアニメと実写の映像は、かなり面白いと思った。

この映画で何処が一番好き?って言われたら、「実写とアニメの融合した感じが一番好き」って答えるね。

 

常軌を逸した学園に挑むドキドキなコメディ感最高に好き。

学校が刑務所みたいで、かなりヤバいんだ。

特に校長がサイコパス風で面白いぞ笑

 

してやられた!最後にホロっと感動させられた。

こんなにも高評価なのは、最後の終わり方とちょっとした感動が用意されているからだ。

 

 

コメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.6

映画.com なし

意外と評価にバラ付きがあるものの、高評価よりだった。

校則の破り方がオシャレだったり、キャストの良さ、クライマックスの展開などを書いている人が多かったぞ。

 

高評価の意見としては…

 校則の破り方がオシャレ、キャストが良い

低評価の意見としては…

 中盤の流れが雑、ちょっとご都合主義

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓         

ビックリする校長先生

ビックリする校長先生

IMDbのバリーの作品情報より引用

 (C)2016 Middle School: The Worst Years of My Life Netflix.All Rights Reserved

アメリカ風なアニメと実写の映像は、かなり面白いと思った。

 この映画で何処が一番好き?って言われたら、「実写とアニメの融合した感じが一番好き」って答えるね。

主人公のレイフが漫画家志望で、よくスケッチブックに漫画を描いているんだ。

要は、アニメパートは、レイフの妄想みたいなものだ。

実際スケッチブックからレイフが描いたキャラクターが出てきたり、シーン全てがアニメチックになったりする。

 

アニメキャラも独特で、独自の世界観を持っているんだ。

合言葉だったり、宇宙人みたいな見た目のきゃらだったり…

流石は漫画家志望。

 

このレイフ少年。

個人的には天才なんじゃねぇかって思う。

絵的な才能はもちろん色んなアイデアや電気関係の知識などおおよそ中学生とは思えない事ばかりする。

観ていてそこが気になったね笑

       

     

 

常軌を逸した学園に挑むドキドキなコメディ感最高に好き。

学校が刑務所みたいで、かなりヤバいんだ。

校長が生徒よりも学校を愛してやまない。

それだから、生徒はさながら囚人みたいだ。

特に朝の登校時、廊下を歩いてる雰囲気なんかは、囚人が独房に行くみたいだ。

謎の校内放送をテレビ中継でやったりする。

 

校長先生の言動がかなりサイコパスなのも面白い。

個人的には、この校長の言動は腹立ったが、それも良いコメディ映画の特権だね。

 

何か口を開けば、校則…校則…まるで、校則拘束されているようだ笑笑

……

………

つまんねぇって思いながら、読むのやめるのだけはご勘弁を!!

 

レイフのお母さんの再婚相手の熊さん。

これもなかなかヤバい感じで良かった。

車好きで、子供は邪魔ものって思ってる人。

良い悪役をしていた。

         

 

してやられた!最後にホロっと感動させられた。

こんなにも高評価なのは、最後の終わり方とちょっとした感動が用意されているからだ。

ただの笑えるコメディかと油断していたら、ポロッと感動してなくハメになるぞ。

 

一応匂わせる伏線みたいなのはあったんだよ。

思い返してみたらね。

みてる最中は、特に気にしなかった。

世界観がレイフの妄想でアニメのキャラが飛び出したりしているからね。

この辺の作りは、素直に上手いって思うべかな。

 

終わり方については、スッキリするような何処か清々しい終わり方で好き。

暗い気持ちなんかにならない。

純粋にコメディとして楽しみたいって人が観ると満足する事間違いなしだ。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

レオが死んだ弟だなんて…

レイフと仲の良い友達が新しく学園に一緒に来た。

この時特に気にもしなかったよ。

会話もお前もきたか的なこと言ってたから、てっきり一緒に転校してきたのかと…

 

でもふと家族写真が終盤に映ると、レアにそっくりな人が。

レオが一目惚れした放送部のジーニー・ガレタが校長の悪事の動画を観ていたら…

レイフとレオで悪戯の仕込みをしていたはずなのに、レイフだけ。

そう、レオは死んだ弟でレイフの妄想。

 

ラストには校長の悪事を暴き、ジーニー・ガレタと結ばれ、そっとレオは宇宙船に乗り、去っていく…

地味に泣けたよ

ただただ笑えるコメディばかりだと思ってたからさ、してやられた!

 

にしても良いラストだったぁ…

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

レイフ(主人公)

レオ(レイフの弟で、癌で死んでいる)

ジーニー・ガレタ(放送部)

 

校長先生を不正で解雇に追い込み、無事平和な学園生活へ…

学校を何度と大学になったレイフが来た学校は、校則が異常に厳しい刑務所みたいな学校だった。

学校を変えるため、校則を破る悪戯をする。

着々とブラー(全国学力テスト)も近づいており、校長先生は、全国一位が取れないことを嘆いていた。

だが、とあるクラスがいなくなれば、1位に返り咲く事が出来る。

それが、レイフのクラス。

 

校長は不正をして(校則に違反する物をロッカーに入れる)クラスを停学に。

ついでに反抗的な先生も解雇した。

だが、ジーニーが悪戯をしてる人に憧れていて、その正体を知りたいって言う意味で監視カメラを設置していた。

そこには、不正をしている校長の姿が…

これを証拠に校長を介護士した。

そして、レイフはジーニーと結ばれた。

 

 


 目次へ戻る